子育てをどうする?
324165 子供の「見える力」「詰める力」の伸ばし方
 
今井勝行 ( 中年層 東京 会社員 ) 17/02/10 AM10 【印刷用へ
リンク
子供の「見える力」「詰める力」の伸ばし方

<実践編>

煮詰まったときこそ父親の出番

勉強で大事なのは「見える力」と「詰める力(やり切る力)」。花まる学習会では、とくに算数の力を付けるためのキーワードとして、子供たちにこのことを繰り返し伝えています。
見える力とは、話の要点や図形の補助線など、ぼんやりしていたら見えないものが「見える」力。詰める力とは、与えられた課題に向き合い、集中して最後まで「やり切る」力です。詰める力は、子供が難しい課題を一人でやり切る経験をすることで身に付きます。

かつて、図形のセンスがとてもよく、見える力が突出して優れている子がいました。しかしその子は、才能を開花し切れませんでした。一番の原因は、母親が口を出しすぎて、一番大切な「やる気」をなくさせたことです。

子供が問題文を読んで考えている最中に、「ここにこう書いてあるでしょう」と、先回りして口をはさんでしまう。文章題の場合、数学でも出題者の意図を汲み取るための国語力が必要です。本当の学力を付けるためには、子供が独力で納得いくまで問題文を読み込まなくてはならない。その過程で親が口出ししたり、解答を教えたりしてしまうと、子供には問題を解く力が付かないし、正解しても「自力で解いた」という喜びはありません。ただ、その理屈がわかっていても、つい口出ししてしまうのが親というもの。

子供の学習に寄り添う時間が多いのは、父親よりも母親です。だから子供に干渉しすぎるのも多くは母親。そのなかで関係が煮詰まってしまったとき、母親に意見してバランスを取り戻させるのは父親の役目です。

とはいえ、正面から正論をぶつけるだけでは逆効果。最初に相手の話を受け入れ共感を示すことに9割の時間を費やし、その後でアドバイスをするのです。逃げてはいけません。サンドバッグになるつもりで、母親の話を聞いてあげることが大事なのです。

また、父親には子供の詰める力を鍛えるために、キャンプに連れ出して野外体験をさせたり、原爆資料館など人類の「負の遺産」を教える場所へ連れていったりすることをお勧めします。小学校高学年になると、子供は大人社会のきれいごとではない「本音」が気になり始めます。そのタイミングで現実社会の怖い一面を感じさせるとともに、自分が暮らしている社会や家庭のありがたさに気づかせるのです。

見える力を伸ばすには囲碁を習わせたり、パズルを解かせたりするのが効果的ですが、こちらも父親のほうが得意かもしれません。何よりも父親が子供との時間を多くとることで、母親の負担感が薄れ、家庭の雰囲気は必ず上向きます。学力を含めた子供の力を伸ばすには、それが一番効果的なことだと私は考えています。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_324165
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp