もはや学校は終っている
322341 第1回新言語サークルを行いました!
 
中辻幸介 ( 14 大阪 新言語サークル代表  ) 16/12/06 PM07 【印刷用へ
先日、第1回新言語サークルが行われました。
内容としては、始め20分に、サークルのルールや目的の説明、自己紹介から入っていきました。サークルとしては、6人の方が参加してくれました。(先生1人、中24人、中11人)そして残り(75分 休憩は5分)は、予定通り
「もしこの世からテストがなくなったら」
というタイトルで行いました。
話の流れとしては、まず「テストがなかったら他になくなるものはない?」ってとこから入っていって、なんとその時は4人でしたが、4人で13この意見が出ました。つまり30人越えたら、100こは意見出ますね(笑)

まあたくさん出ましたが、それをしぼって「勉強」「勉強関連の仕事」がなくなるとしました。じゃあ、「勉強と教育は違う。もしこの世からほんまにテストが消えたら、親は何を子供に教育するか」という議題に入っていきました。それに対して出た意見をいくつか紹介しておきましょう!

・将来する(したい)仕事に関することだけを学ぶ。小学校から専門学校を作って、それぞれの学校でその学校に適した内容を学ぶ。つまり、自分の苦手なことを学ぶ必要はない。

・勉強がなくなったら、親が子供に教育すべきことはなくなる。

・生活に必要な基本的なこと(掃除や洗濯など)

・子供会議的な場が増える。

このような意見がみなさんから出ました!そしてどんどん議論が発展していき、「もう小学校の地点で専門学校に全部しておき、(それぞれの学校でその学校に適した内容を学ぶべき」という結論になりました。さらに議論が発展していき、「じゃあ幼稚園の時点で人生決まるん?」というところまで持っていきました。

そして、6人で2人と4人に別れて、ディベート討論会議を行いました。《幼稚園で人生決まる派2人VS幼稚園で人生決まらん派4人》
そのディベートについて、

【幼稚園で人生決まる側の意見】
・まだ4、5才の子は、親のしてることを真似したがる。だから、親のしてることを幼稚園児もしたいと思い、そこで人生が決まってくる。

・幼稚園でやったことを、これからの人生でもしたくなる。

・早い内に決めとかな、遅れを取り出して、ついていけなくなる。

【幼稚園で人生決まらん側の意見】
・人生進路をいくらでも切り替えれると思う。
 
・幼稚園で人生変わるなんて普通に考えておかしい。

・親の誘導になる。

・まだ人生の半分もいってない。

まあこのようにいい意見が出て、最終どちらかに絞ることはできませんでしたが、2者とも共通してわかったのは、「無限」ということです。幼稚園で人生決まるにしても、決まらんにしても、そのいきたい道について学んだら、そのあとの人生が無限に広がるということです。時間の関係上、少し中途半端に終わりましたが、あとはぜひ家とかで続きを考えてほしいです!

これは新言語サークルのみなさんの感想です。
・けっこういろんな人に会えてうれしかった。また行きたい。人の話をよく聞けるようになりたい。

・題材が難しかった。ちょっと自分がこのサークルによって変わりそう。

・微妙なところで終わったのが残念。探求力がつきそう。

・難しかった。人同士の争いのような世界が怖い。

・中辻くんを応援します!みんなの成長する姿が見たいです!

来週もこれに関する議論を少し持ち込もうと予定しています。第1回の新言語サークルとしては、大成功しました!!
このような内容を、普段の勉強のやる気や、将来につなげていければ、もっと素晴らしいと思います!雨の関係上、人数はもう一踏ん張り足りなかったんですけど、そこはこれから補っていけばいいと思います!!第1回新言語サークルに参加していただいた方、ありがとうございました。
 
  List
  この記事は ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_322341
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
322352 第2回新言語サークルについてのお知らせをいたします。 中辻幸介 16/12/06 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp