人工物質の脅威:大気・水・食品
317918 癌があるのは化学物質を使用している国だけ
 
匿名希望 16/08/01 PM07 【印刷用へ
リンク


>◆ 癌は「化学物質を使用している国」だけに発生している

 そもそも、世界の実地を見れば分かりますが、癌が発生しているのは「化学物質」を使用している国だけです。
 先進国では「化学物質」が様々な分野で使用されており、発展途上国では「化学物質」が使用されておりません。
 癌が多発生している国というのは「化学物質」を使用している先進国だけであり、「化学物質」を使用していない発展途上国には今も癌はほとんど発生していない‥、これが世界に現われている実地的事実なのです。
 この「化学物質を使用している国でなければ、癌は発生していない」という世界の実地が示しているのは、やはり『化学物質が癌を生み出す「最大の根本原因」である』という「答え」なのではないでしょうか‥。


 現代の日本人が暮らす日本社会をよくご覧ください。
 もはや、取り返しがつかないくらいに、この「化学物質」によって生活環境が汚染されまくっています。

 食品への「化学物質」の汚染は、農薬・化学肥料・化学飼料・食品化学添加物・加工食品・人口食品・人工甘味料など、あまりにも酷い有り様です。これらの「化学物質」は確実に「癌の原因」となります。
 現代医療で乱用され続けている 化学医薬・抗生物質・点滴などもそうです。これも「癌の原因」となります。
 プラスチックの容器から溶け出している 環境化学物質、これも「癌の原因」となるようです。
 ダイオキシンなどの「化学物質」や、鉛や水銀などの「重金属」も「癌の原因」となります。
 今の海は「重金属」の汚染が激しく、魚介食を通して「重金属」が人体に蓄積して「癌の原因」となります。
 建築関連の「化学物質」も数多くあり、当然、これも「癌の原因」となります。
 その他、日本社会を汚染している「化学物質」を挙げればキリがないのは、みなさんも周知の通りです。


 日本では、戦後、「化学物質」の社会汚染が、全国津々浦々、日本社会の隅々まで拡大・浸透し、「化学物質」の汚染が日本社会にどんどん増えていきました。日本で「化学物質」の汚染が増えれば増えるほど、それに比例して、癌患者も増加の一途をたどっていったはずです。
 戦後に起こった「化学物質の社会汚染の増加の割合」と、戦後以降の「癌患者の増加の割合」は、ピッタリと一致していることでしょう。「化学物質」による社会汚染が激しくなればなるほど、癌患者も激増しているはずです。

 この「化学物質」の社会汚染に加え、電化製品・パソコン・タブレット・Wi-Fi・携帯電話・送電線などから発生している「人工電磁波」による人体の「酸化」も、癌の大量発生に加担しているはずです。

 また『癌細胞の発生・増殖を促進する作用』のある肉製品・乳製品の大量消費も、癌の大量発生に加担しており、そして『癌細胞の唯一にして最大のエサ』である「ブドウ糖」の過剰摂取‥、特に 精白穀物(白米・白パン・麺類・パスタなど)や 精白糖(白砂糖など)も、当然ながら、癌の大量発生に加担しているはずです。



◆ アメリカが「癌患者を激減させる」ために遂行した政策

 かつて、アメリカは「癌大国」でした。
 しかし、今では「癌患者を激減させる」ことに成功し、「癌大国」を返上しています。

 アメリカは、なぜ「癌患者を激減させる」ことに成功したのか‥。
 それは、アメリカがある政策を徹底して遂行したからです。

 そのアメリカが取った政策とは、簡潔には次の通りです。

   ● 法による「化学物質」の規制を強化
     〔「癌の根本原因」を排除する政策 〕

   ● 肉製品などの動物性食品の過剰摂取を諫める
     〔「癌を生み出さない食生活」を取り入れる政策:肉製品・乳製品は「発癌」に関与しています 〕
     〔「癌の発生・増大・悪性化・転移を促進する原因」を排除する政策 〕

   ● 全粒穀物・豆類・野菜・果物などの植物性食品をたくさん摂取する
     〔「癌を生み出さない食生活」を取り入れる政策:上記の植物性食品には「抗がん作用」があります 〕
     〔「癌を改善する要素(栄養改善・代謝改善・免疫改善・抗酸化など)」を取り入れる政策 〕

 アメリカの癌学界の最高権威である「アメリカ・大統領がん諮問委員会」は「化学物質の脅威」を強調した200ページの報告書を提出し、「現状を直視し、化学物質にもっと厳しい規制をかけるべきである」と求めました。
 特に、妊娠中に「化学物質」に暴露しないことを強調しています。
 アメリカは「化学物質」に対する見方を変えて、「化学物質」への法の規制を強めて厳しくしましたが、これが、アメリカが「癌患者を激減させる」ための決定的な土台となったのです。

 
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_317918
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
化学物質大国日本と癌大国日本 「日本を守るのに右も左もない」 17/08/14 PM07
328243 砂糖と人工甘味料は似て非なるもの 斎藤幸雄 17/07/22 PM09
324068 癌の3要件その1 癌と栄養 (前篇) 谷光美紀 17/02/06 PM11
319036 ハンガリーの国民投票とドイツ政府による食料備蓄勧告@ 惻隠之心 16/08/29 PM08
319006 日光と塩水で蒸留水を作る装置 志水満 16/08/29 AM01
嫌煙風潮に目を隠され、追求すべき対象を見誤ってはいけない。 「地球と気象・地震を考える」 16/08/15 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp