宇宙・地球
321863 【宇宙気候】 太陽活動の低下 →異常なレベルで激増する「小惑星」、「火球」、そして「宇宙線」
 
麻丘東出 ( 56 兵庫 ) 16/11/20 AM00 【印刷用へ
2009年1月から始まった今の太陽活動(サイクル24)と、次の太陽活動(サイクル25)が、数百年に一度起こるマウンダー極小期(→小氷期)のような状態になるかはまだ判断できないが、それでも100年前に太陽活動が異常に低下したときと同じ程度に低下している。(321613
それにより太陽バリアーが低下し、地球に降り注ぐ「銀河宇宙線」に加え、「火球」「小惑星」も異常に激増している。

以下、銀河系宇宙人のブログ「異常なレベルで激増する小惑星、火球、そして宇宙線のデーター 2016年4月23日 リンク」より引用
---------------------------------------------------------------
<前略>
「火球や隕石、小惑星などの地球への影響事例は増える」と思います。
実はここ数年の火球と地球接近型の小惑星の増え方がものすごいのです。
NASA などのデータは、「圧巻」といえるものです。
少しご紹介させていただこうかと思います。

●壮絶な勢いで増え続ける火球と地球近傍小惑星
まずは、ふたつのデータをご覧下さい。
NASA による地球近傍小惑星(地球に接近する小惑星)の数の過去 20年の推移のデータと、アメリカ流星学会(AMS)による火球の観測数の過去 10年の推移のデータです。
 ・「地球に接近した小惑星の数の推移リンク
 ・「火球の観測数の推移(アメリカ)リンク

ものすごい曲線を描いていますが、これらのグラフを見る際に考慮しなければならないのは、「観測技術の向上」ということがあるはずです。つまり、昔は観測できなかったような火球や小惑星も、設備と技術の進歩で観測できるようになったと。これは数の増加のかなりの部分を占めているとは思います。

それにしても、火球の観測数は 10年で 20倍近く、小惑星に至っては 80倍などの増加となっていまして、観測技術の向上を差し引いても、かなりの増え方をしていると思います。
そして、例えば、「過去数年」となりますと、観測技術はほぼ同じレベルで推移していると思いますが、過去数年だけでも、
 ・小惑星 → 2010年の 900個前後から 2015年は 1,600個超え
 ・火球 → 2010年の 900前後から 2015年は 9,000超え
となっていて、この数年で、共に急激に増加していることがわかります。
さきほど、「火球や隕石、小惑星の地球への影響事例は増えると思われます」と書きました根拠はこれらのデータです。増え続けているものが突然減り始めるという理由は見出しにくいことから、火球も地球に接近する小惑星も、まだ増えると考えるのが妥当かと思います。
それと、今後、太陽活動がさらに小さくなる時期に入りますけれど、太陽活動が弱くなりますと「宇宙線が増える」という傾向があります。

これからは宇宙から降ってくるものがいろいろと増えていく時代になりそうです
火球にしても、小惑星にしても、宇宙線にしても、「これからは上から降ってくるものが多くなる」ということは、ほぼ確定的な事実としてあると思っています。
実際、先月のスペースウェザー・ニュースでは、「宇宙線が増大している」ことについてを報じていました。
 ・「2016年1月31日のスペースウェザー・ニュースよりリンク

宇宙線の増加がどんなことに影響を与える可能性があるかといいますと、
 ・「デンマーク工科大学での実験で確定しつつある宇宙線と雲の関係 2013/09/05 リンク
などで書いたことがありますが、「宇宙線は、雲を作ることに関与している可能性が極めて高い」ということで、つまり、宇宙線が増えると、天候が影響を受ける(具体的には雲のある日が多くなる)ということがあります。

そして、確定している学説でも何でもないとはいえ、4年ほど前の、
 ・「米国メディアで相次ぐ「近く地球は小氷河期入りする」という記事 2012/02/03 リンク
という記事などに書いたことがありますが、東京工業大学の丸山茂徳教授などによる「宇宙線が地震や火山噴火のトリガーとなっている」という主張も存在します。
そして、火山の噴火の増加もまた世界の気候や天候に影響します。
宇宙線が関係しているかどうかはともかく、現実として、この数年の火山の噴火の増加は明らかです。
つまり、宇宙線が激化していくと、「天候を含めた環境の変化がさらに激しくなる」ことも予測されるということだと思います。

今年から・・・ということではないですが、これからしばらくの期間の地球は、「上からいろいろと降って来て、いろいろな影響を受ける可能性がある」のだと思います。
これらのことを考える上で大事なことは、「小惑星も宇宙線も、それらの地球へ進行を止めることは人類にはできない」ということです。なので、心配したりするようなことではないです。
おそれたり心配するのではなく、「今は環境が変わっていく可能性がある時代にいる」ということを考えながら、準備をしたり(具体的にはどういう準備をすればいいのかわからない面もありますが)、心持ちをそのような時代に向けたりして生きていければ、それでいいのだと思います。
-------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 321476 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_321863
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
321942 太陽からの磁気嵐と地震 佐藤英幸 16/11/22 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp