法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
327067 スノーデンCIA元職員、共謀罪に使える監視システムを既に日本に供与を暴露
 
蒔田一雪 ( 壮年 ) 17/06/04 PM10 【印刷用へ
表題記事を紹介します。以下リンクからの転載です。
********************************
共謀罪の施行で、日本は大っぴらに監視社会になる。

 前川前文科次官が、なぜ風俗に行っていたことがわかったかというと、歴代に亘って公安、警察機関が重要人物の素行を調べて、それを全ての官僚、政府関係者の要の官房長官に集約する機能があるからと言われている。

このまま行けば、参院の国会審議もあと数回で共謀罪が通過する。当初、政府は審議延長も考えていいと思っていたらしいが、加計学園問題に前川氏が参戦して来て、これ以上国会を開いていては大変だとして、何としても会期中に法案を決めて閉会したいという魂胆だ。

NHKは加計学園の前川氏の報道についても、腰が引けて政府、与党側の弁解しか流さない。9時の目玉ニュース番組も加計学園問題については報道しないので、最近は全く見なくなった。

それに引き換え、善戦しているのが報道ステーションである。昨日も長時間、前川氏の独占インタビューで、文章の存在、和泉氏、木曽氏の加計学園の働きかけがあったと核心的な報道を行った。前川氏は小泉政権から官僚組織の締め付けが強くなってきたが、ただその方針に反論して盾突いても、人事などで損をすることは無かったと述べた。しかし、安倍政権になってから、政府の意向に沿わないと人事を含めて、逆らえない雰囲気が強くなったと述べた。

これが安倍政権の本質である。共謀罪が成立すれば、今の政権下では確実に監視社会になる。元CIAのスノーデン氏が極めて重要な情報を暴露した。

 個人メール、通話を大量監視出来る「監視システム」を日本側に供与したというのだ。この監視システムは正に、今回の共謀罪の監視ツールとなる。準強姦罪で逮捕されるはずの山口氏の逮捕を止めさせたのは、中村格・警視庁刑事部長(当時)だといい、その中村氏は、警察庁組織犯罪対策部長であり、正に共謀罪のテロ等準備を取り締まる元締めになる。穿った見方ではあるが、この人事もそのためのものであるかもしれない。

これからは、国民全てが監視されると考えていい。

『監視技術、米が日本に供与 スノーデンCIA元職員が会見』記事:
リンク
「米国家安全保障局NSAが極秘の情報監視システムを日本側に供与していたことを確認した。日本政府が個人のメールや通話などの大量監視を行える状態にあることを裏付ける証言。元職員は、参院で審議中の「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が、個人情報の大規模収集を公認することになると警鐘を鳴らした。(モスクワ共同)」
********************************
転載終了
 
  List
  この記事は 326759 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327067
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
327505 萎縮しないこと、自己規制しないこと・・・共謀罪について HAYABUSA 17/06/22 PM01
327167 パリ協定離脱を表明したトランプは間違っているのか? 中田燿平 17/06/08 PM08
327136 政府は情報を大量監視して、不都合な言論や情報を抑え込もうとしている 高嶋靖男 17/06/07 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp