健康と食と医
323260 なぜ日本人にガンが急に増えたのか
 
斎藤幸雄 HP ( 53 愛知 建築設計 ) 17/01/07 PM08 【印刷用へ
■急増しているガンとは?
 今の日本ではガンの中でもある特定種のガンにかかる患者が急増しています。これは日本人の体質や地理的環境、生活習慣によるものではありません。急増したガンとは、画像診断や腫瘍マーカーで診断するガン。つまり、体内の組織・器官で発生し、検査だけで発生したり、あるいは発覚するガンです。(脳下垂体、甲状腺、乳房、副腎、膵臓、腎臓、肝臓などのガン)
  
 CTスキャンと腫瘍マーカーが開発される以前は、ガンはメスや針で組織を取り出して(バイオプシー)顕微鏡で病理組織診断をして、ガンか良性腫瘍か炎症巣かを判断しました。ところが、最近は、からだの奥のガンはCTスキャンと腫瘍マーカーだけでガンと診断して良いことになり、それに伴いこの種のガンが急増しています。
  
■画像診断や腫瘍マーカーで診断するガンが急増した要因
 皮膚ガンや口腔ガンのように、目で直接できる組織・器官のガンは逆に、どんどん減っています。この種のガンは、今でもバイオプシーをして診断するのです。このことは、日本人の遺伝子が進化、あるいは変化したことを物語っているわけでありません。
  
 要因は、画像診断や腫瘍マーカーという診断方法に由来します。腫瘍マーカーは、がんの存在によって血液中に増加する物質で、採血で簡単に調べることができます。しかし、がんが存在しても必ずしも増加するわけではなく、またがん以外の病気でも増加することがあります。また、CTスキャンなど画像診断は、腫瘍らしきものが発見できても、それがガンか良性か明確にに結論が出ない事が多く、医師によって意見がくい違うこともあります。
 このように画像診断や腫瘍マーカーによるガン診断は確実な指標にはならず、分かるのは「ガンの疑いがある/ない」ことです。ところが、「ガンの疑いがある」だけで、早期発見を目的にガン治療の対象となり、結果、この種のガンが急増したのです。
  
■医者がガン患者をつくりだしている
 このように、医者が色々な言葉を並べて、それほど症状が悪くない、ガンでない患者をかん患者に仕立てているのです。片っ端から軽症の人を重症にしていくのです。
 ある臓器にガンが見つかると、患部だけでなく徹底的に全身を調べます。がん細胞がほかの組織・器官に転移していないかを診るという目的もあるのですが、真の目的は病気の掘り起こしです。他に悪いところがあれば、そちらも治療する。これが大学病院をはじめとする一流大病院のやり方です。
  
 ※以上、西原克成氏の著書『難病克服マニュアル』より一部抜粋、編集・追記しています。
 
  List
  この記事は 306181 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_323260
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
323435 ガン細胞と闘う食材 柏木悠斗 17/01/13 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp