本能⇒共認機能⇒観念機能
326605 言語能力とは何か。「言葉にできない」ことは、「考えていない」のと同じである。
 
匿名希望 17/05/18 PM08 【印刷用へ
「言葉にできる」は武器になる。
「言葉にできない」ことは、「考えていない」のと同じである。リンク 
--------------------------------------------------------
■「言葉にできない」ことは、「考えていない」のと同じである。 
言葉の役割とは?
「梅田さんは、どうやって伝わる言葉を生み出しているんですか?」
最近になって、このように聞かれることが多くなりました。そこで、なぜこうした質問をするのかを注意深く聞いてみると、多くの人が様々な場面で、言葉に関する課題を抱えていることが垣間見えてきます。
例えば、メール文章。私的なメールであれば、気の利いた返信ができない、文字だけでは気持ちまで表現できず、ニュアンスを伝えるのが難しいといった課題。ビジネスメールであれば、簡潔に書いたほうがいいことは理解しつつも、説明が増えて長文になってしまい、本当に書きたいことが分かりにくくなってしまったり。
会話で言えば、仕事やプライベートにかかわらず、自分の言いたいことが言葉にならない。相手に思いが届かず、理解を得られない、伝わっていない気がする。想定していない質問をされると言葉に詰まってしまう。会話が続かない、などが挙がります。
さらに最近は、SNSの投稿に、悩みを持っている人も多いように感じます。自分の書き込みに対して「いいね!」などの反応が薄く、もっと人を引きつける文章を書きたい、ブログへの集客を増やすために文章力を磨きたい、といったものも見られます。
このような悩みを聞いた上で、私は次のような質問するようにしています。
「言葉をコミュニケーションの道具としてしか、考えていないのではないですか?」
この問いに対して、目が「?」になる人が多いのですが、ハッとした表情をする人も少なからず存在します。そう、言葉にはもう一つ、大切な役割があるのです。
一般的に、言葉は自分の意見を伝え、相手の意見を聞くための道具とされています。こうした意見のキャッチボールのために言葉は用いられ、お互いの理解を深めていくことが可能になることは言うまでもありません。
ここで考えを一歩先へ進めてみると、次のような疑問にたどりつかないでしょうか。

「言葉が意見を伝える道具ならば、まず、意見を育てる必要があるのではないか?」
冒頭の質問に対する私なりの答えは、ここにあります。
「伝わる言葉」を生み出すためには、自分の意見を育てるプロセスこそが重要であり、その役割をも言葉が担っている、というものです。
自身の経験を思い出していただければ分かりやすいのですが、人は多くの場合、言語は違えども、言葉で疑問を持ち、言葉で考え、言葉で納得できる答えを導き出そうとしています。言い換えるならば、自分という存在や自分の考え、価値観と向き合い、深く思考していく役割も、言葉が担っているのです。もしかしたら今も「そうか」「確かに」と思いながら、頭の中で表に出ない言葉を発していたのではないでしょうか。
その頭の中に生まれた言葉こそが「内なる言葉」です。
 
言葉は思考の上澄みに過ぎない。
言葉には「外に向かう言葉」と「内なる言葉」が存在しています。しかしながら、大半の人はコミュニケーションを取るための「外に向かう言葉」しか意識することなく、言葉を磨く=テクニックやスキルを学ぶ、となってしまいます。
本当に大切なのは「内なる言葉」と向き合い、「内なる言葉」の解像度を上げること。
その理由は、至ってシンプルです。

「言葉は思考の上澄みに過ぎない」
考えていないことは口にできませんし、不意を突かれて発言をする時、何も答えられなかったり、自分の考えを伝えられず誤解が生じてしまうこともあります。つまり、言葉にできないことは、考えていないのと同じなのです。
ここで、私が抱いているのは、世の中の風潮として、コミュニケーションの道具としての「外に向かう言葉」の比重が高まり過ぎている、という危惧です。
書店には、伝え方を高めたり、雑談を続けるためのスキルを語る書籍が並び、セミナーや講演も同様のテーマであふれています。日々の会話力や雑談力を高めたい人にとっては、喉から手が出るほど欲しい情報だとは思うのですが…。
その一方で、これらのスキルを得た人は、一体どれだけ実行できるようになったのでしょうか? 「理解はできたが、実践できない」というジレンマを感じている方も多いのではないでしょうか? もしくは実践しているものの、言葉と頭の中で考えていることが一致しておらず、違和感を覚えている人もいるかもしれません。
このコラムをお読みいただいている方の中にも、上記のような体験や悩みを持っている人が少なからずいらっしゃると思います。
しかし、こうした現象が起きるのは、理解不足でも対人能力が低いからでもありません。ここまでお読みになっている方であれば、もうお分かりのはずです。

「思考の深化なくして、言葉だけを成長させることはできない」
私がコピーライターとして行っているのも「人が感心することを書く」「耳なじみのいい言葉を生み出す」「モノは言いようで、製品やサービスを良く見せる」といったことではありません。実際に行っていることは、一人で考え、チームで議論し、その結果に言葉という形を与えているのです。言葉を生み出す前には、必ず思考や考えを深めるプロセスが存在しています。
この連載を通して「内なる言葉で思考を深め、外に向かう言葉に変換する」といった流れを理解していただければ幸いです。そうすれば、きっと、一生モノの「言葉にできる力」を手にするきっかけを得ることができるようになるはずです。
--------------------------------------------------------
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_326605
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
337349 危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに 匿名希望 18/07/19 PM03
326727 創造力とは何か。「スケッチできない」ことは、「イメージしていない」のと同じである。 匿名希望 17/05/23 PM06
326606 言語能力とは何か。考えているのではない。「内なる言葉」を発しているのだ。 匿名希望 17/05/18 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp