法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
323211 国の不正が発覚!〜ついにデータ捏造を政府が認めた〜
 
猛獣王S ( 46 東京 営業 ) 17/01/06 AM10 【印刷用へ
『国の不正が発覚! ついにデータ捏造を政府が認めた』(simatyan2)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
国の不正が発覚! ついにデータ捏造を政府が認めた

26日、国民を長年にわたって騙していたことを経済産業省(担当大臣世耕弘成)が渋々認めました。

11月に経産省から業務を請け負う業者が告発したことで国の不正が発覚したのです。

経産省、繊維統計を改ざん 請負業者が告発
回答数を水増し、年内に廃止へ
リンク

これは驚くべき内容です。

今回は繊維製品のインチキ統計データになっていますが、氷山の一角と同じで一事が万事、あらゆる分野でしていたことは明らかです。

失業者数の統計、就職関連、求人関連の統計もデタラメでしょう。

道理で国の示すデータでは景気回復してるはずなのに体感的に不景気だったわけです。

それにしても不正が発覚したから年内で統計を廃止するって、ただ臭い物に蓋をするだけじゃないですか。

○データの不正流用は、少なくとも文書保存期間の平成24年3月まで確認されている。

ということは、第二次安倍内閣から現在までは確実に捏造していたってことですよね。

特に、

2013年4月には、回答が全く得られない項目などで6年かけて数値をゼロに減らすと担当部署で決定。事実を公表せずに修正をしようとしたことになる。

の部分を見ると、完全隠ぺいを企んだのが2013年4月、つまり安倍政権真っ只中ということになります。

安倍政権恐るべし、ですね。

ということは、厚生労働省も、総務省も、防衛省も、全ての省庁がやってるでしょう。

内閣支持率調査など最もたるものでしょうね。

経済白書もGDPも嘘です。

GDPに関しては、実は名目GDPや実質GDP、GDP(PPP)と、いろいろあって、一番順位が良いものを大きく発表してるだけなのです。

アメリカCIA 世界公開情報 日本の一人当たりGDP (PPP)では、
リンク

日本は、
43 Japan $38,100 2015 est.

となっていて、つまり世界で43位ということなんですね。

以前このGDPの水増しがバレたことがあって、あるテレビ番組で安倍晋三が聞かれたことがあります。

その時は下のように答えています。
リンク

「この道しかない」

こればかり繰り返す首相は狂気そのもので非常に怖いことです。

なにしろ国民を道ずれにするんですからね。

「活動的な馬鹿より恐ろしい物はない」

と残したゲーテの言葉がそのまま当てはまる人物だと思います。

しかし狂気の国家を許すだけでなく、大本営発表を繰り返すマスコミは、それ以上に罪が深いですね。

戦時中の、「大本営発表!我が方のおさめたる戦果!」敵の航空母艦十一隻、戦艦二隻、巡洋艦三隻、巡洋艦若しくは駆逐艦一隻を轟沈と勇ましい報道をしながら、日本軍は航空機 312機やられてるんですからね。

それでも戦時中という特殊な状況ということもあります。

しかし今は戦争すらしてないのに、どんどん大本営化していくわけで、これは考えれば凄く怖いことですよね。

先日、ブログのコメント蘭に、

「このブログは反日ですか?」

と書き残したネトウヨがいましたが、今は不正を告発した方が反日扱いになるようです。

これが先進国で実際に起こってる異常な出来事なのです。
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 320445 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_323211
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp