学校って、必要なの?
326628 フィンランド 世界で始めて全ての「科目」を廃止する
 
す太郎 ( 27 千葉 会社員 ) 17/05/19 PM01 【印刷用へ
衝撃的なニュース。先端教育で知られるフィンランドが、ついに科目ごとの個別教育を撤廃するとの記事。

<中略>

・概要
フィンランドでは、16歳から全科目を撤廃し、領域横断型で現象やイベントを総合的に学ぶ教育システムを導入することを決定した。このシステムは、2020年までに完全に導入される。


・全訳
フィンランドは、全ての「科目」を撤廃する世界初の国になる。

リンク

フィンランドの教育システムは、世界最高峰だと考えられている。国際比較では、常に上位10カ国に入るほど。しかしながら、当局はその現状にまだまだ満足しておらず、教育システムの真の改革を実行することを決めた。

フィンランド政府はカリキュラムからの「科目」の撤廃を検討している。物理、数学、文学、歴史、地理といった授業が存在しなくなるのである。

ヘルシンキの教育庁長官であるMarjo Kyllonenがこの変革について語った。

「1900年代初頭には機能していた、旧態依然としたシステムに則って教育を行っている学校が存在する−しかし、教育ニーズは変化している。私たちは21世紀にフィットする何かを求めているのだ。」

個別科目の代わりとして、生徒は領域を横断した形で現象やイベントを学習することになる。例えば、第2次世界大戦は、歴史、地理、数学の観点から試験を課される。そして「カフェでの仕事(?)」のコースを受ける場合は、生徒は英語、経済、コミュニケーションスキルといった、総合的な知識を吸収することになる。

そのシステムは16歳、高校生から導入される。その基盤には、生徒は、生徒自身が考える未来への夢や能力に従い、生徒自身が学習したい事柄を選ぶべきだという考えがある。この場合では、物理や化学の全てのコースを受け切る生徒はいなくなる。代わりに彼らは「何のためにこれを知りたいのか?」に徹底的に向き合うことになるのだ。

先生と生徒の伝統的なコミュニケーションの形式も、同様に変化していく。生徒は学習机に座り、先生に指されるのにびくびくする存在ではなくなる。代わりに、生徒は問題を議論する小集団を作り、共働することになる。

このフィンランドの教育システムは集団での学習を導き、その変化は教師にもまた影響を与える。この学校改革により、異なる科目の教師間で多くの協力が必要となるだろう。ヘルシンキの約70%の教師は、発表された情報に従い、新システムに向けて既に粛々と準備を始めている。結果として、教師は向上するだろう。

この変革は、2020年には完了すると見込まれている。

リンク
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_326628
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
328211 「小学8年生」発刊〜「子どもにはもうこびない」そういう編集スタンスが可能性を切り開く 田野健 17/07/21 PM01
326874 東京大学が受験生に期待していること1 山澤貴志 17/05/28 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp