国家の支配構造と私権原理
32684 「公務」とは
 
中村朋子 ( 54 大阪 教育 ) 02/06/04 PM01 【印刷用へ
「日本国憲法」では、公務員は「全体の奉仕者」と位置付けられています。古い言い方で申せば「官吏」(勿論「官」と「吏」の地位・役割の懸隔は極めて大きく、「官」が「上意」とすれば、「吏」は「下達」の役割を果たすものでした。)ですが。

 中央集権の領域主権国家、特にそれが明確な形で現れた16〜18世紀ヨーロッパのいわゆる「絶対王政」の定義は「資本の原始蓄積期、国税・官僚・常備軍(または警察)を握る国王が絶対権を行使する政治形態」となっており、近代国家は「公務員ー官吏、官僚」の存在を必須としています。

 前近代でも当然和漢の律令体制下の官職、幕藩体制化の徳川家産体制の拡大の形での組織の官職はありましたが、「国家としての活動の担い手」というより国内統治の支配機構でした。

 それに対し、上記絶対王政下での官僚は、いわば「国益」−national interest推進の「担い手」でした。すなわち、「絶対王政」を生み出した商業資本家の活動を支え発展させる(Marchanterism)ための装置でした。国内の度量衡の統一、道路の整備、国内関税の除去、貨幣制度の改善等々。また対外活動の援助、そのための戦費の調達。これらはすべて官僚の任務でした。

 王の下の政府機関として、官職として明確に組織されたことで、国家活動とはどういうものか、何をどうすればよいのかが誰の目にもはっきり捉えられるようになったのが、この絶対王政下です。

 いわゆる「市民革命」はこの装置から王を除き、代わりに議会を置くだけで済んだのです。つまり行政は市場活動の「雇員」なのです。

 だから現在でも、社会科の教科書には経済活動の担い手として「企業(生産)・家計(消費)・政府(調整)」の三者が併置されています。

 18世紀前半、産業革命前夜には「夜警」であればよいとされた「国家」が「ケインズ革命」−ニューディ−ルを機に、市場活動そのものを「公益」、「レゾンーデートル」とすることを明言する。よって「公務員」はそのための装置となるのです。

 「公務」とは何なのか。現在の行政をもとに考えてはならないでしょう。現在の行政の欠陥を論っていても、何も生まれないでしょう。
 基盤の市場社会そのものが誤っているのですから。
 
 日々生産に励む人間が本来どうあることが望ましいのか、現状の問題点をどう解決してゆくのか、それを特別なこと、生活とは切り離されたものとしてでなく、考え実行してゆく、その営為が「公務」−「皆のための務め」でしょう。「期待」するのも「応望」するのも公務です。官と民の区別がなくなるーそうした社会が必要なのです。決して片手間に行うことでなく、日々の営為の一環として、「皆のため」とはっきり意識されたことを為す、それは必ず充足の喜びをもたらすはずです。
 
  List
  この記事は 32590 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_32684
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
公務員が「なんで屋」にこない理由 「なんでやRADIO」 05/12/05 PM11
96836 公務員〜単なる私権獲得の調整役はもういらない〜 久保田彰子 05/09/05 AM00
96815 官が消滅する改革が本物の改革 高梨俊寛 05/09/04 PM00
95974 目先収束に対し一番に伝えるべきこと 谷光美紀 05/08/13 PM11
95928 本来の公務を生み出すためには? 小林有吾 05/08/12 PM10
33288 素朴な思い 大土裕子 02/06/11 PM01
33168 官僚組織の史的考察〜科挙について@ 山澤貴志 02/06/09 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp