人工物質の脅威:大気・水・食品
325144 HPVワクチンの実態
 
志水満 ( 61 大阪 会社員 ) 17/03/20 AM10 【印刷用へ
HPVワクチンには明らかな有害物質が含まれている。
政府は公表しない

日本や世界や宇宙の動向より以下引用です
リンク
日本では子宮頸ガンワクチンと呼ばれていますが、このワクチンを接種した若い女性たちが体調不良を訴え訴訟問題に発展していますが、人口削減計画と金儲けのために世界的に推進されているのがワクチン・ビジネスです。既存のワクチンの多くがその有効性が証明されておらず人体に危険な成分が入っています。
医薬品もワクチンも、私たち一般庶民は成分について説明されても何も分からないと思われているのでしょうか。
これからは、政府はワクチンの中にどのようなモノが含まれているのか全て明示すべきです。そうでないとワクチンが人体に危険なのか、有効性がないのか、お金の無駄なのか、詐欺商法なのかを判断する材料がありません。(私はどのようなワクチンでも絶対に接種しませんが。。。)
なぜ、政府は副作用を起こすとされるワクチンの成分を公表しないのでしょうか。

以下の記事には政府が公表するまでもなく、HPVワクチンに含まれている有害物質が明記されています。
インフルエンザ予防接種も同じです。その中に何が含まれているのかを知らずにインフルエンザを予防したいがために接種を行うのは非常に危険です。
予防で最も重要なのは身体の免疫システムを正常に保つことだと思います。

リンク 
(概要)
3月17日付け

Countless teenage girls suffer paralysis, blood clots, brain damage and chronic pain from force-vaccination of Gardasil’s HPV “shot in the dark”

Image: Countless teenage girls suffer paralysis, blood clots, brain damage and chronic pain from force-vaccination of Gardasil’s HPV “shot in the dark”

(Natural News)
性感染のHPVヒト・パピローマ(乳頭種)ウイルスは接触伝染性のガンを引き起こすこともあります。
しかし医学界は、免疫システムが正常に機能していればHPVウイルスを簡単に消滅させることができるということを子供の親に伝えません。
120種以上あるHPV菌株のうち、たった15菌株がガンを誘発します。そして安全性や有効性が証明されていないHPVワクチンが使われていますが、インフルエンザ予防接種と同じように単にあてずっぽうに2つの菌株を選んでワクチンに混入させた神経毒のワクチンを毎年数千万人に接種させています。

CDC疾病対策予防センターとカネのためなら何でもやる大手医薬品業界が詐欺と恐怖を煽る手法で、9歳の少女にまで塩化ナトリウムと休眠ガン細胞そして遺伝子組み換え有機体が含まれたHPVワクチンを強制的に接種させています。

脅しの作戦と医療プロパガンダで母親たちは騙され、子供たちに致死的な神経毒のワクチンを接種(注射)させています。

「子宮頸ガンになると子供は作れない。」「性行為をするとガンになり死ぬかもしれない。」「ワクチンを接種すればガンに対する免疫を得る。」「ワクチンはガン予防になる。」「将来的に子供が欲しいでしょう。」「ワクチンを接種した方がいいですよ。」。。。。このようなショッキングなプロパガンダで親たちは洗脳されています。残念ながら彼等のプロパガンダは成功しています。このようなプロパガンダにより親たちは自分で考えることができなくなっており、子供たちに、ガンを引き起こす危険性はあるがどちらかというと良性の菌株の感染を予防するという目的で、地球上で最も危険な発ガン性物質を含む神経毒のワクチンを接種させてしまうのです。
さらに悪いことに、HPVワクチンの予防効果はほんの2、3年でなくなってしまいます。ガン細胞自体も2、3年のうちに正常な免疫システムによって消滅してしまいます。
それなのに、なぜ非常に危険な神経毒のワクチンを子供たちに接種させるのでしょうか。
アメリカではHPVワクチン詐欺の被害者から1万件以上の有害事象(心臓や肺の凝血塊、アナフィラキシー、筋力の喪失、発作など)が報告されています。

HPVに感染してもその殆どが良性であり人間の免疫システムによりウイルスがすぐに消滅してしまうため、子宮頸ガンを発症させたり、膣、外陰、肛門に前ガン状態の損傷を起こすこともありません。

しかもHPVワクチンの有効性が証明されたことは一度もありません

Merik製のGardasilやGSK製のCervarixなどのHPVワクチンは非常に危険です。なぜなら、それらは全て 変性して分裂したウイルス菌株で作られているからです。
つまり、弱体化したウイルスを使っているため、接種後数ヵ月間ウイルスの休眠状態が続きます。そのため、数ヵ月後にワクチンが原因でウイルスに感染する危険性もあるのです。この危険性についての研究は行われていません。
さらに、Gardasilにはアルミニウム、塩化ナトリウム、ポリソルベート80、L−ヒスチジン(脳の金属毒性に対する耐性を妨害する)などが含まれています。
アルミニウムは脳血管関門を通過し、脳障害を引き起こします。

以下省略
引用終わり
 
  List
  この記事は 324337 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_325144
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp