近代市場の拡大
320844 サラリーマンの起源は?〜サラリーマンの最初は「士族サラリーマン」〜
 
大越菜央 ( 26 神奈川 会社員 ) 16/10/22 AM01 【印刷用へ
学校を卒業して会社員になる。今では当たり前のことです。
しかし昔は当たり前ではありませんでした。
サラリーマンという職業が生まれたのは、長い歴史から見ればつい最近のことです。

場所に縛られ、時間に縛られ……とサラリーマンという職業を窮屈に感じている人もいるかもしれません。
しかしサラリーマンの原型が最近できたことを知れば、もっと自由な発想で新しい働き方ができるかもしれない。

サラリーマンの起源について、探ってみたいと思います。
以下、リンクより引用。

-------------------------------------------------------

■1872-1873: サラリーマンの起源は役人(士族サラリーマン)
サラリーマンを俸給生活者と定義するならば、サラリーマンの起源は、元サムライの士族に遡る。明治維新後、刀を失ったサムライ(当時の社会階層としては、インテリ層に属する)は知恵で身を立てようとする。サムライとしての身分を失って、士族となった彼らは、固定給で生活する、官吏、官員、教員、巡査、銀行員となった。この”士族サラリーマン” と成松らがよぶ階級が現れ始めたのが、明治5-6年 (1872-3)のことである。もっとも、当時は「サラリーマン」という日本語は存在しない。また、その人口は微々たるものであり、厳密には社会階層と呼べるほどの存在ではなかった。

■1892-1896: 実業界におけるサラリーマンの登場
その後、日本は日清戦争(1894-1895)の勝利を経験し、軽工業を中心に産業革命を果たす。工業化に伴い、民間企業の数が増大し、明治20年代後半(1892-1896)、初めて大学/高専卒者が会社銀行員となって、実業界に巣立っていった。現代的な意味の、産業的/商業的サラリーマンの誕生である。ただし、この頃の会社、銀行では、大学卒は役人なみの待遇を受けていた。

■1894以後: サラリーウーマンの登場
 明治27年(1894)、三井銀行の大阪支店が、日本で初めて女性事務員を採用した。細かく正確な事務作業は、男性よりも女性に適性があるという認識が当時からあった。当時の会社事務員は、エリート階層としてのサラリーマンと接触できるということから、女性にとって憧れの職業であった。

■1904-1918以後 : 社会階層としてのサラリーマンの成立
その後、日露戦争(1904-1905)を経て、第一次大戦(1914-1918) までで、日本資本主義経済は発展し、会社銀行員と官公吏を二大グループとするサラリーマンの急激な増加をもたらすことになった(官庁統計: 俸給所得者数 5.6%(1908) –> 21.4%(1920))。これをもって、人口の上でもサラリーマンが社会的階層として成立したといえる。

■1912前後: サラリーマンの大衆化、階層化の始まり
特に明治末から対象初めにかけて(1912前後)、中学校卒者の男女事務員が大量にサラリーマン層に進出した。さらに、中小地主、小商人、中小工業者などのいわゆる旧中間層の子弟があらたにサラリーマンの予備軍として登場した(非士族サラリーマンの登場)。好景気に裏打ちされたサラリーマンの増加に伴い、サラリーマン層内部における階層構造が出来上がった。サラリーマンの大衆化の始まりであり、サラリーマンの社会的位置づけはより現代のそれに近づく。ただし、当時の最下層のサラリーマンの窮乏の状況は現在と比較にならないほど深刻であり、ストライキや、その後の不況を経験し、サラリーマンの組織運動へと繋がってゆく。

----------------------------------------------
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_320844
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp