国債経済とその破綻(大破局の予感)
320349 多くの専門家が最後の警告。リーマンショック以上の危機が始まる日
 
蒔田一雪 ( 壮年 ) 16/10/08 PM11 【印刷用へ
マスコミの報道がほとんどないので、普段の生活では感じられませんが、世界経済が相当“ヤバイ”状態になっているようです。米国債暴落については、以前から報じられてきましたが、どうも中国経済が“トリガー”になりかねないとのこと。

以下、リンク から表題記事の転載です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■史上最悪のバブル崩壊が迫る???
アメリカの著名なアナリスト、マイケル・ペントさんは、「史上最悪のバブル崩壊が迫る!!!」と警告しています。
*******************
「史上最悪のバブル崩壊迫る」米著名アナリスト、ペント氏が警告
ZUU online9月26日(月)16時10分配信
ウォールストリートの米著名アナリスト、マイケル・ペント氏が「史上最悪のバブル崩壊」を警告した。
*******************
ええ!? 「史上最悪のバブル崩壊」って、08年から始まった「100年に1度の大不況」よりひどいのでしょうか?

*******************
2008年のリーマンショック後、強引な景気押しあげを狙った中央銀行が作りだした巨大なバブルが弾け、「すべての資産価値が暴落する」「リーマンショックがただの予兆であった」と悲観的な見解を示した。
(同上)
*******************
「強引な景気押しあげを狙った中央銀行が作り出した巨大なバブル」とは、世界中で行われている「金融緩和」のことです。

*******************
世界的な金融緩和政策で大量の紙幣が循環し、政府や企業の債券あるいは債務が膨張。低金利によってますます値上がりする債券価格とは対照的に、利回りは最低水準にまで落ちこんでいる。
この状態で「買い」に歯止めがかかれば、当然ながら債券価格の上昇は頭打ちする。その先に待ち受けているのは、リーマンショックをはるかに上回る規模の経済危機だ。
(同上)
*******************
要するに「金融緩和バブル」がはじけると、「リーマンショックをはるかに上回る規模の経済危機」に発展すると。

ペントさんは、「リーマンショックをはるかに上回る危機」がどのくらいの可能性で起こると考えているのでしょうか?

*******************
ブレーキがかかるどころか崩壊に向かって加速しているとしか思えない世界経済を目の当たりにし、「悲観的な状況だ。持ちなおすのは不可能だろう」と、秒読みにはいったバブル崩壊に最後の警鐘を鳴らしている。
(同上)
*******************
「持ちなおすのは不可能」だそうです。確信をもって、「リーマン以上の危機がくる」といっています。


■中国経済が最大の脅威
ハーバード大学のロゴフ教授は、もっと穏健。それでも、「世界経済に危機が迫っている」ことを警告しています。危機の震源地は、中国になる可能性が高いと。私もそう思います。

*******************
中国経済の減速が最大の脅威 ロゴフ氏インタビュー
BBC News9月26日(月)18時34分配信
国際通貨基金(IMF)の元チーフエコノミスト、ケン・ロゴフ氏は中国経済の減速が世界経済にとって最大の脅威だとの考えを示した。BBCとのインタビューで述べた。
*******************

*******************
ロゴフ氏は、世界の経済成長のけん引役のひとつである中国経済が「ハードランディング」する可能性が全くないとは言えないと語った。同氏は、「中国は現在、大きな政治的革命のさなかにあり、経済の減速は公式な統計が示すよりもずっと大幅だろう」と述べた。
(同上)
*******************
「ハードランディングする可能性がまったくないとはいえない」そうです。
ソロスは、もっと露骨。今年1月時点で、「中国のハードランディングは不可避」と断言しています。

*******************
[ニューヨーク 21日 ロイター]
米著名投資家のジョージ・ソロス氏は21日、中国経済がハードランディングし、世界的なデフレにつながる恐れがあるとの見通し示した。
ソロス氏は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が開催されているスイス・ダボスからブルームバーグTVに対し、「ハードランディングは不可避」と言明した。「これは予想ではなく、実際に目にしていることだ」と述べた。
*******************
ソロスさんについては、賛否両論ありますが。この方は、リーマンショックが起こる8か月前に、「現在の危機は、ドルを国際通貨とする時代の終焉を意味する」と発言し、アメリカ発「100年に1度の大不況」勃発を予言しました。また04年時点で、アメリカの没落を予測していた。ですから、かなりアテになるのです。

中国経済の減速、ドイツ発の欧州危機。さまざまな専門家が、「世界的経済危機が迫っている」ことを警告しています。私的には、今の状態は、ちょうど10年前の06年ぐらいに似ているのかなと感じています。

07年にサブプライム問題が顕在化し、08年に世界的危機に発展していった。昔からの読者さんはご存知のように、RPEは、05〜06年時点で、

「アメリカ発の危機がくる」
「中国は、08〜10年に来る危機を乗り切る」
「中国は、18〜20年に再び危機になる」

と書いてきました。アメリカは予想通り没落し、中国は危機を乗り越え独り勝ち状態になりました。

中国は、AIIB事件が起こった去年3月時点で、「世界経済唯一の希望」でした。しかし、今年はもう「世界経済のお荷物」になっています。

いずれにしても世界経済に暗雲が漂いはじめています。過度に恐れる必要はありませんが、心の準備とできる対策を始めておきましょう。
 
  List
  この記事は 320241 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_320349
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
321184 世界の予言2016年〜2017年 匿名希望 16/10/31 AM00
320759 株価暴落の前兆!!本日以降注意!!〜ブラックマンデー前に酷似〜 猛獣王S 16/10/20 AM11
320501 中央銀行バブルの終焉 猛獣王S 16/10/13 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp