日本を守るのに、右も左もない
319353 3・11事件はなぜ起きた?~日本の政治黒幕はアメリカとヨーロッパの富豪たちである
 
志水満 ( 60 大阪 会社員 ) 16/09/08 AM02 【印刷用へ
ソニーは誰でも日本の企業だと思っていますが、Standard Oil of New York の頭文字をとって出来た名前なのです。Standard Oil of New York というのはもちろんロックフェラーのことです。
日本の政治黒幕はアメリカとヨーロッパの富豪たちである

日本の裏を知って311を知るより以下引用です
3・11事件はなぜ起きた?
リンク
Posted on 2011年8月4日

日本はロックフェラーとかイギリス王室の毒牙から決してのがれてはいません。

第二次世界大戦終了直後、マッカーサー元帥ひきいるアメリカ軍は、CIA(当時は、OSS)のエドワード・ランズデールと共に日本を統治しに日本に来たのです。当時、日本には、鉄道組合とか学生組合とかあったのですが、組合はもちろんその他の国民もみんな、戦争が終わって自由な国になれると喜んでいたのです。

アメリカの手によって1000年続いた天皇統治の脅威から抜け出せると思ったのです。

日本には東南アジア12ヶ国と中国か ら巻き上げた莫大な埋蔵金がありました。それはロンドン銀行でさえ世界中にこれほど金が存在したの かと驚くような量でした。これは山下財宝と言われていますが、この山下財宝がどうなったかは、「Gold Warriors: America’s Secret Recovery of Yamashita’s Gold」という本に書かれてあります。そして、その山下財宝をどのようにしてアメリカが手に入れたかまで書いてあります。

この多額の富はふたつに分けられまし た。アメリカが取るだけとったあとの残りは、日本の戦後復興のための資金にあてられました。そのお金は第二次世界大戦の戦犯に渡されました。日本の政党をたちあげ、政治体制を 整えることをその戦犯たちに任命したのです。

こうすることによって、日本の政治家が、イギリスやオランダ王国のパートナーであることになったわけです。その人たちを使って、今でもイギリス系やオラン ダ系の財閥が日本の政治を動かせるのです。

例えば、ロックフェラーをとってみましょう。ソニーは誰でも日本の企業だと思っていますが、Standard Oil of New York の頭文字をとって出来た名前なのです。Standard Oil of New York というのはもちろんロックフェラーのことです。

ロッ クフェラーは原爆で放射能がかなり強い時、広島と長崎を、ただ同然のお金で買い上げ、町を建て直したのです。

広島と長崎はいまだに放射能が高いのです。私は、ローレ ンス・リバーモア国立研究所で働いたことがあります。ある日、研究所に石がおいてあるのに気がついたのです。私はその石がどこからきたものなのか気になりました。

私が その石の出所を聞きますと、「今も3ヶ月か6ヶ月に一度広島と長崎に科学者を送るのだが、そのたびにサンプルを持ってくるのだ」という答えが返ってきました。つまり、広島も長崎も、 まだ放射線のレベルが高いので研究を続けているのだというのです。もちろん原爆被害者も彼らの研究材料なのです。

それは、1991年のことでした。毎年、原爆で苦しむ人たちとその放射能の強く残る広島と長崎の町を調べて続けている んです。1945年からですよ。

つまり、1945年に開始した、広島、長崎に於ける大量虐殺の進行度合いをいまだに綿密に追い続けて記録し続けているということなのです。

(ローレン・モレ)
引用終わり 
 
  List
  この記事は 318626 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_319353
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp