法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
322234 アイルランド及びヨーロッパの金融界の汚職の実態
 
志水満 ( 60 大阪 会社員 ) 16/12/02 PM07 【印刷用へ
中央銀行が中心となり癒着した金融業界全体が連携しながら金融犯罪が横行しています。
金融犯罪を禁止する法律は存在しますが、関係者は誰も処罰されません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本や世界や宇宙の動向より以下引用です
リンク
以下の記事は、アイルランドの金融界もヨーロッパの金融界も犯罪組織だということがわかります。
ただ、世界中の金融界(中央銀行と大手銀行)が犯罪組織そのものですから、どうしょうもありませんけど。。。
世界を支配する金融エリート(特に上層部)は何をやっても法的処罰は受けないことになっています。
いつも罰せられるのは中間管理職と下っ端です。トカゲのしっぽ切りです。
法律は存在するもののそれは庶民を罰するための法律であり、イルミナティ(グローバル・エリート)の上層部には関係ありません。何しろ彼等は法の上に立つ存在ですから。。。
一般社会でも、法律が存在していても何の役にも立っていないものが多いと思います。
法律で脅しても一向に減らない犯罪があります。条例や法律が単なるお飾りになってしまっているものも多いと思います。一般社会でも警察が取り締まらず放置されている犯罪行為が数多くあります。
一般社会でもこんな感じですから、世界の支配層は法律など存在しません。ですから金融界では、富と権力の維持のためにやりたい放題なのです。

リンク
(概要)
11月30日付け
アイルランドの金融界及びヨーロッパの金融界の汚職の実態
EUL/NGL=左翼の欧州議会の政治会派であり反欧州連合会派(1994年の結成宣言以来、欧州統一左派・北方緑の左派同盟は既存の欧州連合の政治体制に反対してはいるが、ヨーロッパの統合には関わっていくとしている。)

ブリュッセルのEUL/NGLのフォーラムに招かれた元金融マン(2007年までアイルランドのダブリンで、イタリア最大の銀行ウニクレーディト・イタリアーノのリスクマネージャーをしていた。)曰く:

「私はアイルランド中央銀行にて、アイルランドの法律違反をしていることを知りながら架空の資金(数十億ユーロ)を創り出するために文書に署名しました。そしてその後、私はアイルランドの法律を犯した罰として9年間、無職の生活を強いられました。
しかしツイッターのユーザー、アメリカやオーストラリアの支援者の皆さんのおかげにより私の生活は支えられました。
世界には法律が存在しますが、実際、法律は何の役にも立っていません。
私は9年前に職を失いました。この9年間で、様々なステートメントが発表されました。
例えば、ドイツ銀行のヨーゼフ・アッカーマン CEOは、ダブリンを拠点にした銀行の破たんで発生した流動性問題がドイツの金融システムを破壊したと公言しました。
しかしアッカーマン氏はEU議会に参考人として招集されたのでしょうか。どうやったらアイルランドの銀行がドイツの金融システムを破壊することができるのでしょうか。誰もそのことについて問うことはありません。彼はアイルランドのどの銀行について言及しているのでしょうか。
どの銀行かはわかっています。250年前に創設された歴史の古いドイツ帝国銀行(聴き取りにくくてはっきりとはわかりません?)です。この銀行こそが10年前からアイルランド最大の銀行となったのです。
しかし私のようにこの事実を口外すると脅迫されます。だからそのことは絶対に口外してはいけなかったのです。

ユニクレジットの法律家が作成した文書でも、口頭でも、そのことが言及されると、沈黙の脅迫を受けることになります。
アイルランドの3大政党の議員ら、現政権の閣僚、副首相は、私の弁護士の事務所で私と面会し、私からこの話を聴いています。。そして彼等はアイルランド議会でこの問題を協議すると約束しましたが、以来、何も行われていません。それどころか彼等は私のことは全く知らないと公の場で宣言しました。このような沈黙こそが我々の足をひっぱっているのです。彼等は非協力的です。
ドイツのLGTリヒテンシュタイン銀行(ババリアのリヒテインシュタイン公爵が所有)がどうなったのかご存知ですか。
破たんしたオランダのABNアムロ銀行は、国民の血税でベイルアウトされた後に、ドイツのLGTリヒテンシュタイン銀行を買収しました。つまりベイルアウトで救済され一時国有化した銀行が民間のABNアロム銀行を買収したのです。しかしオランダ国民はこのことを一切知らされていません。

アイルランドの中央銀行はこの事実を公表するのを拒否しました。
この銀行が買収された後、私が勤めていたダブリンのウニクレーディト・イタリアーノ銀行のトップがアイルランド中央銀行の取締役に就任しました。

この10年間でアイルランド国民は、アングロアイリッシュ銀行が国民の血税でベイルアウトされたことで大きな損害を被ってきました。アイルランド国民の殆どがアングロアイリッシュ銀行とは何の関わりもないのにです。
引用終わり
 
  List
  この記事は 321256 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_322234
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp