健康と食と医
324318 探してみよう! 自然循環療法
 
山下安音 HP ( 53 高知 農業 ) 17/02/16 AM10 【印刷用へ
私は、コスミック・アーシング瞑想を提唱し、自然循環療法を研究し、新生医学宣言を発信しています。というのも、自然界には、お金もかからない優れた治療効果が数々あるからです。

 例えば、太陽光線は、遺伝子を修復するという528ヘルツを発しています。だから、日光浴で、ビタミンD合成。また、朝日と夕日を直接見つめるサンゲイジングは、脳の松果体を刺激し、幸福ホルモン、大麻の成分である痛み止めまで合成してくれます。

 また、太陽光で熱せられた砂は遠赤外線を発し、8時間の砂浴で1週間の断食に相当するデドックス効果が見込めます。昔、ふぐ毒を解決する手段として用いられました。私は、昨年、蜂に刺された時も、ムカデに刺された時も、直接吸い出すだけでなく、砂浴を用いて、完全治癒。病院にはかかっていません。
 
 さらに、アーシングをご存じでしょうか?

 太陽が、宇宙空間に光を放って、地球までその光を届けているように、地球もまた、宇宙へ向かって無限の光を発している。地球の地面には、この「地の氣」のエネルギーが満ち溢れていることに気づいている人は少ない。植物の光合成は、太陽光だけでなく、この地球光も関わって、営まれている。たぶん、月光もまた、なんらかの作用を及ぼしているのだろう。動物もまたこの「コスミック・アーシング」の波動のエネルギーで養われている。だから、動物はみんな裸足。

 地の氣は、無限のヒーリングパワーで、私たちの身体内の炎症を解消する。私たちのライフスタイルは、地球からの氣を断絶している。革靴は地の氣を通していたのに、靴底の質が変わった頃から、人類に病気が蔓延し始めた。自然に反する電磁波が張り巡らされている現代社会。寝床の電気器具から静電気を身体に貯め込んでいる。Wi-Fiやネットや車の運転からも。いつの間にか自然に反する錯乱波動に取り囲まれて暮らしている。だから、この貯まった電気を引き取ってもらうため、地球に裸足でつながりグランディングをする。すると、地球が身体内の不自然な電子を解消してくれる。

 砂浜を歩いてみた。海にぷかぷか浮かんでみた。すると突然、地球と私は一体なんだという悟りが起こった。地球と私は共同体?地球とは、つながって交流して生きることが自然なんだ。朝、太陽の光を浴びて、セロトニンを分泌して、成長ホルモンを分泌して、活動をスタートさせるのが自然なんだ。「コスミック・アーシング」を実践すると、血の巡りがよくなった。呼吸が自然に深くなる。朝の目覚めが全く違う。気持ちがいい。地球にグランディングすると自然体になり、自然の声が聴こえてくる。
 

 アメリカ先住民は子どもたちの具合が悪くなるとピットを掘って、その中に入れる。洞窟にある地の氣の存在。あぁ、であるならば、8時間の睡眠時間。地下や洞窟で地球に包まれるアーシングルームで眠りたいものだ。まだ、建築家は気がついていない安眠スポット。地球の氣を呼吸する、「靴底が皮の風呂敷靴の商品開発」も必要だ。

 四国は、アーシングスポットだらけ。これをまちづくりに生かさない手はない。アーシングハウスのテラスマイル・サナトリウム建設によるエコビレッジ構想。自然循環療法を提供する宿泊施設を備えた自然農と自然循環治療に専念できる生活共同体の場作り。


 極めつけは、最近注目されているテラヘルツ波動。これで人間の寿命は40年ほど延長するかも知れないと科学者は語ります。自然界にあるテラヘルツ波源としては、焚き火のあとの、くすぶっている石炭など。昔の呪術師たちは、くすぶっている枯れ草を、患者の患部に当てたのです。

囲炉裏を囲み、炭火を見つめて、人類は、偉大な知恵を生みだしてきました。この奥義を推察するのに、遠赤外線、テラヘルツ波動という恩恵が備わっていたから、瞑想状態が宇宙と自然の摂理に従ったから、開かれた英知なのではないでしょうか?

 探してみよう!「自然循環療法」のお勧めでした。そして、テラヘルツ波動を出す光のいのちとして、お互いを癒やし合いましょう。知恵を分かち合いましょう。
 
  List
  この記事は ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_324318
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp