日本を守るのに、右も左もない
323489 江戸からくり人形と雇用のお話
 
本田真吾 HP ( 壮年 香川 建築家 ) 17/01/15 AM00 【印刷用へ
江戸時代までの日本は、人がどこまでも大切にされた社会。商店も、物流も、製造業も、すべては人のためにあった。

たいせつなことは、いかに儲けるか、そのためにいかに人件費を減らすかではなく、ひとりでも多くの人が食べていけるようにしていくことに価値が置かれていた。

平成以降、企業は利益を出すために、生産拠点を安い人件費の海外に移転するということがさかんに行われるようになり、そして国内ではリストラを行い、企業収益の確保を図った。

それによって国内産業が空洞化し、逃れられない不況が根を下ろし、雇用までもが圧縮され、人が人を粗末にするようになった。

社会のあり方として、どちらに可能性があるのかは自明だ。

引用
/////////////////////////////
江戸からくり人形と雇用のお話(リンク

江戸の「からくり人形」といえば、有名なのが上の絵の茶運人形です。
この茶運人形、人形が手にしているお盆に茶碗を乗せると、ひとりでに動いてお茶をお客さんに運びます。
そのとき、ちゃんと足も動きます。
そしてお客さんの前に着くと、きちんとおじぎをすします。
まるで「どうぞ」とお茶を進めているように、です。

お客さんがお茶を飲み終わって、お盆の上に茶碗を戻すと、今度はちゃんと方向転換して、もといた場所に戻ってきます。
実によくできたものです。
(中略)
こうした「からくり人形」を、現代に伝えてくれたのが、「からくり半蔵」と呼ばれた土佐藩の細川半蔵頼直(ほそかわはんぞうよりなお)が、寛政八(1796)年に書いた『機巧圖彙(きこうずい)』という本です。
(中略)
実は、なんと「茶運人形」が復元されたのは、昭和42(1967)年のことなのです。
それまでは、物語の中でしか知られていませんでした。
それが下の写真で、写真にある立川昭三さんが、細川半蔵の本をもとに復元してみせてくれました。

写真をみただけで、ものすごく精巧な作りであることがわかる気がします。
(中略)
それにしても、昭和42年の復元まで、実は、からくり人形は、明治以降、忘れられた存在になっていたのです。
明治の文明開化、欧風化の波の中で、江戸時代の古いもの、良いものは、おくれたもの、つまらないものと認識されました。
買ってくれるお客様がいなくなれば、造っていたお店も廃業してしまいます。
時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、こうして明治以降の日本の近代化の波の中で、多くの日本の技術が失われていきました。
そういえば、つくる会が発行する『新版・新しい歴史教科書』には、表紙裏のグラビアページに、日本の伝統工芸品というコーナーがあります。
(中略)
そして庶民が買ってくれるから、技術が進み、より精度の高い、これまた世界の王侯貴族のどんな贅沢品をもしのぐほど精巧なものができあがっていました。

西洋にせよ東洋にせよ、文化遺産とか美術品などは、ことごとく王侯貴族のものです。
王侯貴族のために造られ、王侯貴族が楽しみ、王侯貴族の富を象徴するものでした。
庶民のための文化、庶民の楽しみのための文化物や工芸品となると、極端に数が減ります。

けれども日本の場合、庶民の楽しみが、第一でした。
技術も庶民のために多くが開発されました。
そうしてより高い技術が、競い合って磨かれてきました。
そしてそれらは、どこまでも庶民が楽しみ、庶民の生活にうるおいを与えるものとして開発され、技術が磨かれてきました。
そしてそのことは、雇用にも活かされていました。

江戸時代までの日本は、人がどこまでも大切にされた社会です。
商店も、物流も、製造業も、すべては人のためにあるものでした。
ですから、たいせつなことは、いかに儲けるか、そのためにいかに人件費を減らすかではなく、ひとりでも多くの人が食べていけるようにしていくことに価値が置かれていました。

ですから価値があるのは、儲かっている企業ではなく、ひとりでも多くの人を養ない、食べていかせることができるお店、あるいは藩、あるいは地主農家が、偉い人でした。
そういう社会観念が、世の中の中心でした。

このことは、いまの世の中でいうならば、大企業は、儲かっていて利益が大きいから価値ある企業なのではなくて、それだけ大勢の人を養っているから社会的な価値のある企業だったのです。
そして、人を養うということは、終身雇用すること、つまり死ぬまで面倒をみることが、雇用主にとってはあたりまえのことでした。
ですから、財力のある人は、進んで書生を養ったし、家政婦のような形で女性たちに雇用の機会を与えていました。

平成以降、企業は利益を出すために、生産拠点を安い人件費の海外に移転するということがさかんに行われるようになりました。
そして国内ではリストラを行い、企業収益の確保を図りました。
けれども、それによって国内産業が空洞化し、逃れられない不況が根を下ろし、雇用までもが圧縮され、人が人を粗末にするようになりました。
(中略)
しかし社会全体を見てみると、結局のところ、人を大切にしている企業が生き残っています。
人は石垣、人は城なのです。
洋風化した企業は、短期的に利益を極大化させ、成功したように見えても、瞬く間に衰退します。
また、どんなに古くからある企業でも、道を踏み間違えれば、存続はできなくなります。
世の常です。

お金はもちろん大切です。
しかし、一部の人が、一生かかっても使い切れないような大金を年収にし、他の多くの人々が、生活保護で支給される額よりも低い所得で早朝から深夜まで働いているといういまの日本の状態は、本当に健全なもの、神々の「おほみたから」が大切にされている社会といえるのでしょうか。

かつて、ものすごく高い技術を持ちながら、産業のロボット化をせず、その技術をお楽しみに遣い、雇用を守った日本と、軽々にリストラを行って、まるで多くの人を抱えていることが悪いことのような錯覚をしている今日の日本。
果たして健全な姿は、どちらにあるといえるのでしょうか。

けっして、産業用ロボットがいけないとか、そういう議論をしているわけではないのです。
効率重視、利益重視の経営とかいうけれど、そもそも産業にせよ商業にせよ企業にせよ、究極的には、そこに従事している人々が、幸せになるために、存在しているものであるように思えるのです。
 
  List
  この記事は 322978 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_323489
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
323984 明治以降の義務教育で日本人が失ったもの 1 本田真吾 17/02/03 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp