共認運動をどう実現してゆくか?
32085 超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/05/28 PM06 【印刷用へ
認識形成の『場』の構築とは、人(ひと)欠乏や認識欠乏を顕在化させ、人々の新しい活力源を作り出す活動であると同時に、人々の協働活動と評価共認に基づく、全く新しい社会統合機構を作り出そうとする活動である。
しかも、それは人類の新たなまつり場であり、そこでは『場』に参加することが、そのまま『場』を構築することになる。云い換えれば、『場』に参加するだけで、『場』の構築という事業の立派な協働者となる。従って、人々が次々と『認識形成の場』に参加するだけで、国家に変わる新しい社会統合機構(の中核)が構築されてゆく。

それは、自分たちでゼロから着実に新しい『場』を構築してゆく運動であり、従来の国家や市場に要求するだけの「社会」運動とは全く位相を異にしている。旧体制(国家と市場)自身が行き詰まって終った今、国家や市場に要求しても事態を悪化させるだけであり、その様な欺瞞的な社会運動は早晩旧体制と運命を共にすることになるだろう。

それより、新しい社会統合機構が出来れば、旧体制とりわけ国家そのものはどうなるのだろうか?まず、現状の国家の存在基盤を見てみよう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_32085
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
243872 共認運動は何が新しいのか?〜顕在化という新しさ〜 yuyu 11/01/12 PM05
243861 【幹図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 玉川泰行 11/01/12 PM00
243859 共認運動は何が新しいのか?〜協働という新しさ〜 田野健 11/01/12 AM08
236792 要求(否定)していても何も変わらない 杉山直之 10/08/26 AM02
234562 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 さくらんぼ♪ 10/07/12 PM06
221972 「場」に参加するとは かなめんた 09/12/15 PM00
220888 形骸化された寄り合いから、次なる可能性へ 汚れなき男 09/11/30 PM01
220845 認識形成の場に参加することの充足感から国家に変わる社会統合機構の構築へ♪ みかん 09/11/29 PM09
220737 露店での充足体験⇒人・認識欠乏へ☆ カナ∩^ω^∩ 09/11/28 PM10
220736 充足活動に参加。 長井雅貴 09/11/28 PM10
220311 「人欠乏」と「認識欠乏」⇒「集団の形成」⇒「新理論の勉強」⇒「みんな充足」 K-brace 09/11/22 PM00
220197 あたらしいまつり場の芽 わっと 09/11/21 AM03
220195 社会の始まり 川井孝浩 09/11/21 AM02
220183 現在の要求運動はごく一部の人たちによる要求でしかない 山名宏明 09/11/21 AM00
220171 学生の就活サークルに見る可能性 斎藤一浩 09/11/20 PM10
217313 危機的な国家財政や人々の過剰依存から脱皮して、新しい社会を創出するしかない。 今井勝行 09/10/16 AM00
217251 新たな社会統合機構が国家を再構築する 星埜洋 09/10/15 PM01
217245 社会統合の理想は「人民の人民による人民のための政治」 岸良造 09/10/15 AM11
217191 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 坂本日出夫 09/10/14 PM06
213356 『場』に参加するだけで変わっていく!? 西村真治 09/08/22 AM01
213346 社会運動・要求運動の末路=ストライキの消滅 斎藤一浩 09/08/21 PM11
213272 ただ素直に応えていくだけ… ゆずりょくちゃ 09/08/20 PM10
205128 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 中瀬由貴 09/04/24 PM11
203216 ひとびとに「場」への参加を促すための2つの条件 ryujin亭 09/03/31 AM00
203207 答は自分たちでしか出せない。 向芳孝 09/03/30 PM10
203176 企業献金問題なんかどうだって良い 斎藤一浩 09/03/30 PM00
200494 みんなが場に参加することによるネットワーク化こそが、社会統合機構を創って行く 佐藤晴彦 09/02/24 PM05
200039 自分と向き合う、ストレス解消の為のブログ!? ヨネ 09/02/18 PM09
200031 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 R 09/02/18 PM07
198794 『場』に参加するだけで、『場』の構築という事業の立派な協働者となるのはなんで? かなめんた 09/02/01 PM06
195045 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 川井孝浩 08/12/17 AM07
194973 国際的な制覇力も「認識」となる。 佐藤賢志 08/12/16 PM01
194783 熱狂的再征服(レコンキスタ) (´・∀・`) 08/12/13 PM10
193805 何事も発信する事=自分もみんなも活力UP ふるてぃ 08/12/02 PM06
191218 マスコミの危機感を煽るだけの論調に騙されない! 匿名希望 08/11/01 PM02
188326 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 太田弥 08/10/01 AM11
188164 るいネットに参加=社会を統合 U-KI 08/09/30 PM00
188135 『場』に参加すること アイスクリーム 08/09/30 AM00
185792 社会統合機構は、評価指標と活力源の二つがいる。 たっぴ 08/09/16 AM10
182697 『場』に参加するだけで、『場』の構築という事業の立派な協働者 彗星 08/08/04 AM02
182681 欺瞞的な社会運動の終焉 志水満 08/08/03 PM10
182671 「ゼロから、自分たちの『場』を作る活動」が可能という突破口の提示。 近藤文人 08/08/03 PM09
182622 こっちに参加しよう♪ みに とまと 08/08/03 AM00
180559 『場』に参加するという意味 彗星 08/07/04 AM08
180463 『場』に参加する“だけ”で協働者となれる?! こうた 08/07/02 PM08
173920 市場は統合機関と成り得ない!! 竹田翔 08/04/11 AM00
173055 場=共感する場所 多田奨 08/03/26 PM10
171795 認識形成の場により観念で危機を捉えられるようになった。 岸良造 08/03/02 PM01
171792 「後期高齢者医療制度」は、行き詰まった国家への要求がもたらした事態悪化の極み 菅原正輝 08/03/02 PM00
171789 新たな社会統合機構構築の機は熟している 星埜洋 08/03/02 AM10
171774 【幹図解】 超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 山本豊 08/03/02 AM01
171733 従来の「参加」と、『場』をつくることへの「参加」 佐藤晴彦 08/03/01 PM07
169801 新たな「まつり場の形式」に参加することで「まつり場」になる 井上光利 08/01/27 PM04
169793 人々の活力上昇と未来への期待=まつり場 八代至誠 08/01/27 PM02
169790 比べようもない活動 浅野信夫 08/01/27 PM00
169776 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 浅見昌良 08/01/27 AM07
169318 『場』に参加するだけで立派な協働者とは、、 向芳孝 08/01/19 PM07
167267 「やりたいこと」から「やるべきこと」へ 田中直人 07/12/17 PM03
152636 評価指標の形成の場 07/05/25 PM11
147538 参加することの意味 長谷暢二 07/03/19 PM04
146635 全ての活動に「参加する」 木橋哲夫 07/03/07 PM07
146633 「まつりの場」は皆との一体感を感じ、楽しくて活力が出る場。 新井弘 07/03/07 PM06
146622 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 R 07/03/07 PM02
146621 要求だけの社会運動は、社会の統合軸=要求の中身が鮮明だったからこそ成立し得た運動 山田孝治 07/03/07 PM02
146616 古い社会統合機構を作る活動と、新たな社会統合機構を作る活動 佐藤晴彦 07/03/07 PM01
146109 「場」に参加するとは、活力の加圧サイクルに飛び込むということ 橋田和弘 07/03/01 AM10
145435 目先課題も実は人類課題とつながっている 志水満 07/02/21 PM01
145129 変革から創造へ 永峰正規 07/02/17 AM01
145090 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 加来野浩史 07/02/16 PM07
143482 評価を行うには、真偽を判断するまっとうな認識が必要 パンダマン 07/01/27 PM02
143481 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 西村秀彦 07/01/27 PM01
143477 ブログによる発信から「まつり場」形成へ ギニュー特戦隊 07/01/27 PM00
143454 『場』に参加=『場』の構築(新たな社会統合機構の実現理論の核心) バスケットマン 07/01/27 AM05
143211 2ちゃんねる被害者連合は何も残せない 坂本日出夫 07/01/24 PM09
143205 今が、「認識形成の場」構築の好機 星埜洋 07/01/24 PM08
143197 【図解】認識形成の場を作る活動 今井勝行 07/01/24 PM07
141221 自分たちで「新しい統合の場」をつくる時代 麻丘東出 06/12/29 PM01
139135 るいネットへの投稿は「自分たちの社会を作る」こと 春風 06/12/02 PM10
138025 【図解】ゼロから自分たちの『場』を作る活動 橋口健一 06/11/20 PM09
137967 従来の社会運動と全く違う位相って? かなめんた 06/11/20 AM00
137939 まつり場には「みんな」と「答え」の両方がある。 清水志保 06/11/19 PM06
133064 だから現実否定してても何も変わらないんだ! 嶺山志保 06/10/04 PM01
133060 「場への参加」から「場づくりへの参加」 前上英二 06/10/04 PM00
133055 認識〜共認形成の『場』に参加することが、新しい活(圧)力を生み出す第一歩 平野令 06/10/04 AM11
133044 【図解】超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動 鈴木康夫 06/10/04 AM08
129731 どっちへ進むか 浅野信夫 06/09/01 PM09
129725 社会不全の解消する近道 井上光利 06/09/01 PM08
129693 マスコミに浸りつづけると期待・応望に向かう気持ちを忘れる 浜永良成 06/09/01 PM01
自分たちで創っていく 「るいネットを応援しようじゃないか」 05/05/12 AM00
32676 『場』に参加することに意義がある!! 大土裕子 02/06/04 PM00
32462 場に深く関わることが成長の始まり。 阿部紘 02/06/01 AM01
32368 ゼロから『祭り場』を作り出すということ。 細田卓司 02/05/31 AM00
32334 小さなグループから始めてみます 菅亜紀子 02/05/30 PM10
32307 脱市民運動、脱正当化 佐々木健二 02/05/30 PM06
32259 「社会」運動が欺瞞なわけ 藤岡聖子 02/05/30 AM11
32250 忘れ去られた感覚を呼び覚ます 西谷文宏 02/05/30 AM01
32249 ネットがもたらす可能性 辻一洋 02/05/30 AM01
32228 一つの参加活動が、全てを統合する。 近藤文人 02/05/29 PM11
32182 新たなやりがい、活力 高利 02/05/29 PM01
32173 『認識形成の場』は『国家』や『市場』より遥かにシンプル 土山惣一郎 02/05/29 AM08
32172 実現性と充足感が認識形成の場の利用価値を高める! 藤本正義 02/05/29 AM05
32160 やっとみんなが認識形成に参加できる! 上平貴昭 02/05/29 AM01
32112 人類史上初の社会の実現 山本士峰 02/05/28 PM10
32092 『場』に参加することが『場』の構築 浦野てる代 02/05/28 PM08
32091 「ネットワークによる社会統治」という壮大な人類の実験 阪本剛 02/05/28 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp