学者とマスコミが人類を破滅に導く
326807 近代医学理論は、どれもこれもペテンだった
 
楊数未知 ( 28 京都 営業 ) 17/05/26 PM07 【印刷用へ
地位や名誉、利権といったものが絡むと、事実は平気で闇に葬られる。
とはいえ、これまで一般に知られることがあまりなかった事実がインターネットを通じて広く知られるようになったのは喜ばしいこと。
これからはネットを通じて志の高い追求者同士がどれだけ結びつけるかが世の中が良くなるかどうかのポイントになってくるだろう。

*****以下、所長のなんでもメモ帖・雑談日記より引用
リンク

メモ:船瀬俊介(ふなせ しゅんすけ)氏(地球環境問題評論家)

(1)『 細胞起源説 』: ” 近代医学の父 ”ウイルヒョウの過ちは、「 機械論 」だけではありません。

彼は「 細胞は細胞分裂のみから生じる 」と断定しています。いわゆる「 細胞起源説 」です。それは、まさに生理学・医学の中枢理論(セントラル・ドグマ)として今日にいたります。

いまだ、世界の生物学・医学テキストの中心には「 細胞は、細胞のみから生じる 」と書かれています。だから、生物学者や医学者は、それを、至極当然な絶対律と信じきっています。

ところが、その後多くの医学者たちが、細胞以外の物質から細胞が発生する現象を観察しています。

たとえば、千島・森下学説で知れれる千島喜久男博士は、鶏卵から赤血球細胞等が生じる様子を観察し、もう一人、森下敬一博士も、小腸で消化された栄養源から、赤血球が発生する事実を証明しています。

これらが、「 腸管造血 」「 細胞新生 」を裏付けています。
「 細胞起源説 」はこうして否定されたのです。


(2)『 ガン無限増殖説 』: ウイルヒョウは「 ガン細胞は一つでも生まれると、宿主である患者を殺すまで増殖する 」と唱えました。

ところが、その後の研究で、人体には毎日、平均して約5000個ものガン細胞が生まれていることが判明しています。ウイルヒョウの「 ガン細胞無限増殖説 」が正しいなら、人類は100万年以上も過去に絶滅していたはずです。

毎日、数千個のガン細胞が生まれているのに、ガンにならないのは、体内をNK(ナチュラル・キラー)細胞がパトロールして、ガン細胞を攻撃、殺しているからです。NK細胞が発見されたのは1975年。このNK細胞理論こそが、ウイルヒョウ理論を完全否定するのです。

なのに、いまだ世界の医学教科書は「 ガン細胞無限増殖説 」を盲信しています。

誤ったガン理論に、”洗脳”された医者にガンがまったく治せないのもあたりまえです。


(3)パスツール理論: ルイ・パスツール(1822〜1895)は細菌の存在を最初に発見、証明した業績で有名です。

彼は「 病気は目に見えない病原菌によって起きる 」と主張し、さらに、細菌(バクテリア)は細菌のみから分裂して生じ、自然発生などありえない、と主張しました。しかし、後に千島や森下らは、バクテリア等の自然発生を証明しています。

「 現代医学は大きな嘘に基づいている 」。これはなんとパスツールの臨終の言葉です。


(4)ジェンナー: エドワード・ジェンナー(1749〜1823)は” 予防接種の父 ”と称えられています。

彼は八歳の少年に牛痘にかかった農婦の膿を接種し、六週間後に少年に天然痘を接種したら発症しなかった。
このわずか一例の人体実験で、彼は英国政府に称賛され、その種痘法は欧州全土で熱狂的に推進されたが、逆に爆発的な天然痘の流行を引き起こした。

「 種痘が原因だ! 」とドイツ宰相ビスマルクは激怒し厳禁したほどです。



(・「医療大崩壊」 船瀬 俊介 著 共栄書房 P,242 〜 P,244 より〜 引用)

*****以上、引用終わり
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_326807
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
近代医学理論は、どれもこれもペテンだった 「地球と気象・地震を考える」 17/08/15 PM10
328613 粉飾・捏造・改竄 〜間違いだらけの医学論文〜 麻丘東出 17/08/06 PM11
327623 北海道を中国が侵略中 惻隠之心 17/06/27 PM05
327618 人工知能は信用できるのか、AIのブラックボックスを開きそのロジックを解明する 志水満 17/06/27 AM09
327608 社員の7割が知的障害者。「日本理化学工業」が教えてくれたこと @ 志水満 17/06/26 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp