現代意識潮流を探る
31826 今や、何であれ活力を生み出せた者が勝ち
 
福田尚正 ( 27 福岡 SE ) 02/05/24 PM10 【印刷用へ
> つまり、私権闘争・掠奪闘争を止揚した次代の人類の最先端機能とは、最先端の認識闘争=評価競争の場となる『認識形成の場』そのものに他ならない。(31767)

ふと思った。この世の中に、自ら好んで現実の圧力空間に飛び込むひとがいるのか、と。

> >科学技術によって自然・外敵圧力をほぼ克服した人類には、もはや本能を刺激し続ける様な物的な生存圧力は、僅かしか働かない。従って人類は、物的な生存圧力を活力源として存在し続けることが、既に出来ない状態にある。(31705)

そう。人類は、絶対的にかつ目前に立ちはだかる外圧を、科学技術を駆使して、克服してきた。圧力は常に倒すべき敵であり、自ら好んで、意識して作り出すことはなかったのだ。

「生存圧力の場から同類圧力の場へ」

わかっちゃいるが、避けれるもんなら避けたいというのが私権時代の受動的パラダイム。しかし今や、この世の中面白くない!もっと、やる気を引き出してくれるものはないんだろうか?と模索している人・人・人の群れ。

そう、今や何であれ活力を生み出せた者が勝ち。

彼らは、圧力の必要性を肌で感じているからこそ、自発的に現実圧力に身を投ずることができるんだと思う。この「次世代の活力源のありか」を識っているひとと切磋琢磨し、認識でしか捉えることができなくなったこの現実の圧力=人類の滅亡を克服していきたいと思う。
 
  List
  この記事は 31767 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_31826
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
315523 外圧を自らつくる。可能性は匂いを感じるしくみ 匿名希望 16/05/22 PM09
240359 実現した者勝ち=充足できた者勝ち 匿名希望 10/11/05 PM07
240355 活力を見出した人とは、充足の必要性に気が付いた人 佐藤晴彦 10/11/05 PM05
236426 構造認識があるから、活力を生み出すことが出来る 池田有希 10/08/18 PM10
216789 マスメディア不在の認識形成の場が新たな認識形成につながる 今井勝行 09/10/09 AM02
216683 受身的思考を改めて認識しました。 岸良造 09/10/07 PM06
216671 私権時代の受動的パラダイムでは活力が出ない 星埜洋 09/10/07 PM03
213369 活力源(充足源)は待っていてもやってこない わっと 09/08/22 AM08
213332 仕事を面白くするには? 山名宏明 09/08/21 PM08
213330 【図解】今や、何であれ活力を生み出せた者が勝ち 金木洋平 09/08/21 PM08
208080 現実を変えていく力と人 浅野信夫 09/06/03 PM10
208067 トップランナーにみる活力 井上光利 09/06/03 PM08
208047 【図解】今や、何であれ活力を生み出せた者が勝ち ECHO 09/06/03 PM02
204706 誰もが『勝てる』次代 大森義也 09/04/19 AM10
203214 '09年、人々の意識は「人収束」から「認識収束」へ りんいちろう 09/03/30 PM11
203204 認識の伝播が生命線 渡邊真也 09/03/30 PM10
203073 活力生み出すためには ざしきわらし 09/03/28 PM10
199088 圧力に飛び込め 匿名希望 09/02/06 AM09
198747 どうすれば圧力を活力に転換できるか? 篠田裕昭 09/01/31 PM11
193933 共認形成の場が必要なんです ぺーぺー 08/12/03 PM11
193928 どうしたら遅刻や欠席はなくなる? ごろごろ 08/12/03 PM11
193922 圧力とは相手の活力足り得るモノ。 お〜いお茶 08/12/03 PM10
193873 【図解】今や、何であれ活力を生み出せた者が勝ち リバーバンク 08/12/03 PM00
193813 活力を生み出すために・・・「認識」と言えば「るいネット」 エウロパ 08/12/02 PM07
193812 「何か面白いこと」はどこにでもある 匿名希望 08/12/02 PM07
192521 活力はみんなで生み出す ゆ〜た 08/11/17 PM09
189913 活力を捉えられる場の必要 山田徹 08/10/17 PM07
182664 「次世代の活力源のありか」とは、 斎藤幸雄 08/08/03 PM06
182522 若者の現実(実体)収束 松井英仁 08/08/01 PM04
181356 勝つために必要なのは…。 Lucky 08/07/16 PM02
181265 課題を見つけたもん勝ち! ●チョコバナナ● 08/07/15 PM03
181263 主体的に期待・応望。 ヘッドフォン 08/07/15 PM01
181261 【図解】 同類圧力→活力を生み出せたものが勝ち!! ケロロ軍曹 08/07/15 PM01
181240 活力源は人それぞれ 陽陰 08/07/15 AM01
180814 人々は何故活力が出せないのか TAB 08/07/08 PM05
180812 「分かっちゃいるが・・・」受動的パラダイムからの転換 ヨネ 08/07/08 PM05
180645 活力が出ないのは、私権時代の“受動的”パラダイムに囚われているから 越見源 08/07/05 PM05
180532 現実の圧力を看取するまでの過程 長谷川文 08/07/03 PM11
180120 【図解】今や、何であれ活力を生み出せた者が勝ち ギニュー特戦隊 08/06/27 PM03
180107 まず、現実の圧力の場に飛び込む 長谷川文 08/06/27 AM11
177777 圧力が消し去られた社会は活力も失う 渡辺卓郎 08/05/29 AM08
173277 同類闘争=活力競争 08/03/31 AM04
172947 圧力をプラスに捉えるには? 匿名希望 08/03/24 AM02
172906 現実を捉える事で収束不全は突破できる!! 竹田翔 08/03/23 PM00
169690 一人で活力は生み出せない 浜永良成 08/01/26 AM05
169299 現実圧力に身を投じれるかどうかは課題の位置づけを把握することにかかっている ダイ 08/01/19 PM00
166845 活力とは、新しい認識を駆使していくこと 中村英起 07/12/10 PM10
161291 活力は外圧を選別せずに捉えることで生まれてくる。 田野健 07/09/14 PM09
161231 圧力源=活力源の構造を肉体化した者が勝ち! 大嶋洋一 07/09/14 AM03
161187 【幹図解】今や、何であれ活力を生み出せた者が勝ち 三澤超洋 07/09/13 PM06
155555 いまや圧力は避ける対象ではない 北川和秀 07/06/28 PM11
154008 時代の圧力=活力構造は既に変った 鈴木康夫 07/06/10 AM10
152746 同類圧力は道標 小林雅志 07/05/27 AM00
152646 「話し上手になるには?」というお題がよく聞かれる理由 船長 07/05/25 PM11
149820 なぜ?を追求することが活力源 根木貴大 07/04/20 PM02
146858 「何であれ」とは言っても!?市場に執着する人の活力構造 二力 07/03/10 AM02
146333 無圧力には耐えられない 笠原光 07/03/03 PM07
146317 同類圧力を形成したものが勝ち 岡本誠 07/03/03 PM04
146269 共認原理下では「好き好んで」圧力に向かう なんでやねん 07/03/03 AM01
146257 評価共認による充足スパイラル 松井英仁 07/03/02 PM11
146139 マネー経済そのものが、人類滅亡の危機=現実の圧力 村田貞雄 07/03/01 PM08
145639 生存圧力に変る圧力は意識しないと生まれない 馬場康一郎 07/02/23 PM08
145633 圧力はイヤだが活力はみんなが欲しい 新井重雄 07/02/23 PM06
145426 【図解】今や、何であれ活力を生み出せた者が勝ち 越見源 07/02/21 AM09
145424 家庭からの離脱 是永恒久 07/02/21 AM07
145420 圧力=不全→圧力=活力の構造の違い 近藤文人 07/02/21 AM02
145418 共認の核が活力源 斎藤裕一 07/02/21 AM01
145415 自発的に身を投じる先は? 山本豊 07/02/21 AM00
143466 檻の中のライオン 渡辺卓郎 07/01/27 AM10
142922 活力が出ないのは“その気”が無いから 小松由布樹 07/01/20 PM11
142910 中高年男が「ねばならない止まり」から脱皮するには? 正国稔 07/01/20 PM10
139145 “何であれ”の中身 久保田彰子 06/12/02 PM11
138056 素直に評価闘争の中に飛び込んでいけばいい ぴんぐー 06/11/21 AM11
133405 成果の高い人は同類圧力に向かっている 山名宏明 06/10/07 AM02
133057 次世代の活力源を生み出す 酒井裕志 06/10/04 PM00
133020 同類圧力の次なる位相 山田渉 06/10/04 AM00
133014 【図解】活力を生み出せたものが勝ち! 川井孝浩 06/10/03 PM11
133004 期待圧力によって活力を伝える 匿名希望 06/10/03 PM10
132997 まずは、「現実の圧力」を掌握する!! 斎藤一浩 06/10/03 PM10
131098 敵=課題 西田香織 06/09/16 PM11
32234 新たな活力源 壱岐敏直 02/05/29 PM11
32181 「活力」をつかむのは心の有様そのもの 後藤美奈子 02/05/29 PM01
32159 必要とされようとする 小暮 勇午 02/05/29 AM00
32059 活力には、圧力が必要! 小川博 02/05/28 PM01
32001 今の時代、活力は輝き 沼田竜一 02/05/27 PM10
31911 何であれ活力・・・でも、喜んだ顔が見たい 近藤文人 02/05/25 PM10
31898 認識競争の同類闘争圧力は何れ下半身まで貫通する。 阿部紘 02/05/25 PM09
31873 この流れは、もう必然! 森本亜希子 02/05/25 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp