地震・噴火・気象
323872 銀河宇宙線の増大による寒冷化の最新研究報告:「地球磁場の弱化が気候に多大な影響を及ぼす証拠を発見〜銀河宇宙線が作る雲が深く関与し寒冷化が起こる」
 
麻丘東出 ( 56 兵庫 ) 17/01/30 AM02 【印刷用へ
雲は地球の約50%を覆っているが、雲量が1%増えると気温は一度下がると考えられている。
その雲の量にもっとも大きな影響を与えるのは、雲の凝縮核をつくる銀河宇宙線の飛来量で、銀河宇宙線が大量に降り注ぐと雲量が増大し、地球は寒冷化するという仮説が提唱されている。
そして銀河宇宙線が増加する要因は、(数億〜数十億周期の)スターバースト、銀河宇宙線をシールドする太陽活動の低下、そして地球磁場の低下。
近年、太陽活動は減衰に向かい、さらに地球磁場が弱くなっていると予測されている。

「銀河宇宙線の増大→雲量増大→寒冷化」、その最新研究の報告を紹介します。

リンク
地球磁場の弱化が気候に多大な影響を及ぼす証拠を発見〜銀河宇宙線が作る雲が深く関与し寒冷化が起こる〜立命館大学 2017年01月17日

立命館大学古気候学研究センターの北場育子准教授、同研究センター長の中川毅教授、神戸大学内海域環境教育センターの兵頭政幸教授らのグループは、宇宙から降り注ぐ高いエネルギーを持った銀河宇宙線(放射線)が、雲を作って気候を変えることの証拠を発見した。この成果は、1月16日(日本時間)Scientific Reports(オンライン版)で掲載された。

<研究概要>
かつての地球には、銀河宇宙線が多く降り注いだ時代があり、その時代には地球が寒くなっていたという証拠が多数報告されている。そのようなことが起こるメカニズムとして、「銀河宇宙線が雲を作る」という仮説が提唱されていたが、観測が始まる前の時代の雲の量を知るのは非常に困難で、メカニズムの解明を妨げていた。

 北場准教授らは、銀河宇宙線を跳ね返すバリアの働きをする地球の磁場と、太平洋とユーラシア大陸の温度のバランスを反映する東アジアの気候に着目、地球の磁場が現在の約10%にまで弱まった約78万年前と107万年前、すなわち、地球上に現在の約2倍の銀河宇宙線が降り注いでいた時代の気温と降水量を復元した結果、地球磁場の弱まりとともに、2つの気候変化が観測された。(1)太平洋よりもユーラシア大陸の顕著な気温低下、(2)東アジアの夏雨の減少―これらの気候変化は、海よりも陸の方がより強く冷やされた場合に起こる。この背景にあるメカニズムとして、もっとも可能性が高いのは、雲によって太陽光が遮られること(日傘効果)である。

 本研究は、これまでに観測されてきた「銀河宇宙線量の増加」と「寒冷化」を結ぶメカニズムとして、「雲」が重要であるということを実証的に示したものである。

 近年、太陽活動の低下による気候変動が懸念されている。本研究は、太陽が引き起こしうる気候変化の具体的な内容についての洞察を与えると共に、温室効果ガスに偏りがちな気候変動の議論に新たな視点を導入するものである。
 
  List
  この記事は 321476 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_323872
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp