生命原理・自然の摂理
324215 動物にとっての「弱い者いじめ」は、自分が助かるための戦略
 
別所彦次郎 17/02/12 AM01 【印刷用へ
リンクより引用
***
『人間社会から絶対にいじめが消えないのは大きな理由がある』

インドにはカースト制度(身分制度)がある。

カースト制度には「カーストにも入れない穢れた人間」という存在があって、そういった人たちをダリット(不可触民)と言って公然と差別してきた。

かつて、世界では人種差別主義が色濃く残っていて、アメリカでも「黒人は劣っている」として激しい排斥と差別の対象とされてきた。

アフリカでは部族間闘争が今でも続いている。それぞれの部族が相手部族は「宿敵である」と見なしていて、部族闘争で征服すると、相手を皆殺しにして若い女性を「奴隷」として一段下の人間として扱う。

国と民族の間でも、「あの国の民族は劣っている」「この国の民族は劣っている」と激しく攻撃する国があって、軋轢は絶えることがない。

同じように、資本主義の世の中でも金を持っている者と持っていない者を区分けして、金のない人間は人間的にも劣った存在であると社会全体が無意識に見なして蔑(さげす)む。

■裏で必ず弱者を用意しているのが人間の歴史

社会は、常に「弱者」を求めている。

近代に入って、弱者を作ってはいけないという平等主義が生まれたが、実はこの平等主義は建前のようになっている。きちんと機能していない。

どのようなシステムを作ったとしても、裏で必ず弱者を用意しているのが人間の歴史である。

「社会は弱者を必要としている」のだ。信じられないかもしれないが、客観的に人間社会を見つめると、どうしても最後にはそこに行き着いてしまう。

この「弱者を作る」という現象は、為政者が意図的に作り出したというよりも、動物としての「本能」が自然と作り出した可能性が高い。

幼稚園でも、小中学校でも、ひとつのクラスができると必ずそこにいじめられる子供、すなわち「弱者」が生まれる。

部活動でも、何でも同じだ。分別のあるはずの大人の社会でも、そこに集団生活があれば、いじめられる存在が自然と作り出される。

誰が意図するわけでもない。自然に弱者が作り出される。

集団が必ず弱者を作り出すというのが本能だとすれば、それはいったいどのような意味があるというのか。

実は、集団ができると弱者が作り出されるという現象は、人間だけにあるわけではなく、動物界でもしばしば起こり得る現象であると言われている。

集団があると、その中で、必ず弱い存在が作られて、徹底的にいじめられるのである。

■物理的に攻撃して、弱い存在をさらに弱らせる

群れる魚集団でもそうだ。まず、いじめられる存在が作られる。いじめられる魚は、集団で物理的な攻撃(いじめ)に遭って弱らされる。

熱帯魚のディスカスという魚があるのだが、この魚も水槽の中で一番弱い個体に対して、非常に激しい「いじめ」をする。物理的に攻撃して、弱い存在をさらに弱らせていく。

しかし、このディスカスというのは獰猛な魚であるというわけではなく、他の種類の魚を攻撃するようなことはない。あくまでも仲間内の一番弱いものをいじめるだけなのである。

シマウマや、サルの世界でも、極端ではないにしても、そういった傾向はある。仲間のうちの誰かを、物理的にいじめて「弱者」に仕立て上げていく。

実は、動物界にとっての「弱い者いじめ」は、自分が助かるための戦略である。

動物の世界では弱肉強食だ。生物は、より大きな生物に襲われて、エサにされてしまう。逃げられなければ、自分が食べられてしまうのである。

そういった緊張感の中で、群れる動物は生きている。

群れるのも、一匹でいたら弱いからだ。しかし、群れてもまだ心配だ。では、どうすればいいのか。

捕食者に襲われて一斉に逃げるとき、自分よりも足の鈍い個体がいてくれれば、自分が助かる。

捕食者は弱って動きの遅い個体を選べば狩りが成功しやすいので、常に弱い個体を狙ってくる。ということは、群れの中で、弱い個体を用意しておけば、「自分が助かる」のである。

ここに「弱い者いじめ」が本能になる意味がある。集団の中で弱い者を作り出しておけば、そちらが犠牲になってくれるので、自分が生き残れる可能性が高まる。

つまり、集団の中で弱者を作っておくというのは、切実なサバイバルの一種だったのである。

■弱者は、自分よりも劣れば劣るほど都合が良い

人間も、文明が発達する前は、長らく危険な動物に捕食されていた。人間も猛獣のエサの対象だったのだ。

だから、かつての原始社会では、人間も弱い者を用意して、弱い者からエサになってもらっていた可能性が高い。

弱者は、自分よりも劣れば劣るほど都合が良い。だから、徹底的に弱らせるために、「いじめ」を繰り返して心身共に衰弱させていく。

(1)捕食者は弱い者を捕食する。
(2)自分よりも弱い者がいる必要性が生まれる。
(3)積極的に誰かをいじめて弱い存在にする。
(4)弱い者を作ることによって自分が助かる。

学校でも、先生という絶対的権威の人間がいて、生徒たちは捕食(叱咤)されたくない。つまり、絶対的権威に目を付けられたくない。

だから、群れ(クラス)の中の誰かをいじめて弱い存在にして、この弱い人間を目立たせて自分は群れに埋没して生き残ろうとしている可能性がある。

会社でも、軍隊組織でも、ありとあらゆる組織はそんな無意識の集団心理が働く。だから、世の中から「弱者」が消えないのである。

動物の無意識が弱者を求めている。弱者をスケープゴート(犠牲)にして自分が助かりたい。

弱い者がいなければ、自分が弱い者にされるかもしれない。それは人間にとって死に直結してしまうほどの恐怖なのだ。

自分よりも弱い人間がいなければ、自分がスケープゴート(犠牲)に仕立て上げられる。

誰にとっても、これは恐怖だろう。
 
  List
  この記事は 267862 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_324215
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp