いい女って、何? いい男って、何?
325106 小さな嘘・大きな嘘 〜男女の嘘のつき方の違いとは〜
 
匿名希望 17/03/18 PM08 【印刷用へ
リンクより引用


小さな嘘も大きな嘘も、嘘は嘘! 笑っちゃうくらいに簡単にバレテしまう嘘を、どうして男性はついてしまうのか? そして、嘘にたいして否定的な女性ほどナゼ嘘がうまいのか?

男が簡単に嘘をついてしまうのはナゼ?

男性は小さな嘘、バレてしまう嘘を簡単につきます。たとえば「昨日はどこで飲んでいたの?」という質問に「居酒屋」と答える男性。スーツのポケットから出てきた女の子の名刺に、「夜の店じゃん……!」とイライラする彼女……。そこで女性は思うのです、どうせ嘘をつくのなら徹底的に隠し通せ! それができないならはじめから行くな! と。
――よくあるようなお話ですが、ここでポイントは「男性はナゼ簡単に嘘をついてしまうのか?」というところです。女の子のお店に飲みに行ったことがバレたくないのであれば、名刺を財布などに入れておくとか、証拠となってしまうものは気をつけておくなど、証拠隠滅をはかればいいのにそれはしない。だけど口からはポロポロと嘘八百。
男性がとっさについてしまう嘘には、相手にたいしての思いや、自分の非という深い部分で判断せずに「今、この状況を切りぬけたい」という気持ち一心で言動をあやまってしまうのがたいはんでしょう。だから、つじつまがあわなくなり、多弁になり、目が泳ぎ、しまいには強行突破の逆切れが炸裂するのです。



女の嘘は真実をおりまぜているから見抜けない!

男性は嘘にたいして責任を持つことが少ないために、簡単にバレてしまい本当のことを見抜かれてしまいます。では女性はどうでしょうか? 女性は昔から嘘をつくのがうまいとされています。そしてその理由は“母親”にあると言われています。
会話もできない赤ちゃんの表情やしぐさから、なにを求めているか理解し判断しなければならないため、女性は相手のことを多角的な視点で見ようとする能力がもともと備わっていると言われています。そのため一点集中型の男性と違い、自分自身でついた嘘の中身を真実とおりまぜてつめていくのです。そして、そのとき女性は相手が自分の嘘をどれだけ信じているか確認するために、視線をけっして離さずに会話していくのです。なので、男性からは女性の嘘が“本当”だと感じやすいのです。

気をつけた方がいい“賢い男”とは

男性は“嘘をつくこと”で女性は怒るのだと思っていますが、女性が一番腹をたてる部分は“嘘をつくことと、簡単に嘘がでる信用のなさ”が引っかかるのです。ですから、嘘をついてごめんね? で終わると思っている男性が「謝っているのにいつまで怒っているの?」「謝ればいいって話じゃないでしょ?」という男女の会話になりやすいのです。
ですが、男性の嘘は女性の皆さんがわかっているように、ある意味かわいいものなのかもしれません。つかなくてもいい嘘をみずからつき、自分で自分の首をしめる姿は、少し滑稽にも感じることでしょう。
数ある男性のなかに、「嘘をつく男・正直者の男・そして嘘もつかないが話さない男」の3通りの男性がいます。一番賢い選択だな……と筆者自身も思う男性は“嘘もつかずなにも話さない男”だと思います。その場しのぎの嘘をつく男性を肯定するわけではなく、嘘をつかずとも沈黙は金なりという考えを持っている賢い男性は、嘘を見抜く天才と言われている女性でさえ打つ手はないでしょう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_325106
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp