恋愛って、何?結婚って、何?
325105 大人になると忘れがちな「好き」という感覚2
 
匿名希望F 17/03/18 PM07 【印刷用へ
桜井結衣の恋愛コラムより『大人になると忘れがちな「好き」ってなんだっけ?(リンク)』よりお送りします。
---------------------------1より
■相手にも自分を意識して欲しいと思う
大抵の場合は、相手のことを意識しているうちに、自分のことも意識して欲しいと思うようになります。この頃には相手の存在が自分の中で大きくなっていますから、目が合うと嬉しかったり、少しでも話せたら舞い上がるほど幸せな気分になるでしょう。

この状態は、いわゆる片想いの状態です。ここから「どうやって相手を振り向かせるか」とか、「少しでも良い印象をもってもらえるようにしよう」といったことに心を砕くことになります。文字にするとなんだか大変そうですが、この状態の切なさもまた楽しいものです。

相手の一挙一動が気になり、ちょっとしたことで気分が上がったり下がったり。そんな中で相手の好みを探りつつ、自分を好きになってもらうべくあの手この手でアピールしていきます。食事に誘ったり、相談にのったりして、少しでも相手との接点を多くもとうとします。そんな努力が実って両想いになれたら、今度は「好き」のかたちが変わっていきます。

■共有したいと思う
好きという気持ちが大きくなると、自分が感じたものを相手にも知って欲しいと思うように。
両想いになって、二人で過ごすことが多くなると、片想いのとき以上に相手のことを考えるようになります。一人でいるときもそうです。たとえば、一人で美味しいものを食べたとき、「あの人にも食べさせたいなあ」とか、「今度一緒に食べよう」といった気持ちが自然と湧いてくるはずです。一人できれいな景色を見たとしたら、写真を撮って相手にメールしたくなったり、「今度は一緒に見たい」と思うでしょう。

相手を好きだからこそ、色々なことを共有したいと思うのです。これは特に、両想いになってから強く感じることです。映画を例に説明します。片想いのときには、映画に誘って「一緒に観に行くこと」自体が目的の大半かもしれませんが、両想いになってからは「一緒に同じ映画を観て、ストーリーや感想を共有すること」が目的になります。

両想いになって、一緒にいることが当たり前になったからこそ、気持ちを分かち合うことに価値を見出すようになるのです。互いに好きなら、「相手が感じたものを自分も感じたい」「自分が感じたものを相手にも知って欲しい」という気持ちになるからです。

■相手を喜ばせたいと思う
大切な人ができると、多くの人は「好きな相手が困っていたら助けたい」と思いますし、なんでもないときでさえも「相手を喜ばせるために自分に何ができるか」を考えたりもします。それは多くの場合、見返りを求めているわけではなく、心の底から自然と感じるものです。

たとえば、忙しくて体調を崩しがちな相手のために栄養バランスの良い食事を作ったり、「行きたい」と言っていた場所に連れて行く計画を立てたり。「相手を喜ばせたい」と考えるとき、「好き」という感情は恋愛初期に比べて「大きな愛情」になっています。そのため、「相手が喜んでくれることが自分の喜びだ」と感じられるようになります。

ところが、誰かを好きになることよりも、自分が傷付かないことや失敗しないことを優先したり、今の自分の生活リズムを守ろうとしたり、その人と付き合うことでメリットが得られるかどうかを考えていては、なかなか本気で他人と向き合うことはできません。愛されたいと思うなら、守りに入らず、損得勘定を捨てましょう。そして、自分の気持ちに素直になることです。ちょっとでもいいなと思う人がいたら接点を増やす努力をしましょう。

恋愛は、相手があって初めて成立するものです。実際に色々な人と会って、話してみなければ自分に合うかどうかは分かりません。行動を起こさずに「良い人がいない」とか「恋愛運が悪い」なんて言っていても仕方がありません。たとえ、一人二人にフラれたとしても、一生誰とも結ばれないことはありません。

コミュニケーションもアプローチの仕方も、自分の見せ方も、場数を踏んで上手になるものです。初めから理想の相手と理想通りに結ばれるなんて滅多にありません。まずは、自分の気持ちと向き合ってみてください。「恋がしたい」「愛されたい」「誰かを思い切り愛したい」と思うなら、一歩を踏み出してみませんか? 大人になると忘れがちな「好き」という気持ちを思い出してみてください。
---------------------------終了
 
  List
  この記事は 325104 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_325105
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
326979 人間関係における言葉の繊細さ〜また会いたくなるのは「言葉の愛撫」が絶妙な人〜 匿名希望 17/06/01 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp