共同体社会の実現
32086 超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/05/28 PM06 【印刷用へ
市場は、社会を統合する機能を持ち合わせていない。従って、現在でも国家が社会統合の機能を担っている。国家と云っても掴み所がないが、その実体は官吏をはじめ、国家によって肩書きを与えられた学者や教師や弁護士や税理士etcの統合階級が棲息する場or機関と考えれば良い。
しかし、市場社会では、お金こそが評価指標(=最先端価値)で、それが圧力源=活力源ともなっているのに対して、国家や国家によって与えられた身分は人々の評価指標でも活力源でもない。ただ、暴力装置(軍隊・警察)付きの圧力源として機能しているだけであるのに、なぜ国家(や身分)が未だに統合機関なのか?

それは、社会の統合の必要(実体的には私権闘争や掠奪闘争の統合の必要)は誰もが認めざるを得ないことであり、市場が統合機関になり得ない以上、国家を統合機関として存続させるしかないからである。
つまり、国家の主柱を成す力の序列⇒身分制度が表面上は無くなっても、他に代わるものがないので、これまで社会を統合してきた国家機関を、人々が仕方なく統合機関として共認することによって、統合機関としての面目を保ち、今も社会を統合しているに過ぎない。(注:国家機関の実体は上記の統合階級であり、その意味では、身分制は決して全面解体された訳ではなく、最後の身分は温存され続けている。)

しかし、私権闘争が終焉を迎えつつある今、私権闘争の止揚・統合体である国家も終焉の時を迎えざるを得ない。何ら万人の活力源とは成らず、(他に変わるものがないので仕方なく統合機関として共認されているのを良いことに)一方的に税を徴収し、従わなければブタ箱に放り込む圧力源としてのみ働く国家と言う存在は、時代のはざまに取り残された極めて異常な存在であり、本当は単なる過去の遺物に過ぎない。

従って、もし万人参加の認識形成の場(統合サイト)を中核とする新しい社会統合機構が作られ、それが統合機関として人々に共認されれば、国家は簡単に廃止(=新しい統合機構に吸収)されることになる。その際、大幅な人員の入れ替えが発生することは、云うまでもない。むしろ、全ての公務は半専任化=副業化されることになるだろう(実現論9_7_03,実現論9_7_04参照)。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_32086
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
シリーズ 認識形成の場が国家と市場を超える(3)〜『新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する』 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/02/05 PM09
244339 地方自治を考えるときに感じる違和感と、社会統合がなぜ国家であるのかという根拠 田野健 11/01/20 PM08
244281 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 三澤超洋 11/01/19 PM01
238643 「るいネット」が社会統合機構になるには? 三上香緒里 10/09/29 PM05
237211 「目は図解を見て、耳で文章を聞く」 正国稔 10/09/02 PM08
237172 新しい社会統合機構=みんなの活力源 匿名希望 10/09/02 AM03
237103 ★ネットサロンでの気付き★ 長井雅貴 10/09/01 AM00
237089 国家の終焉、そして新しい社会統合機構へ 了海 10/08/31 PM10
237081 認識形成の場がさらに多くの人に共認されれば ゆたか 10/08/31 PM10
235257 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する みのり 10/07/26 AM10
もう、プロには期待できない〜大衆による直接社会統合の可能性 5 参議院選の投票率は、一気に下がると予想される〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/07/06 PM06
233439 「可能性」を感じることの凄さ! 中村淳子 10/06/19 PM03
230449 「場」さえあれば人々は新しい可能性に収束する。 やまと 10/04/21 PM05
230442 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 10/04/21 PM02
222019 今や極めて異常な存在となった国家 匿名希望 09/12/16 AM01
221408 新しい時代の幕開けを華々しく感じる。それは認識があるから。 西田美和 09/12/06 PM11
220839 国家に代わる社会統合機構への兆し 匿名希望 09/11/29 PM08
220837 活力源の場(認識形成の場)はみんなでつくるもの K-brace 09/11/29 PM07
220820 “自らの生きる場を自らの手で築いてゆきたい”社会統合編 西村真治 09/11/29 PM03
220711 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 山名宏明 09/11/28 PM06
220639 変化に柔軟な世代=人類の適応本能の生起か? 斎藤一浩 09/11/27 PM07
215810 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 匿名希望 09/09/26 PM00
215625 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 匿名希望 09/09/23 PM00
215614 現在の国家=特権階級の異常さ Rivet16 09/09/23 AM01
215560 私権闘争の止揚・統合体である国家が現在も残っているのは何故か? TAB 09/09/21 PM10
211976 従来の国家より、みんなの共認による社会統合機構の方が可能性がある 星埜洋 09/08/01 PM00
211920 【図解】新しい社会統合機構が古い社会統合機構(=国家)を吸収・解体する。 佐藤晴彦 09/07/31 PM00
210939 大工さんも国家資格? 鍋の季節 09/07/17 AM03
210856 国家はもはや過去の遺物 ちわわ 09/07/15 PM11
205833 三権分立とは辻褄合わせの理屈でしかない わっと 09/05/04 PM10
205830 『過去の遺物である国家』を『支配の快感に溺れた特権階級』が運営するという異常事態。 大森義也 09/05/04 PM10
205825 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する コスモス 09/05/04 PM08
204318 新しい社会統合への転換前夜 斎藤一浩 09/04/14 AM01
202322 国家を潰せとは言わないのに、着実に国家離れば進んでいる時代 樫村志穂美 09/03/17 PM07
202172 何のための認識形成の場か 佐々木尊一 09/03/15 PM02
202163 国家とは強固で変わらない現実だと錯覚させられているだけ center_axis 09/03/15 AM10
202003 「国家」という方式の社会統合は妥協の産物 志水誠 09/03/12 PM11
201992 超国家超市場論17 幹図解  mossi 09/03/12 PM10
200046 「日本の国を変える」と言う主体性の有る意識は、現代日本人には希薄。 猪飼野 09/02/18 PM10
198836 「金融危機救済策」がいかに「歴史的巨額」か? center_axis 09/02/02 PM01
195527 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 国道12号 08/12/23 AM02
195371 【場】と【中身】が備わっている認識形成サイトにこそ、社会統合の可能性がある。 佐藤賢志 08/12/20 PM11
194415 社会統合機構は収束⇒統合→充足の場でなければならない! 佐藤祥司 08/12/09 AM04
192750 硬直化されてしまった国家の役割 匿名希望 08/11/20 AM10
192746 人々は信頼できる安心して共認できる統合機関を求めている jiashi 08/11/20 AM07
192649 【図解】新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 匿名希望 08/11/19 AM03
189976 国会に代わる新しい社会統合機構=認識形成サイト バスケットマン 08/10/18 AM09
189920 「収束と統合」は生物の普遍原理! 吉川功祐 08/10/17 PM08
188129 【図解】新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 麦秋 08/09/29 PM10
186957 皆の役に立つ認識を自ら生み出そうとしない統合階級に、社会を担う協働者の資格なし 麦秋 08/09/23 AM04
186068 【図解】新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 西知子 08/09/19 AM11
185799 国家延命派(市場派)に勝たなければ、新しい社会統合機構は実現しない 匿名希望 08/09/16 PM00
184730 高級官僚も所詮素人 ハリケーンミキサー 08/09/04 PM07
184714 国家は仕方なし≠ノしか共認されたことがないのでは? とみー 08/09/04 PM03
184623 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する とみー 08/09/03 PM08
184613 国家にしかたなく統合されている時代は終わる 前田一成 08/09/03 PM07
184565 国家の担う仕事を民間へ? 24H 08/09/03 PM00
182857 人気さえあれば、国家の統合機関になれる? ヨネ 08/08/06 PM10
182854 統合力を失くした国家を、マスコミ等がミスリードする⇒認識形成の場が統合役に 猪飼野 08/08/06 PM10
182851 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 山田孝治 08/08/06 PM09
182845 国家に統合機能がなくなってきたのは、外圧が変化したから 佐藤晴彦 08/08/06 PM08
182843 教師、警察官、自衛官・・・等の不祥事が増えたのなんで? R 08/08/06 PM07
182688 「実現論」が生み出されたのはなんで? こうた 08/08/04 AM00
181332 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する いっしょけんめい 08/07/16 AM03
181272 私権は本当に終焉したのか 明けの明星 08/07/15 PM04
181259 新しい統合機構を求める ふうらいぼう 08/07/15 PM00
180502 高まる社会不全に対する社会統合機構の可能性  STP 08/07/03 PM02
180467 人々が統合機構をしかたなく認める判断根拠はどこから来るか 志水満 08/07/02 PM09
180449 国家と市場の現実から新しい社会統合機構のあり方を考える。 近藤文人 08/07/02 PM04
180433 国家を成立させるものは何か?−「国家」と言う騙し 斎藤裕一 08/07/02 PM00
179082 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 西田美和 08/06/13 AM03
179021 真っ当な共認圧力が働かなければ統合機関は変わらない 坂本日出夫 08/06/12 PM03
178972 国家の主要な構成員の中央官僚がバッシングされる時代 岸良造 08/06/11 PM10
178968 国家は何処へ進もうとしているのか、最早解明は不可能 今井勝行 08/06/11 PM09
178966 国家の機能は本当は、もっとずっとスリムでいいのかもしれない 星埜洋 08/06/11 PM09
178947 国家は必然的に終焉する 野田雄二 08/06/11 PM06
177709 万人が参画する社会を築くには 岩井裕介 08/05/28 PM04
173955 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 浅見昌良 08/04/11 PM06
173938 国家に替わる統合体実現は必然 新川啓一 08/04/11 AM10
173885 政治へのあきらめムードは、国家という旧観念を超えるための土壌 HAYABUSA 08/04/10 PM05
173731 皆が収束する場が統合機構になる 匿名希望 08/04/08 PM05
173724 新しい社会統合機構が必要なわけ 匿名希望 08/04/08 AM09
173721 超国家・超市場論17を読んで  桑村佳直 08/04/08 AM05
171480 国家終焉の後、ルールはどうなる? やまと 08/02/25 PM03
170818 新しい統合機構のイメージ わっと 08/02/13 PM08
170816 お上(カミ)のお墨付きも無効化=国家の解体過程 斎藤一浩 08/02/13 PM08
170216 > 超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 寺嶋眞一 08/02/02 PM09
170179 今の国家は社会統合を押しつけられている 向芳孝 08/02/02 AM05
170177 若者の国家公務員離れは、統合官僚という最後の身分制崩壊の前触れか 庄恵三 08/02/02 AM03
170139 他に良い方策(妙案)があれば・・・喜んで・・・共認する R 08/02/01 PM07
170136 【幹図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 澤根和治 08/02/01 PM05
169843 社会の統合は必要。しかし、現在の国家は何をなし得たか? 08/01/28 PM00
169840 中身がないので過剰な演出をする選挙活動 孫市 08/01/28 AM11
169103 新しい法律を作って統合しようとしても… ささみ 08/01/15 PM10
169088 【幹図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 西麻美 08/01/15 PM10
168311 地方分権化が推進されいる中で独自路線を歩む町 八代至誠 08/01/01 PM06
167715 国家と市場の関係はどうなってる? わっと 07/12/24 PM08
167699 地方分権化から見えてきたこと 八代至誠 07/12/24 PM03
167666 「共認形成が社会を造る」が原点 匿名希望 07/12/23 PM09
166117 誰もが参加できる政策提言のサイト ちわわ 07/11/29 PM00
158256 『それがどうして悪いんですか?』、という認識のおかしさ Silentservice 07/08/04 PM07
158255 なら、自ら創るのみ! 谷光美紀 07/08/04 PM07
158254 暴力装置に代わる圧力って? サクラ 07/08/04 PM07
158198 【幹図解】新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 宮崎未帆 07/08/03 PM11
157044 適切な活力源を生み出すことが重要 熊澤敬輔 07/07/17 PM08
157032 万人参加の認識形成の伏流 鈴木康夫 07/07/17 PM04
157005 【図解】新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 本田真吾 07/07/16 PM11
156986 当たり前の意識 米澤祐介 07/07/16 PM05
154108 なぜ国家(や身分)が未だに統合機関なのか? チウエ* 07/06/11 PM05
154052 全ての変革の原動力 永峰正規 07/06/10 PM08
152810 現状の評価制度では活力は衰弱し続ける 磯貝朋広 07/05/27 PM07
147508 新しい社会統合機構のカタチ 松井英仁 07/03/19 AM00
147073 辛うじて選挙で正当化している統合機関 馬場康一郎 07/03/13 PM09
146897 給食費不払いも国家が強制力によってしか統合できなくなってきた事例 新井重雄 07/03/10 PM03
144622 国家の役割▽→特権階級の活動△ パンダマン 07/02/10 PM09
144597 『国家=圧力源≠活力源』という存在 ギニュー特戦隊 07/02/10 PM03
144569 今や国家というだけでは統合機関になりえない?? STP 07/02/10 AM11
144566 もはや国家から与えられた〈最後の身分〉を共認する必要はない 志水満 07/02/10 AM10
144561 身分とお金 越見源 07/02/10 AM08
144559 答えを提示できない国家では、次代は創れない。 バスケットマン 07/02/10 AM07
144557 活力衰弱を引き起こす身分観念 斎藤裕一 07/02/10 AM05
144551 『ブタ箱に放り込む圧力源としてのみ働く国家』にかわる社会統合機関の形は? 近藤文人 07/02/10 AM02
144541 社会は人々の共認で変わる! 吉岡由香里 07/02/10 AM00
142890 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 前上英二 07/01/20 PM07
140939 ’国家が廃止、新しい統合機構に吸収される’って、どんなイメージ?? 山田純子 06/12/23 PM10
140666 【図解】超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する 小林千春 06/12/20 PM11
140409 社会統合の必要性と人々の活力がイコールになる ハイネケン 06/12/17 PM05
140379 統合する能力がないのなら国家廃止 久保田彰子 06/12/17 AM07
『新しい社会統合機構』って?『認識形成の場』って? 「斎藤姉弟の喜怒哀楽な日々★田舎っぺ日記★」 06/12/04 PM09
『新しい社会統合機構』って?『認識形成の場』って? 「斎藤姉弟の喜怒哀楽な日々★田舎っぺ日記★」 06/12/04 PM09
139228 国家は一部の統合階級が棲息する場 かなめんた 06/12/04 AM01
139190 もはや国家ができる事は、圧力装置の捏造のみ? たっぴ 06/12/03 PM02
136497 国家の統合様式:「力の序列→身分制度」、今は? 布田貴士 06/11/04 PM07
136481 【図解】超国家・超市場論17 小澤紀夫 06/11/04 PM04
136475 国家という名の犯罪組織 酒井俊弘 06/11/04 PM03
136467 共認時代の国家に評価指標がない・・ 村上祥典 06/11/04 PM01
132855 【図解】超国家・超市場論17から  新しい社会統合機構必要な訳はシンプル。 野田晋一郎 06/10/02 PM04
132854 国家の成立基盤はどこにもない 立石裕美 06/10/02 PM03
132842 国を支えているのは万人の活力 阿部和雄 06/10/02 PM01
132835 市場が社会を統合できない訳 コータロー 06/10/02 PM00
132834 市場開放を謳う政治家は統合者ではなく破壊者である。 ニカ&その仲間たち 06/10/02 AM11
132698 社会統合はみんなで担うもの ヘッドフォン 06/09/30 PM11
131486 超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する【図解】 田宮昌明 06/09/21 AM02
131395 社会統合機構をつくるとシンプルになる! 斎藤直 06/09/20 AM01
131256 国家機関などそろそろ見切り時 浅野信夫 06/09/18 PM03
131230 国民が参加する裁判官制度は半専任の統合機関の萌芽の事例になるか 井上光利 06/09/18 AM04
131223 「国家ありき」からでは、可能性のある社会は登場してこない。 匿名希望 06/09/18 AM01
131185 「超国家・超市場論17」 図解 浅見昌良 06/09/17 PM09
131184 今の国家では昨今の社会問題は解決できない 浜永良成 06/09/17 PM09
130193 「超国家・超市場論17」図解化 安藤太地 06/09/07 AM11
100062 官からみんなへ 小松由布樹 05/10/30 PM08
93669 国家ってなに? とみー 05/06/30 PM10
88387 「国家」は「単なる過去の遺物」 中瀬由貴 05/04/04 PM11
32571 社会統合課題は「仕事」というより「喜び」。 足立晴彦 02/06/02 AM04
32490 「必要だけど、評価されない」統合機関 中野恵 02/06/01 PM08
32461 公務員の要らなくなる社会 田野健 02/06/01 AM01
32371 資格に対する意識潮流の変化 阿部和雄 02/05/31 AM01
32336 可能性を創造する社会 笠原光 02/05/30 PM10
32321 新しい社会統合機構 上山昇良 02/05/30 PM09
32305 お金の使い方として一番ムダなのが税金 端野芳 02/05/30 PM05
32291 新しい社会統合の形態は真の民主主義の実現体 匿名希望 02/05/30 PM01
32285 本当に無参加なのだろうか 匿名希望 02/05/30 PM01
32264 共認内容が変われば社会は変わる〜例えばインフラ整備 匿名希望 02/05/30 PM00
32219 『国家も終焉の時』を感じた報道から 本田真吾 02/05/29 PM10
32214 この時期になると思うこと 松尾茂実 02/05/29 PM10
32212 選挙権はまやかし 斉藤直 02/05/29 PM10
32194 クチコミサイト<るいネット 伊澤直人 02/05/29 PM05
32187 国家がないと不安になる アイスクリーム 02/05/29 PM01
32156 評価圧力がかからない統合機関 磯貝朋広 02/05/29 AM00
32154 本当の構造改革 田野健 02/05/29 AM00
32152 私権闘争の終焉は国家間まで見据える必要がある? 田野健 02/05/29 AM00
32123 潮流は場に参加する事 今井勝行 02/05/28 PM11
32111 超国家、超市場の場 山田真寛 02/05/28 PM10
32099 国家が過去の遺物であることが、鮮明になりつつある 村田貞雄 02/05/28 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp