生命原理・自然の摂理
325842 南米のエコシステム「テラプレタ」の土づくりとバイオ炭。埋炭による節電という電子的環境論。
 
山下安音 HP ( 53 高知 農業 ) 17/04/18 AM10 【印刷用へ
私は、寒冷地に強い、ミニ氷河期を乗り切るための、地球を笑顔に導くテラスマイルな土作りを研究してきた。その過程で、出会ったのが、バイオ炭と南米アマゾンのエコシステムである「テラプレタ」の土。また、熊本の世界農業遺産で活用される茅草のバイオマス。刈り取った草を雨ざらしにすると、ここには有用な腐敗抑制菌が存在し、土を発酵に導く。これらすべては、太陽エネルギーとアーシングの電子エネルギーを源として、自然の住処にいる存在達のコラボレーションが創り出し、産みだした炭素固定の有機物であるバイオマス資源。電子的宇宙論、電子的生命論。このエコシステムの主役は、「電子的自然循環農法」なのだ。
 その中でも、人間が、火を使うことを覚え、バイオの燃焼によって産みだしたバイオチャーには、有用微生物群の住処となり、腐敗菌を抑制し、地熱を高め、長期にわたって電子的な活動を支える土壌改良効果があったのだ。炭の多孔質の空隙は微生物のマンションとなり、微生物は土壌から溶け出した微量元素を貯め混んでいく。この土壌中の微量元素こそ、ダイナミックな電子農法を支える酵素発酵の鍵なのだ。このエコシステムを、これから迎える艱難期に、活用しない手はない。農耕家がミニ氷河期を乗り切るための切札。バイオ炭を今すぐ、田畑に投入しておこう。

 アマゾン川流域の熱帯雨林は常に暑く、雨量も多いので、生み出した有機物の量もそれに相当するだけ多いが、同じように有機物を分解してしまうスピードも早く、長期間に渡って有機物が豊富な表土に留まることができない。熱帯雨林の伐採を止めるのが大切だと言われているのは、常に太陽のエネルギーが炭素固定した「炭素循環の有機物」の供給が、土壌には必要であり、一度樹木が失われて、土壌の力を失った後では、劣化が早く、土の再生が困難になるからだと言われている。この劣化を画期的にワールドチェンジさせたのが、バイオマスを「炭」にして、土壌に返すことだったのだ。土壌に「炭素」を生息させるパワーが飛躍した。

 さて、昔から、日本人は、神殿や仏閣などを建てる前には、埋炭をして、土地を浄化してから、聖地とする祈りを捧げて、天とつながる幕屋を建ててきた。これには奥深い意味があったのだ。

 先日、愛媛県で農業資材としてバイオ炭の普及実績があり、かつ、埋炭、敷設炭を業としている電子資材開発研究所 代表者の猪谷 保富社長から、レクチャーを受けた。なんと、ローソンが100万円で店舗の下に炭を敷設したところ、電気代が劇的に減ったというのだ。3年でこのコストがペイできるほどに。ローソンは、一店舗だけでは、わからないからと、10店舗以上で実証できたら情報公開すると言ったそうだ。炭が電子、電気に何らかの関与をし、節電に貢献している可能性が見えてきた。炭は、純粋な炭素の塊で、電子を集め、電流を通す働きがある。炭素にくっついた電子が移動するときに、電気的な環境を作り出しているのだろうか? 埋炭と節電との関係は、とても興味深い。

 四国の農山村地域では、地域から多様なバイオマスが発生するが、十分には利活用されていない。バイオマスからバイオ炭を製造し、農地の土壌改良資材有効活用することは、四国のまちづくりとなり、世界への売りとなる一大産業になりえるのだ。世界的なブームとなっているこのバイオチャーに、四国の自治体の組長や知事さんにも着眼してもらいたい。

 最後に、バイオ炭普及会にお願いしたい。日本列島のブロックごとに、プロジェクトチームを発足させ、四国バイオ炭普及プロジェクトを今すぐ始めるチーム編成を促してもらいたい。ミニ氷河期は2015年から突入している。3年の猶予が見込まれるが農耕家を救うための取り組みが行き届くためには、今、ここから、すぐに始める必要があるのだ。ミツバチ天使がこの情報を運んでくれることを祈る。
 
 持続可能な農業へのチェンジザワールドには、「バイオ炭」は必要不可欠であると囁き伝え合って欲しい。
 
  List
  この記事は ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_325842
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp