健康と食と医
317743 筋肉の重要性(筋力アップで老化防止)B〜筋肉を付けることで得られる老化防止と若返り〜
 
猛獣王S ( 46 東京 営業 ) 16/07/27 PM10 【印刷用へ
Aの続きです。

『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』(船瀬俊介/著)リンクより転載します。
----------------------------------------------
<p93〜p95>

●筋肉つければ肌も若々しい

スーパースター、マドンナの肌は若々しくて美しい。とても57歳とは思えない。みずみずしくて、ハリがある。そのまばゆいほど美しい肌も、日頃鍛えた筋肉のおかげ、といったら、驚かれるでしょうか?
週6日、1〜2時間はジムで過ごすのが日課。まずランニングを40分、あお向けで両足上下(レッグリフト)200回、腹筋・腕の筋肉などを鍛えるトレーニング30分……とは立派!
逆に、筋トレとは無縁の女性の肌は衰えるいっぽう。なぜでしょう?
「『肌の衰え』の原因は、筋肉量の低下」と断言するのは筑波大学大学院、久野譜也教授(前出)です。
「加齢とともに進む肌の老化に、いちばん決定的な影響を与えているのは『筋肉量の低下』と、それに伴う『代謝能力低下の問題』」(『筋トレをする人が、10年後、20年後になっても老けない46の理由』毎日新聞出版)
なぜ、筋肉の量が減ると、肌が比例して老化するのでしょう?
「そもそも、皮膚は体を包んでいる組織」(久野教授)。「筋肉、脂肪、内臓、骨などが、皮膚によってくるまれている」、ナルホド。「なかでも筋肉は、皮膚のすぐ下にあり、筋肉を動かせば、皮膚も動く」、つまり「ほとんど連動」しているのです。
皮膚と筋肉は、文字どおり表裏一体なのですね。
で……、筋肉の量が落ちてくると「当然、外側をくるんでいる皮膚にも影響が出てくる」(久野教授)わけです。

●筋肉が減れば肌はたるみシワに

筋肉量は20代がピークです。その後は、年に1パーセントのペースで減っていくといいます。つまりピーク時に比べると30代で10パーセント、40代は20パーセント落ちるのです。「100パーセント詰まっていた中身が80%に減る」と「外側をくるむ肌の皮は余って」しまいます。じつにわかりやすい話で、余った皮膚は、たるんだり、シワになるわけです。
「パンパンに詰まっていたはずの中身が20パーセントも減るわけですから、当然ながら肌の緊張感や質感も失われてくるでしょう」(久野教授)
つまり、筋肉のハリが失われると、肌のハリも、失われるのです。

●細胞代謝も蓑え肌は老化する

筋肉量の低下は、てきめんに代謝力を低下させます。
久野教授は筋肉を「体の工場」に例えています。つまり、筋肉は生命エネルギーや代謝能力を生み出す源(工場)でもあるのです。
筋肉量の低下は、体内でのエネルギー生産力も低下させます。
「すると、体内の細胞が新陳代謝を行う力も落ちてきます。肌の場合でいえは、『ターンオーバー』と呼ばれる表皮細胞の生まれ変わる力が衰え、次第に活力が失われてくる」「筋肉量が落ちると、細胞の代謝能力も落ちて、肌に勢いがなくなってきてしまうのです」「若々しい肌の輝きは、筋肉の減少によって、失われていく……」(久野教授)
やはり筋肉力は生命力なのです。筋力の衰えは命の衰え。だから、肌も衰えて当然です。

●筋トレとウォーキングがおすすめ

では、若くて、美しい肌を保つには、どうしたらいいか?
「筋トレと有酸素運動の両方を並行して行うこと」「筋肉量をキープするには筋トレ。肌細胞の代謝力をキープするにはウォーキングなどが必要」「これらの運動を継続していけば、ハリや質感のある美しい肌をキープすることができるでしょう」(久野教授)

<p106〜p107>

●ボディビルは健康によくないという誤解

アメリカンヘルスクラブ代表、西川稔氏は、30年ほど前にアメリカでボディビル講習を受けたとき、ショックを受けました。
「講師によると、日本人の平均寿命は世界一だが、センテナリアン(100歳以上)の数は、人口比でアメリカには約3倍もいる! さらに興味深いのは、日本の100歳以上は、ほとんどが要介護者なのに対し、アメリカでは、自分でコーヒーをいれたり、新開を取りに行ったりなどの生活ができる人が多くいる、ということでした」
この衝撃体験は、西川氏に日本でシニア向けボディビル・ジムを開設する動機となったのです。
「ボディビルは戦後、敵国だったアメリカから入ってきた運動なので、日本のマスコミでは『健康によくない』という経験・知識のない医師武道家たちの言葉がまことしやかに取り上げられ、これを信じている人が多いようです。しかし、私たち経験者は、筋肉が増強することで、素晴らしい健康状態になることを体験して知っているので、自信満々で指導を続けてきました」
さらに、こう断言します。
「どの会員の体にも、ボディビルによるデメリットが発生したことは、一度もありません」

●60,70歳超えても40歳の容姿

アメリカのセンテナリアンには、なぜ元気な人が多いのか?
その一つの答えが、運動、つまり筋トレ(ボディビル)の習慣です。
「アメリカでは、50年前より、ボディビルが医療に良いことが理解され、1978年からは『ヘルシー・ピープル2000』キャンペーンを国をあげて行い、運動と私生活を正し、医療費急増を阻止しているのです。介護予防に対しても大きな効果があります」(西川氏)
同キャンペーンは、その後、第2ステップに入って今日に至ります。
彼が30年来、交流を続けているビルダーたちの中でも、練習を欠かさず続けている人たちは、60歳、70歳を超えても、40歳の頃の容姿を維持し、若者と一緒に働いている人がたくさんいるといいます。
----------------------------------------------
以上
 
  List
  この記事は 275913 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_317743
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp