素人による創造
32569 超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/06/02 AM03 【印刷用へ
既に述べた様に、人類の命綱は共認にあり、従って認識形成こそ社会形成の生命部である。ところが、これまでは人類の命綱である共認形成の要(かなめ)の位置に、学校(教師)や大学(学者)やマスコミ(報道人や文化人)が陣取り、一握りの知識階級が人々を染脳し、共認を支配してきた。

しかし、学者や文化人やマスコミは、教育や研究や発信を業とする特権階級であり、社会の単なる傍観者に過ぎない。決して現実社会を生きる当事者なのではない。
まして、傍観者に過ぎない特権(知識)階級が供給する情報をひたすら消費してきた読者・観客は、当然のことながらもっとひどい傍観者に成り下がってゆく。事実、昔からインテリとは、何事に対しても傍観者を決め込む、最も腰の重い連中の代名詞である。
だが、何事も批判するしか能がなく、従って何一つ実現できたことがない只の傍観者に、現実社会の真の姿が見える訳が無い。
案の定、彼ら学者や文化人やマスコミは認識を誤り(もともと彼らは現実離れした誤った認識しか持っていなかったが)、その誤った認識を人々に植え続けて、遂に人類滅亡の危険さえ考えられるほどの全面的な閉塞状態に人々を追い込んで終った。当然のことながら、かかる危機状況に至っても、彼らから答え(=新しい認識)が出てくる気配は全くない。

それに対して、普通の人々は、夫々の専業を営みながら、現実社会を生きている当事者であり、当事者だからこそ現実を直視し、新しい現実を(良かれ悪しかれ)作り出してくることが出来た。
そして遂に今、本来の共認形成に向けての大衆(普通の人々)の準備が整った。それが、人々の外向収束⇒認識収束の大潮流を母胎とする『認識形成サイト』の登場である。
今、人々が私権の鎖を断ち切って形成しつつある外向収束⇒認識収束の潮流とは、まさに人々が自らの手で共認を形成してゆこうとする潮流であり、新たな社会形成の生命部を成す真の共認は、夫々に専業に従事する普通の人々が認識収束した場=認識形成サイトにおいて、そこに収束した認識仲間たちの協働によって形成される。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_32569
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
日本人は何を学ぶべきか?〜近代社会の騙しの構造〜第13話:日本人への提言 「日本を守るのに右も左もない」 11/04/24 AM01
249494 フレーズに共感しました! 小林優介 11/04/14 PM09
244668 当事者に不可欠な認識形成サイト 匿名希望 11/01/26 PM11
236759 社会を作っているのは、現実に生きる私たち☆ MEG 10/08/25 AM11
236677 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ階級は、要らない ちわわ 10/08/23 PM09
234618 ”事業仕分け”を未来に繋がる可能性として捉えてみる 竹田翔 10/07/13 PM09
234106 「真の社会活動」に参加する理由。  中村淳子 10/07/03 AM08
230850 特権階級がいまだに共認支配可能なのは何故か? 匿名希望 10/04/28 PM10
222910 新しい認識=答えが与えられて染脳支配に気づく! みかん 09/12/29 AM11
222906 共認形成は、現実を生きる人々の手に返る 09/12/29 AM08
222901 違和感に気付いた人から 孫市 09/12/29 AM04
222806 どうして仕事”だけ”では、成果が出せないの?〜埋没すればするほど傍観者になっていく。 西田美和 09/12/27 PM01
222385 自分(たち)のことしか考えないから傍観者 かなめんた 09/12/21 PM08
213929 マスコミに変わる世論形成の場が渇望されている 星埜洋 09/08/30 AM03
213865 【組み換え図解】危険なインテリ支配から安定した社会へ〜認識形成サイトの協働で共認(人類の命綱)を形成していこう〜 田村正道 09/08/29 PM00
213853 変革(競争・戦争)から安定充足へ 岸良造 09/08/29 AM02
213836 インテリ統合階級の存在は、安定・秩序収束の流れをせき止める 佐藤晴彦 09/08/28 PM10
207164 【幹図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 谷光美紀 09/05/23 AM01
205619 特権階級に支配されていた共認形成を取り戻す時 スガイク 09/05/01 PM07
205608 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 303 09/05/01 PM03
205583 勉強する必要があるのは、なんで? 宮本昇 09/05/01 AM01
205201 普通の人々が共認認識するためには ざしきわらし 09/04/25 PM10
203978 普通の人々ってすごい カナ 09/04/09 PM10
203971 プラスチック・ワード〜定義できないくせに皆を黙らせる空虚な言葉=欺瞞観念に気づきはじめた 狒狒 09/04/09 PM08
203894 今や「インテリ」はキャラのひとつでしかない。 匿名希望 09/04/08 PM09
201374 「インテリ層」の消滅は、一つの必然ではないか、 山田孝治 09/03/04 PM09
201261 政治家も綱引き状態?認識形成サイトに巻き込む土壌ができつつある 関谷啓太郎 09/03/03 PM00
201016 傍観者であることの自覚から 長谷暢二 09/02/27 PM06
200834 当事者となる場 鈴木龍也 09/02/26 PM03
200804 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 鈴木隆史 09/02/26 AM01
199833 実現思考の持ち主は、常に始めに立ち戻る 三浦弘之 09/02/16 AM03
199809 もはや「害である」とさえ思う 匿名希望 09/02/15 PM08
199807 もう 「特権」 は認めません 磯貝朋広 09/02/15 PM07
199214 【図解】超国家・超市場論19  大潮流が渦を生み出す (´・∀・`) 09/02/07 PM10
198745 公務が半専任化の方向に変化する流れを現実に感じている 佐藤貴規 09/01/31 PM11
196078 【図解】超国家・超市場論1〜19 まとめ図解 川井孝浩 08/12/30 PM00
195922 【図解】超国家・超市場論 1〜19 まとめ図解 佐藤賢志 08/12/29 PM00
195820 超国家・超市場論1〜19 まとめ図解 疾風怒濤 08/12/27 PM11
195518 「二重の傍観者」の呪縛から解き放たれた若者たち 多田奨 08/12/22 PM10
195464 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 川井孝浩 08/12/22 AM03
195462 社会統合サイトの革命性 松岡隆 08/12/22 AM02
195460 みんなも明日から「社会派」だ! おまえは明日から「文化人」だ! (´・∀・`) 08/12/22 AM01
195346 知識階級たる教師 樋口卓也 08/12/20 PM10
195336 教育問題の当事者とは一体誰なのか? (´・∀・`) 08/12/20 PM10
189623 「社会」が現実から切り離された異常な時代 麻丘東出 08/10/13 PM11
189132 批判のみで追求し続けないマスコミ あいうえお 08/10/07 PM06
189061 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 松下直城 08/10/06 PM08
188199 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 矢野悟 08/09/30 PM08
188171 発信することが外向収束の第一歩 水落真梨子 08/09/30 PM02
188147 現実を直視する⇒自らが動くこと 重金属 08/09/30 AM03
185293 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 平松拓也 08/09/10 PM04
185281 知識階級は何をやっているのか ハリケーンミキサー 08/09/10 AM11
185276 私権の鎖に縛られていては新しい答えにたどり着けない 前田一成 08/09/10 AM07
185233 学生にも、もっと血生臭い現実を見せるべき きゅうり 08/09/09 PM08
185232 現実直視からしか、答えは生み出せない まりもん 08/09/09 PM07
185193 【幹図解】超国家・超市場論19 タコツボ化→新しい祭り場 ケロロ軍曹 08/09/09 AM09
184612 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない unclefootballer 08/09/03 PM06
184492 「解釈」を欲するのではなく、「答え」を!! アイスバイン 08/09/02 PM06
184452 素人と玄人の違いを考えてみると ふうらいぼう 08/09/02 AM05
182532 素人と玄人の差 愛美 08/08/01 PM07
182435 傍観者=インテリ階級は要らないとは? 志水満 08/07/31 PM02
182364 傍観者と当事者 匿名希望 08/07/30 AM08
182220 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 坂本日出夫 08/07/27 PM05
182127 「一芸に秀でる者は多芸に通ず」 是永恒久 08/07/26 PM01
182093 観客から当事者になること=思考回路再生 長谷川文 08/07/25 PM10
180987 マスコミはなぜ、大衆にものを考えさせないように誘導するのか 西村典綱 08/07/11 AM03
179938 第3の権力者(マスコミ)は、退場すべき存在になった。 岸良造 08/06/25 PM04
179896 人類を危機に陥れる経済学者たち〜ミルトン・フリードマン 渡辺卓郎 08/06/25 PM00
176289 マスコミ離れ 桑村佳直 08/05/13 AM05
174542 マスコミに期待してみる。 佐々木尊一 08/04/20 AM01
172447 需要があって初めて供給者になれる! 嶺山志保 08/03/15 AM10
172021 ジャーナリスト、知識人の存在構造 遊撃手 08/03/06 PM11
171513 当事者だから出来る。 浅野信夫 08/02/26 AM00
171443 テレビマスコミをはなれ普通の人が認識形成する時 井上光利 08/02/24 PM06
171355 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 浅見昌良 08/02/23 AM08
169042 認識形成サイトの可能性を実感する 八代至誠 08/01/14 PM10
169039 事実の発信と共認の「場」を形成することが社会変革 向芳孝 08/01/14 PM09
168995 重い腰を軽くするには? 大森義也 08/01/14 AM01
168923 社会って大きな問題には私自身も完全に見てるだけの傍観者でした。 井谷奈々 08/01/12 PM10
168910 みんなで立ち向かう。 神原由佳 08/01/12 PM09
163300 共認形成の主役交代への流れはもはや変えられない 07/10/12 PM06
163293 「明日をどう生きるか」 やまと 07/10/12 PM04
162951 マスコミ志望は絶滅種 きっちょむ 07/10/07 AM06
157903 外圧に適応できない支配共認 鈴木康夫 07/07/29 PM05
155257 【図解】 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 高橋克己 07/06/25 PM09
155251 共認を支配してきたのは、最も現実に適応できない者達 永峰正規 07/06/25 PM08
155248 実現論が現実を生きる拠り所になる 小林雅志 07/06/25 PM07
148606 今求められているのは、新たな圧力を形成する活動 山田孝治 07/04/04 AM08
148596 命綱であるはずの共認を、何故一部の人間が独占できたのだろうか 佐藤晴彦 07/04/04 AM00
147833 インテリは、実現基盤を閉ざしてしまう存在 馬場康一郎 07/03/23 PM10
145742 特権階級に関する違和感は人々の当事者意識の現われ STP 07/02/24 PM06
145723 著名建築家が都知事選に立候補するのはなんで? こうた 07/02/24 PM03
145718 「共認を支配すること」と「共認を形成すること」の違い 近藤文人 07/02/24 PM02
145714 傍観者は滅亡存在 志水満 07/02/24 PM01
145694 本来の社会の姿って? 吉岡由香里 07/02/24 AM08
145676 外向収束が私権の鎖を断ち切る パンダマン 07/02/24 AM00
145674 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 西村秀彦 07/02/24 AM00
145177 職場でも、もう傍観者は要らない 小松由布樹 07/02/17 PM03
143489 ニュース解説のコメントに,芸人を使い出したのは、インテリを否定したから。 新井弘 07/01/27 PM04
141788 知識人たちには現実はまったく見えていない 春風 07/01/07 PM11
141713 【図解】超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 福島健 07/01/06 PM11
141086 教師も現実を見れば当事者になれる 酒井裕志 06/12/27 PM05
141081 インテリ気取りは「もっとひどい傍観者」 多田奨 06/12/27 PM04
141074 【図解】 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 浅見昌良 06/12/27 PM01
141071 傍観者(学者・マスコミ)の示す解決策には誰も反応しなくなくなってきた。 井草貴浩 06/12/27 PM01
141067 認識形成サイトの誕生で知識人は生き場を失う 新川啓一 06/12/27 AM11
140489 『傍観者』の世界への悪しき手招き すずかん 06/12/18 PM03
140481 「格差社会」も誤った認識の一つ 橋口健一 06/12/18 PM02
140478 私権の鎖を断ち切るための支援も必要だと思う 磯貝朋広 06/12/18 PM01
140469 現実は批判だけ(=傍観者)では変わらない 三浦弘之 06/12/18 AM11
140465 認識形成の協働者=社会の当事者 麻丘東出 06/12/18 AM10
140460 傍観者から当事者へ!! 清水志保 06/12/18 AM08
140418 一貫して傍観者の発信階級と、傍観者と当事者の断絶を孕む普通の人々 西知子 06/12/17 PM06
140350 普通の人々の中に巣食う「受信階級者」 志水誠 06/12/16 PM11
137843 毎月行われている「家計調査」・・・この意味は? 塩貝弘一郎 06/11/18 PM06
137524 集団を超えたところに、初めて社会統合の可能性がある! 河野梨恵 06/11/15 PM06
136399 学術誌(学会誌)が難しいのは何で? 斎藤一浩 06/11/03 PM10
131415 【図解】もう傍観者=インテリ統合階級は、要らない 渡邊かお里 06/09/20 PM01
129901 超国家・超市場論19−もう、傍観者=インテリ統合階級は要らない−図解化により認識が一層深まりました。 原田昭雄 06/09/03 PM05
129888 副業化と現在の統治機構 斎藤裕一 06/09/03 PM01
129876 認識形成サイトの重要性・可能性 SevenStars 06/09/03 AM08
129864 当事者同士が双方向で共認形成できる場 渡邊真也 06/09/03 AM02
129859 自然の摂理が人間社会の根底にも 加藤俊治 06/09/03 AM00
129842 現実の社会の中で生きる普通の人々 匿名希望 06/09/02 PM10
128999 素人だから自己中でいられない。素人だからプロに指摘できる。 小林雅志 06/08/25 PM10
125508 社会閉塞に陥った原因 熊澤敬輔 06/07/11 PM06
国民の期待に耳を澄ますべき 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/29 PM11
他人事ではない 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/24 PM08
104268 自虐史観からの開放 井上光利 06/01/19 PM09
談合の消滅はどのような影響を与えるか 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/14 AM08
定年年齢延長にも見られる私権統合者の意識 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/13 AM08
高齢者虐待の増加が予感させる政策 「開放空間「THE ROTEN」」 06/01/10 PM08
103232 特権階級が必要な時代は終わった。 野田晋一郎 05/12/27 PM08
市民政党を作ろう! 「『なんで屋』で、元気!ヤル気!笑顔 v(^-^)v」 05/10/25 AM03
99576 マスコミは資本市場から隔絶する必要がある。 今井勝行 05/10/22 PM10
99292 われわれが自らの手で共認形成をする ベーカー 05/10/17 PM11
98917 若者のうつ、引きこもりは、プロの観念支配による時代閉塞そのもの 村田貞雄 05/10/11 PM08
98843 大マスコミは、何をしたか?朝日新聞の例 田中令三 05/10/10 AM10
98829 現代社会からの脱却にむけて マー 05/10/09 PM11
ついに”戦後教育は洗脳”と言いきった教授が登場! 「なんで屋−驀進劇−」 05/10/08 PM03
98340 選挙中の「民営化批判」ストップと選挙後の再開は明らかな世論操作ではないか? 阪本剛 05/10/02 AM01
96244 ’05衆議院総選挙について 匿名希望 05/08/20 AM10
95250 「どうにかしよう」を考えるより、一から考え問題の本質を探ることこそが大切 井上龍之介 05/07/28 PM09
94564 出版業界は専門家支配が崩れてきた。次は新聞へ。 大河明日 05/07/15 PM04
89996 プロが素人になれる場所 笠原光 05/05/04 AM00
89403 「一般人」が主導してゆく 橋田和弘 05/04/23 PM05
89213 社会統合を担うことができるのは普通の人々である 酒井裕志 05/04/20 PM09
88945 彼らはプロではない 山本豊 05/04/16 AM11
88500 とっさのマイク 阿部佳容子 05/04/07 PM07
88345 > 超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 寺嶋眞一 05/04/04 AM09
社会統合階級のメディア独占と民主主義の欺瞞 「路上日記@なんば」 05/03/19 PM10
86808 傍観者=インテリ統合階級は人々の共認機能を損なわせる 佐藤英幸 05/03/05 PM05
86147 学生(⇒みんな)の問題意識の中に飛び込める教授はいない 小林雅志 05/02/22 PM09
86058 特権階級の自滅現象 仙元清嗣 05/02/21 AM08
84903 学者・文化人は、糾弾される 岸良造 05/01/31 AM03
84889 普通の人々の期待応合こそ、統合者階級による時代閉塞を突破する。 原田昭雄 05/01/30 PM10
84870 役人もマスコミも不要 吉川明博 05/01/30 PM00
84819 > 超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない 寺嶋眞一 05/01/29 PM08
84814 マスコミは目的の無い観念支配装置 橋田和弘 05/01/29 PM07
84788 マスコミの退潮がいたるとこにみえる。 井上光利 05/01/28 PM11
84184 社会を変えられる可能性があるのは、庶民だけなのだ 冨田彰男 05/01/18 PM09
83803 空気読めよ! 井草貴浩 05/01/09 AM04
82866 悩める公立学校の先生。 リバーバンク 04/12/20 PM00
82442 傍観者(=インテリ統合階級)からの脱却はもう始まっている 匿名希望 04/12/12 PM03
82438 当事者が主で学者は従 明けの明星 04/12/12 PM00
81889 これからの大学に何が求められるか? 田野健 04/11/30 PM10
81800 大学は今でも… 鈴木邦彦 04/11/29 AM00
33104 企業の経営者達も、傍観者の評論家? 石橋創 02/06/08 PM10
33030 技術系雑誌における変化の兆し 坂本日出夫 02/06/07 PM11
33017 「最高のまつり場」の手ごたえ 八木繁昭 02/06/07 PM11
32977 日本人は本源的な共認体質。 浦野てる代 02/06/07 PM01
32967 「半専業」「協働」の必然性 るぎあ 02/06/07 PM01
32953 教育も半専任で、皆が担うべき課題 山田渉 02/06/07 AM01
32939 共認形成を人々の手に取り戻す闘い 石野潤 02/06/07 AM00
32918 傍観者である限り、体制と反体制は共犯関係である 熊谷順治 02/06/06 PM10
32878 評論家はいらない ブルマン 02/06/06 PM01
32866 「否定ではなく提案を!」の悪用法 佐々木健二 02/06/06 AM04
32857 『神の手事件:こんな学者ならいらない』 志水満 02/06/06 AM02
32850 ようやく実感 壱岐敏直 02/06/06 AM00
32845 常に可能性収束に向かっている社会 山名宏明 02/06/06 AM00
32844 現実社会の当事者なら認識形成とセットでなければならない。 田村正道 02/06/06 AM00
32842 子供達は親の共認内容を通じて将来を読む 本田真吾 02/06/06 AM00
32831 現実とは何か 中野剛 02/06/05 PM11
32806 社会統合の副業化により、現実を生きてきた言葉が認識形成の場に集結する 熊谷順治 02/06/05 PM07
32805 実現しようとすれば、みな協働仲間になる。 熊谷順治 02/06/05 PM06
32707 純粋な場 山本士峰 02/06/04 PM09
32704 普通の人々が社会形成の生命部(要)に位置する時が来た 大木康子 02/06/04 PM02
32698 半専業の可能性 magarimame 02/06/04 PM02
32688 共認形成サイトに期待! ごろごろ 02/06/04 PM01
32683 もう、知識階級には騙されない。 端野芳 02/06/04 PM01
32667 当事者が社会人としての義務=公務を担う 細田卓司 02/06/04 AM02
32653 副業化の可能性 福島健 02/06/04 AM00
32632 せめて黙っていて頂きたい 津久田博之 02/06/03 PM11
32628 当事者として 綾木順子 02/06/03 PM10
32625 企業人の前に社会人であることを忘れている 木橋哲夫 02/06/03 PM10
32622 社会統合が皆の共通課題だと知らないだけ 斎藤幸雄 02/06/03 PM10
32606 要らないと思いました。 岡田理恵 02/06/03 PM07
32595 本当の行政改革 斎藤一浩 02/06/03 AM02
32593 統合階級に改革は不可能、となれば自ら担うしかない 鈴木隆史 02/06/03 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp