日本人の起源(縄文・弥生・大和)
322991 酒の飲み方で祖先が縄文系か弥生系かわかる
 
匿名希望 16/12/31 AM02 【印刷用へ
以下リンク
zakzakより

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お酒として飲んだアルコールは、約30%が胃で、残りはすべて小腸で吸収されます。いや、実際には「すべて」ではなく、2%ほどは呼気と尿として排出されます。つまり、警察の飲酒検問が拠り所としている「呼気のアルコール量」は、実際に飲んだアルコール量の2%未満のわずかな量であり、それで検出されるということは、もはや言い逃れできない−ということを意味しているのです。

 一方、胃と小腸で吸収されたアルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)によって「アセトアルデヒド」という毒性のある化合物に変化します。これが二日酔いの原因物質です。

 すると今度は、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)がこれを分解して酢酸に変え、最終的には水と二酸化炭素になります。

 よく「酒飲みは蚊に刺される」と言われます。アルコールが分解されてできた二酸化炭素は皮膚を通して排出され、蚊はその臭いで人間がいることを認識して寄ってくるのです。蚊のいる部屋に酔っ払いを一人寝かせておけば、蚊取り線香はいりません。
アルコールをアセトアルデヒドに分解するADHは、人間なら全員等しく持っています。しかし、アセトアルデヒドを酢酸にして無毒化するALDHは、人によって持っていたり、働き(活性)が悪かったりします。そして、この違いが、酒を飲める、飲めない、酒に弱い−という「体質の差」を分けているのです。

 体質は遺伝子によって決まります。両親が揃って酒飲みなら、子供は間違いなく「飲める体質」ですが、さらにさかのぼると、祖先が弥生系か縄文系か−の違いに、遺伝の経路が見えてきます。

 日本人の祖先は、ヨーロッパからヒマラヤ山脈を超え、沖縄側から北上してきた縄文系と、中国大陸を経て南下してきた弥生系に分けられます。そして遺伝子的に見ると、縄文系の多くはALDHを持っていて酒が飲める、弥生系はALDHを持っている人が少ないので酒が飲めない(または弱い)−という特徴があるのです。

 縄文系と弥生系の違いは、顔つきでも見当がつきますが、酒の飲み方のほうがより鮮明にその差がわかります。あなたはどちらですか。 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_322991
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp