試験・身分制度の根深い害
323660 勉強の強制圧力が学級崩壊を引き起こす子供たちを作り上げている
 
西本圭  ( 35 大阪 会社員 ) 17/01/21 PM08 【印刷用へ
以下引用サイト
リンク

****************************

全国の小学校で問題となっている“学級崩壊”。なかでも、高学年の学級崩壊は深刻化しているといいます。授業中に寝ている、マンガを読んでいる、ヘッドフォンで音楽を聴いている…こんな光景が現実に起こっているというから驚きです。しかも、中心になってクラスを荒らしている子たちは、意外にも塾でも成績優秀であるような“勉強ができる子たち”であるケースが多いそう。いったい子どもたちに何が起こっているのでしょうか?

■日々の勉強漬けの生活のストレスを学校で発散

「勉強ができる成績優秀な子たちが中心になって学級崩壊させるケースは非常に多いです。その原因としては、大きく分けるとふたつ考えられます」 そう話すのは、これまで多くの学級崩壊の立て直しに奔走してきた白梅学園大学教授・増田修治先生。子どもたちが荒れる理由は、彼らがいま置かれている環境、状況が大きく影響しているという。

 「ひとつめは、子どもたちは毎日毎日勉強漬けの生活でキツい状況を強いられ、ものすごくストレスを抱えているということです。今どきの小学校高学年といえば約半数以上、都心では8割が塾に行っているという状況です。つまり、平日は学校と塾のダブルスクールで遊ぶ時間もゆっくり休む時間もなく、塾から帰ってきて宿題をやって寝るのは遅い子は2時過ぎ。土日は模擬テストといった生活です。こんな生活をしていたら、誰だってキツいですよね?」(増田先生 以下同) 。つまり、そのシワ寄せはどこにいくかと言えば学校にいくわけだ。

■深刻な小学校高学年の学級崩壊

「ふたつめの理由は、学校の授業は塾で習ったことなので、授業を聞く必要もないし、聞いてもつまらないわけです。しかも、進学塾は少しでも気を抜けば順位が下がったりして死活問題になるためさぼれない。ならば、学校で気を抜く、またはストレスを発散しようとなるわけです」

さらに、成績が優秀な子は、ほかにもさまざまなストレスを抱えているケースが多いという。 「成績優秀な子となれば、塾からの期待、親からの期待も高いわけです。親御さんが高学歴のケースも多くなるため、“わが子も高学歴に”という“高学歴バトン”で追い詰められている子も非常に多いです」 。

 成績優秀な子たちは、荒らし方にもある特徴があるそう。 「受験に影響が及ぶことを恐れるがゆえに、自分が前面に出て荒らすことはしません。なぜなら、内申書に響いたり親にバレたりしたら困るからです。そうなると、やんちゃな子やちょっと荒れている子を後ろから焚きつけてわざと騒がせたりして、それを見て楽しんでいるのです」

 彼らの深刻な“心の闇”は、本音を聞いたときに確信したと増田先生は話します。 「以前、学級崩壊の中心になっていた成績優秀な子に“なんで学級を荒らすの?”と本音を聞いたことがあるんです。その答えは驚きでした。“ボクたちは塾で勉強は習ってるからいいし、授業を壊しちゃえば、みんなが授業を受けられなくなる。そうすれば、そいつらが落ちこぼれるでしょ? だからやる”と。競争、競争、と日々強いられている子がここまで追い詰められているということを確信しましたね」

 勉強ももちろん大事だが、社会性を犠牲にして知識だけを詰め込むことの弊害は想像以上だという。 「子どもというのは、何かを得ようとすれば何かを犠牲にしなければなりません。そのバランスがとても重要なのです。競争に追いまくられている子どもたちは、周りを思いやるどころか、競争を強いられることで大切な友達を敵視するところまで追い詰められています。まさに生きていくうえでもっとも大事な社会性を犠牲にしているのです。こういう感覚を持った子たちが親になったときにどんな恐ろしい社会になってしまうのでしょうか?」

 学級崩壊は、まさに子どもたちが自分たちの状況にもがき苦しんでいるというメッセージだという。

****************************
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_323660
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
326017 勉強の強制圧力はスルーせよ 〜勉強漬け人生の悲劇 深ヰ紫 17/04/25 PM08
324041 「母がしんどい…」母親の過干渉に人生を壊された娘たち〜脱強制ともう一つ必要なもの〜 近藤文人 17/02/05 PM10
323716 学校とは「自分観念養成所」である 加藤俊治 17/01/24 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp