社員の活力を引き上げるには?
317772 『声かけ・情報共有』が人間関係を強化
 
柴田英明 ( 26 会社員 ) 16/07/28 PM07 【印刷用へ
■コミュニケーションの「量」が人間関係を向上させる
「リレーションシップ」とは、良好な人間関係づくりのことです。

人間関係づくりの重要性については、よくご存じの方が多いと思いますが、ここでは、メンタルヘルス面から見たポイントを3つ挙げておきたいと思います。

★1つは、コミュニケーションの「量」です。

メンタルヘルス不調になった人の中には、「仕事が忙しくて、職場で誰かと話をしている余裕すらなかった」という人がけっこういます。「上司に相談しようと思ったけれど、忙しそうだから、個人的なことを持ちかけるのは気が引けた」という人もいます。上司のほうも「忙しく働いてもらっている部下たちに、何度も話しかけるのは申し訳ない」と、気を遣ってしまうことがあるようです。

上司と部下が普段からよく会話をしていれば、上司は部下の不調に気づきやすくなり、部下も上司に相談しやすくなります。
反対に、普段の会話が少ないと、不調が見逃されたり、不調を悪化させてしまったりする可能性が高くなります。

不調を予防するための良好な人間関係を築くには、コミュニケーションの「質」と「量」が決め手となりますが、現在の職場の状況は、コミュニケーションの「質」を問う以前に、「量」が減ってしまっているケースが数多く見受けられます。

■短い「声かけ」で、人間関係の基盤を作る
忙しくて時間が足りない中で、簡単にできるコミュニケーションとして、「声かけ」があります。海外では「クイック・インフォーマル・チャット」と呼ばれることもあります。

「クイック」という言葉からわかるように、短い会話です。会話の内容は、仕事とは関係のない「インフォーマル(非公式、私的)」なことのほうが、効果的とされています。仕事以外の雑談的な会話をときどき行うことが、人間関係を築くうえでは重要なのです。

毎日の「おはよう」「お疲れ様」などのあいさつのときを利用して、たまには「今日は暑いね」とか「昨日のサッカー見た?」といった身近な話題を付け加えていくと、比較的スムーズに短い会話を行うことができます。

声をかけるときには、「○○さん」「○○くん」と、名前を添えると、いっそう効果的です。名前を添えることで、その人の存在感を認めてあげることにもつながります。

声かけや短い会話は、数秒〜1分程度ですむものですから、忙しくても、できないことはないはずです。管理職の方は、「すべての部下に1日1回は話しかけよう」と心がけておくと、コミュニケーションの「量」が増え、リレーションシップを良好に保つ基盤となります。

■「情報の共有」で、人間関係を強化する
★2つめのポイントは、「情報の共有」です。

仕事をするうえでは、十分な業務情報を持っていないと、仕事が行き詰まって、ストレスが生じることがあります。上司が部下に対して、必要な情報をきちんと伝えることが、仕事を円滑に進め、情報不足によるストレスを軽減させることにつながります。
また、部下が持っている現場の情報を丁寧に聞いてあげれば、部下は「自分の話を聞いてもらえた」と感じてくれます。

このようにして、情報共有を心がけていくと、人間関係が少しずつ強化されていきます。

一般的に、「秘密」を共有している間柄は、かなり密接な人間関係と考えられています。業務や個人的なことに関して、「二人しか知らない情報」の共有にまで至れば、人間関係のつながりはいっそう強くなっているはずです。

■孤立化のリスクを避けることも大切
★3つめのポイントは、孤立を防ぐことです。

人間関係のストレスは、関係が密接過ぎて生じる場合もありますが、その反対に、関係が乏しいために、生じる場合もあります。

職場内で孤立することは、精神的に最もつらい状況の一つです。寂しい気持ちや不安感が高まり、心の不調が起こりやすくなります。

また、一人だけ情報を伝えてもらえなかったり、誰からも口を聞いてもらえなかったりすると、次第に仕事の成果が下がっていき、周囲からの視線がますます厳しくなるという悪循環も生まれます。

メンタルヘルスの観点から言いますと、「孤立」は一番リスクの高い状況ですから、管理職の方は、職場で孤立している部下がいないかどうかを、きちんと確認し、対処していくことが必要です。

なお、工場内においても、オフィス内においても、外出先においても、一人で行う業務が多いと、他の人と話をする機会が減って、孤立化が進む可能性があります。
欧米では、「ワーキング・アローン(working alone)」の状態と呼ばれ、安全衛生上、管理者は特に気をつけなければいけないこととされています。一人だけで業務を担当していると、調子が悪いときに、他の人に頼ることができず、不調を悪化させてしまうこともあります。

部下に単独での業務を行ってもらうときには、定期的に状況を確認し、常にフォローをしていくことが必要です。

また、普段から、たくさん声をかけ、情報共有を心がけていくことも、孤立化を防ぐ有効な手法となります。

リンクより転載
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_317772
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp