もはや学校は終っている
318456 “じっくり考えたい”子どもに、“早く理解させたい”大人
 
大畑とし子 ( 34 大阪 母 ) 16/08/16 PM02 【印刷用へ
10歳の長女が、「塾の勉強やママの問題はめっちゃ面白いのに、学校の勉強が最近面白くない」とこぼしていました。
どんどん勉強が嫌になっている友達も増えてきているそうで、長女は教科書や今の担任の先生のやり方が原因ではないかと考えているようです。

長女曰く、
「勉強って、いっぱい考えて頭使って、今まで知らなかったことを知れたり、もっと簡単に解ける方法を見つけたり、知ったことを組み合わせて新しいことを発見したり、友達と協力して難しい問題に挑戦したり、自分だけじゃ考えつかなかったことを友達と思いついたりする『やったー!』って感じがめっちゃ楽しいから好きやねん。」

「でも、学校の勉強は、教科書やプリントの隣や下にすぐ答えが書いてあって、視界に入ってくるから一から考えようとしてるのに邪魔やし、そもそもみんな一所懸命考えてるのに時間が来たらすぐ先生が答えや解き方を言ったり、わからんくて考えてる人にすぐ『もう答え見ていいよ、次は早く解けるよう解き方を覚えなさい』って言うねん。そんなん面白くないし、それでみんな勉強が面白くないって思うようになったらもったいないのに。」

「ママ、よくお仕事しながら何回も書き直したり考えたりしてるけど、答え見たら早くできるお仕事もあるん?」

とのこと。

「じゃあどうしたらいいと思う?」
と問うと、

「先生に、早く早くとか言ったり、すぐ答えを教えたりしないでくださいって頼んでみる」
「塾の自習室で友達と一緒に勉強してるみたいに、学校の休み時間に友達と問題出しっこしたり、なんでかなぁって思うことをいっしょにスッキリするまで考えて本とかで調べてみる。」
「勉強って面白いなーって思ったことを、どんどん友達に話してみる」
「友達を塾に誘ってみても『ママにあかんって言われた』って言う子が多いから、なんであかんのかちゃんと聞いて考えて、塾の方がいいってお母さんが思ってくれる言い方を考える。」
などなど、みんなが勉強を楽しめるには?みんなでもっと充足するには?を長女なりに考えていました。

>学校で与えられる教科書の中身は、周りと繋がりたい一心で言葉を吸収していた幼い頃のような肉体的な欠乏と全く繋がっていません。
>そんな「勉強」を強制すればするほど、子供の活力は衰弱し、遂には生きる意欲そのものを失ってゆきます。
>そんな勉強を2年も続けると本来の思考回路はすっかり封鎖され、「答えを理解する」という頭の使い方しかできない「理解脳」ができ上がります。自分の頭では何も考えられないマニュアル人間のでき上がりです。
それでは社会に出ても使い物になりません。社会で求められるのは、正解のない問題に挑戦して答を生み出してゆく本物の思考力だからです。

子どもたちの活力を上げるには、大人が強制し答えを教えて理解させるのをやめるという意識転換が必要だと感じました。
 
  List
  この記事は 318240 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_318456
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp