人工物質の脅威:大気・水・食品
318672 犬の精子が26年間で激減、原因は市販のドッグフード?
 
深ヰ紫 16/08/20 PM10 【印刷用へ
 「少子化の元凶は化学汚染。大学生の97%が不妊レベルまで精子激減 308751 」を裏付けるニュースが米国で報じられています。

人間だけでなく犬の精子が減っていることは、同じような製造プロセスで作られているモノを食べているのであれば当然と言えます。

「ペットフードの話でしょ」と思ったあなた。米国のペットフードは人間の食品と全く同じレベルで規制されているんです。(一方、日本には規制自体がありません)

で、「激減」とはどの程度減っているのか、記事でははっきり書かれていません。

>1989年から1998年にかけては毎年2.5%ずつ、2002年から2014年にかけては毎年1.2%ずつ、犬の精子は減っていきました。

この文章から計算してみると、23年間で、64.8%にまで減っている結果になりますね。

なお、補足しておくと、文中にある「フタル酸ビス」とは塩化ビニルの製造に使われる物質、「ポリ塩化ビスフェノール」とは悪名高いPCBのことです。

以下、GIZMODO リンク より転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライでもウェットでも、問題の物質を含むものがあるみたいです。

犬の生殖能力が明らかに低下しているという研究結果が発表されました。原因として考えられるのは、ある種の化学物質を含むペットフードです。さらに心配なのは、人間の男性にも同様のことが起きているかもしれないということです。

Nature Scientific Reportsで発表された論文で、ノッティンガム大学のRichard G. Leaさん率いる研究チームは、オス犬の精子の質がこの26年のあいだで劇的に低下していることを示しました。研究チームはまた、いわゆる「環境ホルモン」とされる化学物質が成犬の精子や睾丸、そしてメジャーなドッグフードから検出されたことを報告しています。

「これはオス犬の生殖能力低下が報告される初めての事例で、我々はこれを環境汚染によるものだと考えています。ドッグフードや、犬の精子や睾丸でも汚染が見つかっています」と、Leaさんは語っています。また、「関連性を判断するためには研究をより深める必要がありますが、犬に起きていることは、人間にも起きているかもしれません。犬は我々と同じ環境にいて、同じような病気を同じような頻度でわずらい、治療にも同じように反応します」

Leaさんたちが調査したのは、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、カーリーコーテッド・レトリーバー、ボーダーコリー、ジャーマンシェパード、5犬種の種犬数千頭。彼らは26年間にわたって毎年42〜97頭の精子を採取し、精子の数が着実に減っていることを明らかにしたのです。

1989年から1998年にかけては毎年2.5%ずつ、2002年から2014年にかけては毎年1.2%ずつ、犬の精子は減っていきました。ちなみに遺伝的な要素は精子減少の原因ではないとされています。

さらにこれらのオス犬の精子からできた子犬では、停留精巣という異常を持つ確率が高くなっていました。犬でも人間でも、胎児のときに精巣がお腹の中から陰嚢に降りてくるんですが、それが途中で止まってしまうのが停留精巣です。

Leaさんたちがオス犬から集めた精子を分析したところ、フタル酸ビス(DEHP)とかポリ塩化ビスフェノール153(PCB153)といったいわゆる環境ホルモンが含まれていました。その濃度は、論文によれば「他の動物で生殖機能を混乱させることが証明されているレベル」にまで達していたそうです。

そんな物質が、いろんな種類の一般的なドッグフードからも、同様に高い濃度で検出されています。ウェットフードでもドライフードでも子犬用でも関係ないようです。

他の研究では人間の男性でも精子の質が下がっていることが示されていますが、因果関係はまだ証明されていません。Leaさんいわく、この研究は犬の精子の質低下と環境の関係、そしてその環境の人間に対する影響についての問題提起なんです。

(以下略)

 
 
  List
  この記事は 308751 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_318672
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp