もはや学校は終っている
321204 現在の日本の教育だと強制勉強の害によって愛着形成まで30年を要するかもしれない
 
佐藤英幸 HP ( 54 新潟 塾長 ) 16/10/31 PM06 【印刷用へ
高校3年生と話していて、もう一度学校へ行きたいかどうかを話してみると、インフルエンザのために希望の高校に入れずに併願の高校へ行った女子からとても肯定的な答えがあった。

中学のあの高偏差値を暗黙の目標にした校風から解放されて、いろいろな学力クラスに分かれて学ぶことが多いので無理なく授業についていけるようになる。授業に無理が無いから毎日の学校生活も楽しいし学校行事にも積極的に参加できる。そのような高校を楽しんでいる子がなぜまた塾に来ているかと言えば、通っている学校内では楽しいが、その分だけ他の高校の生徒との偏差値が広がってしまったためだ。

無理もない。高校入学からの数年間の差は大きいと嫌でも知る。しかしそれでもまた楽しい同じ高校に通いたいという気持ちは変わらない。

痛いのは、進学高校へ進んだ場合、この比較ができなくなることである。楽しい若い時代と勉強に追われる若い時代の比較。楽しい若い時代を生きて子どもを持った人は無理をさせない確率が高くなる。進学したいと申し出られれば勉強が好きなのだろうと想像し、働きたいと申し出られれば働いて楽しみたいのだろうと想像できる。つまり親になったとき自らの楽しさを基準にして見守ることができるような懐の深い親になれる。

同じ見守るにしても恐る恐る見守るのではなく、堂々と見守ることができる。そしてもし楽しいのと勉強を両立しなければならない時期に本人なりに達したら、楽しい想いをたくさん重ねてきた人は不思議と勉強を苦痛と感じないらしい。これまで大勢の社会人の生徒さん、中退の生徒さんを見てきたが、何かしら充電したあとは勉強に対する考え方が違う。

体験では現在の日本の子育て環境における必要な充電期間(愛着形成に要する期間)は平均して17年くらいであると感じます。ただしこの間に強制をした分だけ必要な期間は伸びるものと予想されますので、最長12年強制した場合は29年くらいかかります。おそらくですがこれほどの長期間になれば性と性の距離、現実と意識の距離、は相当に広がってからの修復となりその間にも心身の年齢は上がっていくので、性の距離の最接近と意識の距離の最接近は同時期が良く、強制期間0にして現実と意識の乖離を防ぐことが必要であると想います。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_321204
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
321228 子どもたちは周囲の大人がどのような人々であるかを24時間観察している 佐藤英幸 16/11/01 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp