原発
321018 「『放射線の影響とは考えにくい』とは言い切れない」〜福島の子供たちの甲状腺検査を評価する部会長が辞任〜
 
猛獣王S ( 46 東京 営業 ) 16/10/26 PM08 【印刷用へ
『「『放射線の影響とは考えにくい』とは言い切れない」・・・福島の子供たちの甲状腺検査を評価する部会長が辞任。これはおだやかじゃない。』(くろねこの短語)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
 〜前略〜
 
そんなことより、福島の子供たちの甲状腺検査だ。なんと、「県民健康調査検討委員会の委員で、子供の甲状腺検査を評価する部会の清水一雄部会長(日本甲状腺外科学会前理事長)が、検討委に辞表を提出していた」ってね。しかも、その理由が「部会長の立場では自分の意見が言えない」というからおだやかじゃない。
 
・「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表
リンク
 
福島の子供たちの甲状腺検査では、174人が甲状腺がんまたはその疑いありと診断されている。この検査結果に対して、県民健康調査検討委員会は「放射線の影響とは考えにくい」という中間報告を発表していたんだね。でも、辞任した清水部会長は、「多発は事実であり、これまでの臨床経験から考えると不自然な点もある。『放射線の影響とは考えにくい』とは言い切れない」という立場で、この中間報告には疑問を呈していたということだ。
 
つまり、専門家にとっては福島の子供たちの甲状腺異常は、けっして見逃すことのできない状況ってことなんだね。でも、「福島は安全」という国の意向を汲んだ県の検討委員会に所属していては、その事実を公にはできない。それほどのプレッシャーがかかっているってことだ。
 
甲状腺の内視鏡手術の第一人者である部会長の辞任、それも「委員会にいたら言いたいことも言えない」という理由は、かなりショッキングなものなのに、新聞・TVはまともに取り上げようとしない。それどころか、「復興オリンピック」なんて言葉に乗っかっちゃって、「アンダーコントロール神話」を甦らせようとしているんだから、何をかいわんやなのだ。
 
「放射線の影響とは考えにくい」という中間報告に異論を唱えて部会長が辞任するってことは、ようするに福島の子供たちの甲状腺異常を隠蔽しようとする動きに対するレジスタンスでもあるんだよね。福島の子供たちの健康を守る医療を確立しないと、ホント、将来ヤバイことになりますよ。
----------------------------------------------------------------
 
●『なんだ。やっぱり福島ヤバいじゃん。』(ネットゲリラ)リンクより
部分転載。
 
>折りに触れ書いて来た事なんだが、「マトモな人間ほど、原子力から離れて行く」わけだ。今回の騒動も、それを示している。甲状腺検査を評価する部会の会長が、「自分の意見が言えない」として辞表です。日本甲状腺外科学会前理事長というから、バリバリの専門家。ネットでアンゼンアンゼンと叫んでいるネトサポの何百倍も専門家w その専門家が、フクシマボカンのせいで甲状腺ガンが増えている、と見ているわけです。
 
>マトモな人間は原子力行政には関わらない。自分の金儲けや出世のためには、他人を殺しても構わないという悪人だけが、原子力大好き。時とともに、それが明らかになって行く。今回、それがまた一つ、実証された。
 
  List
  この記事は 320928 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_321018
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
323086 福島の子ども甲状腺がん多発の事実を隠蔽しようとする政府・有識者・電力会社 高嶋健太 17/01/02 PM10
323008 健康な子供たち68人が2年以内で小児甲状腺がんに 加賀正一 16/12/31 PM06
322958 福島の子ども甲状腺がん検診「縮小」にノーベル賞の益川教授らが怒りの反論! 一方、縮小派のバックには日本財団 佐藤晴彦 16/12/30 AM10
322663 急増する難病患者と流産死産、脳卒中 小平健介 16/12/20 AM01
322369 日本国民を襲う、静かにして最大の危機 前田重男 16/12/07 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp