共同体社会の実現
31768 超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/05/24 AM01 【印刷用へ
その『場』は、人々の認識欠乏に基づく評価共認が、三段階に亙って先端可能性に収束してゆくことによって、構築される。
人々の認識欠乏に応える最初の場(=新しい適応態)が、『認識形成サイト』である。その場は、心ある人々をそこに収束させる最先端機能であり、そこに結集した人々に最大の活力を与える場ともなる。
しかし、その様な『認識形成サイト』は(例えば、新パラダイム派のサイトや旧パラダイム派のサイトetc)無数に存在し、場(サイト)と場の間に必然的に認識闘争=評価競争が発生する。
この認識闘争=評価競争という形の新しい同類闘争は、人々の評価共認によって収束・統合される。つまり、全ての『場(サイト)』は、人々の評価共認が形成する評価ヒエラルキーの下に組み込まれ、淘汰されてゆく。
そして、その評価ヒエラルキーの頂点に立つ『場(サイト)』の下に大多数の人々が収束してゆくことによって、そのサイトは『統合サイト』へと脱皮してゆく。

しかもその場は、(すでに第一段階から)答えを求めるみんなの期待が互いに感じられる場であり、その期待に応えて皆が次々に投稿するだけで、最高の『まつり場』となり、皆の最大の活力源となる。つまり、認識形成の場の構築とは、人類本来の『まつり』の再生、しかも全く新しい(集団を超えた)社会的な『まつり場』の創出に他ならない。
このまつり場(認識形成の場)は、参加する人々が増えるにつれて、科学から芸能までを包摂した人類の鑑(かがみ。知の結晶)に成長してゆく。そして、それは最終的には万人をその下に収束させた人類の最先端機能となり、同時に人類の最大の圧力源=活力源となる。
そして、それこそが、新しい社会統合機構(の中核)となる。

この最先端機能たる『統合サイト』に働く、人々の評価共認が作り出す最先端価値=評価指標は、もはや「お金」ではない。「交換」という場からやがて「お金」が登場した様に、認識形成の「協働」という場からは「資格」という評価指標が登場することになる。
なぜなら、数百万人もの人々が、一つのサイトに投稿すれば、ごく一部しか見ることが出来ない。従って統合サイトは、地域(3千人)→地区(10万人)→地方(300万人)→中央(1億人)へとヒエラルキー化されざるを得ず、各段階への投稿資格が不可欠になる。おそらく、皆の評価に基づく投稿ポイントetcが資格認定の補助指標となり、与えられた資格が評価指標となる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_31768
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
シリーズ 認識形成の場が国家と市場を超える(1)〜『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/01/21 AM11
243697 マスメディアからネットへの移行はどうなる 匿名希望 11/01/09 PM01
241638 社内掲示板とるいネットの違い☆.。.:*・ 宮崎未帆 10/12/03 PM00
237567 フラット化よりも「評価」が得られた方が活力が生まれる。 安藤広海 10/09/09 AM08
237540 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 天心 10/09/08 PM07
233861 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 小西良明 10/06/28 PM00
221462 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 土屋範明 09/12/07 PM10
221427 新い社会統合でも女の存在がキーになる。 長谷暢二 09/12/07 AM10
新しい社会統合機構の中核=将来の統合サイトの姿は? 2 「日本を守るのに右も左もない」 09/10/29 PM10
新しい社会統合機構の中核=将来の統合サイトの姿は? 1 「日本を守るのに右も左もない」 09/10/29 PM10
214693 第二段階の『統合サイト』、第三段階の『新しい社会統合機構(の中核)』への収束〜構築もそう遠くない時期に来ているのではないか。 TAB 09/09/10 PM00
214657 認識形成の場は自ずと社会統合機構の中核になる 新川啓一 09/09/09 PM09
214639 掲示板サイトで投稿が増えて行けば『整理投稿』も必要では、、 向芳孝 09/09/09 PM05
214628 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 多田奨 09/09/09 PM01
211083 万人による万人の為の社会 岸良造 09/07/19 AM03
210956 Re.認識形成サイトが新しい社会統合機構の中核といえるのはなぜか 佐藤晴彦 09/07/17 PM03
209979 人類が認識形成サイトに参加することは必然構造である ポール 09/07/02 PM07
209918 社会統合機構を担うことが「るいネット」の役割。 ちわわ 09/07/01 PM09
206654 「るいネット集客数推移」 佐藤賢志 09/05/16 PM01
204852 評価共認が、三段階に亙って先端可能性に収束 中村英起 09/04/21 PM05
204802 ネット上の認識闘争は評価ヒエラルキーで収束・統合される わっと 09/04/20 PM08
204787 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である コスモス 09/04/20 PM04
201162 評価共認により『評価指標』が三段階に亙って先端可能性収束していく 麻丘東出 09/03/01 PM08
201143 サイトのヒエラルキー化と投稿資格 佐々木尊一 09/03/01 AM11
201141 【幹図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 樫村志穂美 09/03/01 AM10
200973 素朴な疑問 北摂太郎 09/02/26 PM10
198491 【図解】超国家・超市場論15  下城浩一 09/01/28 PM07
197155 統合サイトのキーワード 匿名希望 09/01/13 AM03
197135 2009年、社会統合サイトへの期待が高まっていく。 かなめんた 09/01/12 PM10
194888 フィロソフィとしての社会統合サイト 松岡隆 08/12/15 AM02
194788 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 樋口卓也 08/12/13 PM10
193804 孤独と連帯 禿靖彦 08/12/02 PM06
192985 優れた評価システムがメディアの命 山本亮平 08/11/22 PM10
191949 先行きがわからない今こそ。 きなこ 08/11/11 PM07
190993 最先端価値の変化 jiashi 08/10/30 AM01
190945 サイトにおける資格認定の困難性 金澤良 08/10/29 PM02
190400 新しい社会統合機構(の中核)ができるのももうすぐ? ヒゲ眼鏡 08/10/22 PM09
190341 質問系サイト:他の人の質問に応えたいという人が8割以上 藤田公一 08/10/22 AM01
190281 超国家・超市場論15の図解演習を終えて 氷壁 08/10/21 PM04
190277 WebSurfingの目的 ゅー坊 08/10/21 PM04
190200 みんなが集まる場への投稿=最大の活力源 相馬俊之 08/10/20 PM09
187822 「資格」はみんなの期待の大きさそのもの。 菊人形 08/09/27 PM02
187248 認識形成サイト⇒統合サイト⇒社会統合機構 あいうえお 08/09/24 PM11
187130 学校教育を可能性へ導く【社会統合機構】の実現化を 和田博文 08/09/24 PM05
187053 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 松岡俊之 08/09/23 PM05
185336 認識形成の場⇒社会統合へ 東藤隆浩 08/09/11 AM00
185296 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である KOU 08/09/10 PM05
185272 インターネットの拡大による評価形成の拡大 重金属 08/09/10 AM03
182662 評価共認がネット社会を変えていく 匿名希望 08/08/03 PM06
182001 「読書感想文をさっさと片付けて」というコピペサイト ヨネ 08/07/24 PM07
181997 評価システムの構築はインターネットの新たな可能性を示す事が出来る。 山田孝治 08/07/24 PM06
181988 るいネットは人々の探索する答えとなっているのだろうか? 佐藤晴彦 08/07/24 PM03
181987 ネットのインフラは整備されて、中身の評価競争時代に突入 猪飼野 08/07/24 PM02
181974 “場=サイト”内でヒエラルキー化されていくと言うイメージでしょうか? 匿名希望 08/07/24 AM10
178996 「人類の鑑」(知の結晶)の魅力 ふうらいぼう 08/06/12 AM04
178806 「仲間関係」を組み替える 風声 08/06/10 AM00
178793 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である いっしょけんめい 08/06/09 PM10
178780 活力を生み出す『まつり場』の形成 アイアンクロー 08/06/09 PM07
173364 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 宮本昇 08/04/02 AM10
173054 認識形成サイトは簡単に生まれ得る 新川啓一 08/03/26 PM09
173022 【図解】超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 浅見昌良 08/03/26 PM01
169983 「協働」から生まれる「資格」という評価指標とは? わっと 08/01/30 PM08
169980 サイトの変遷〜批判・主張から協働へ 西村真治 08/01/30 PM07
169974 評価共認の形成が社会の統合軸を生み出す 山名宏明 08/01/30 PM04
169971 マスコミが最大の活力衰弱源 斎藤一浩 08/01/30 PM03
169921 活力源とは きょん 08/01/29 PM09
169920 【図解】『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 川井孝浩 08/01/29 PM09
167237 統合サイトのヒエラルキー化のイメージ 〜インターネットの歴史から〜 瀬部 07/12/16 PM09
166841 認識形成サイトの動き 向芳孝 07/12/10 PM09
166840 最大の『まつり場』は直ぐそこに 八代至誠 07/12/10 PM08
165149 みんなで創る社会統合機構とは? 澤根和治 07/11/13 AM01
165067 サイトが人の先端機能になる 前山薫 07/11/11 PM04
165061 協働という「場」が育む資格は、頭をフル稼働させる 酒井俊弘 07/11/11 PM01
160509 最大のサプライズ 阿部佳容子 07/09/05 PM06
157314 【幹図解】社会統合機構ができるまで 嶺山志保 07/07/21 PM01
156240 ネット内でのネットワークの形成 07/07/06 PM00
155578 認識形成の場が引き出す応望性 馬場真一 07/06/29 AM03
155474 第一段階は、期待に応え合う活力ある場であることが最重要。 長谷暢二 07/06/28 AM03
155466 事実の追求→社会の当事者へ 関谷啓太郎 07/06/28 AM01
154018 数あるサイトの評価指標の確立が統合サイト実現の条件 本田真吾 07/06/10 PM00
154004 サイト間での認識闘争の場が、人類の鑑に成長していく 大嶋洋一 07/06/10 AM08
153998 評価を統合階級からみんなに移行することが『統合サイト』実現の鍵 熊澤敬輔 07/06/10 AM06
153983 いいまつり場も収束先がなければ意味がない 米澤祐介 07/06/09 PM11
152823 資格が評価指標になるとは? 藤澤仁 07/05/27 PM08
152808 認識形成サイトの例 チウエ* 07/05/27 PM06
152785 【図解】認識形成の場こそ、新しい社会の社会統合機構の中核である こまさじ 07/05/27 PM01
152784 「共認が社会システム作り出す」ことを具現化する。 永峰正規 07/05/27 PM01
149814 「資格」という評価指標って・・? 山田純子 07/04/20 PM01
149812 【統合サイト(社会統合機構の中核)】のイメージ ぱち 07/04/20 PM00
143520 人類本来の社会的な『まつり場』とは? こうた 07/01/27 PM10
143515 『認識形成の場』の進化・変遷は、生物の外圧適応の過程と同じ。 近藤文人 07/01/27 PM09
143305 現在の社会統合機構はどうなるの? 岡野泰子 07/01/25 PM11
143203 旧体制と万人参加の認識形成の場のシステムを比較してみました 渡辺卓郎 07/01/24 PM08
143193 新たな社会統合機構形成は第二段階に入った 野田雄二 07/01/24 PM06
142865 社会をどうする!?⇒統合をどうする!?と言う答えが必要。 丸一浩 07/01/20 PM03
141523 各企業から、無数の認識形成サイトが産声を上げる日は遠くない ジャック・ダニエル 07/01/02 PM09
141222 【図解】『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 前上英二 06/12/29 PM02
139649 認識形成サイトの成長に必要なもの:認識、まつり場、評価指標 山田真寛 06/12/09 AM00
139592 人が増えると ageyaki 06/12/08 PM02
139543 評価共認の形成過程 三輪歩未 06/12/07 PM11
139490 インターネット界=新しい共認域を制覇できるのは、類ネットだけ! 西田美和 06/12/07 PM02
139484 認識形成の場は、「協働」。 山田純子 06/12/07 PM00
139421 評価共認は先端可能性に収束していく 酒井典子 06/12/06 PM05
139410 「発信」はいのち 門奈津子 06/12/06 PM02
139189 現代の社会不全は観念でしか捉えられない 福田慎一郎 06/12/03 PM01
138766 評価から評価共認へ りんいちろう 06/11/29 PM01
138758 万人を導く規範=鑑 新川啓一 06/11/29 PM00
138755 『認識形成の場』とは、人類の新たな適応態 浅見昌良 06/11/29 AM11
138729 「新しい社会統合機構」が最終目的(ゴール)ではない 多田奨 06/11/29 AM01
138052 答えを求めるみんなの期待が互いに感じられるかどうかが、鍵 田村飛鳥 06/11/21 AM09
138042 評価共認により、「場、認識、人」が先端可能性収束していくことで新しい社会統合機構が構築される 麻丘東出 06/11/21 AM01
138033 【図解】『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である。 むらいくと愉快な仲間達 06/11/20 PM11
138022 人類は、評価共認によって統合している 西知子 06/11/20 PM08
136630 「万人参加」の幻想と、「万人が収束する最先端機能」との違い 冨田彰男 06/11/05 PM11
136430 【図解】『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である。 田村正道 06/11/04 AM01
136425 認識も生物と同じ原理が働く。 岸良造 06/11/04 AM01
136423 認識形成サイトは社会統合サイトになる 星埜洋 06/11/04 AM00
136421 見えない壁があるのでしょうか 山本豊 06/11/04 AM00
136420 認識形成の場を社会統合機構へと引き上げる鍵は、人々の評価指標 佐藤晴彦 06/11/04 AM00
136331 超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である【図解】 山名宏明 06/11/03 AM10
134976 超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である【図解】 井上宏 06/10/21 AM01
131916 認識形成の場を収束先へ促す動因 庄恵三 06/09/24 PM11
131886 評価システムの確立=圧力源・活力源の創出 ダイ 06/09/24 PM08
131883 【図解】『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である 衛藤信義 06/09/24 PM08
131846 資格の意味 R 06/09/24 PM00
131371 認識形成の場における評価共認の3段階収束 コータロー 06/09/19 PM10
131199 社会統合機構の成立は人々の活力構造そのもの 阿部和雄 06/09/17 PM10
130717 ネットに残る個人発の限界 柳瀬尚弘 06/09/13 AM09
130683 統合のあり方がシンプルになる 田宮昌明 06/09/12 PM10
130663 超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である【図解】 サムライ\(`O´θ/ 06/09/12 PM08
129422 「認識形成サイト」が「統合サイト」になるための3条件 田中直人 06/08/29 PM08
129418 答えを求めるみんなの期待が互いに感じられる場 匿名希望 06/08/29 PM07
126989 類的統合機構の必要という逆境 笠原光 06/07/29 PM08
125713 ネット界の統合から社会統合機構への収束が実現の最短コース 山上勝義 06/07/13 PM06
125705 まつりごとの意味 宮本昇 06/07/13 PM05
125697 認識形成サイト→統合サイト→社会統合機構 嶺山志保 06/07/13 PM02
125694 社会統合機構とは、統合された認識⇒答えを現実の課題突破に導くための場 根木貴大 06/07/13 PM01
125691 社会統合機構って… 嶺山志保 06/07/13 PM01
125661 全てを包摂してこそ社会統合機構 鈴木康夫 06/07/13 AM00
109009 短い投稿もしようと思う 今村恵 06/04/14 PM05
108945 新しい社会統合のイメージ 上田ちひろ 06/04/13 PM07
101082 社会統合機構を羅針盤とする社会って。 原田昭雄 05/11/19 PM10
原油高騰の裏に 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/03 AM09
99978 統合機構の構築へ 匿名希望 05/10/29 PM01
99545 認識形成サイトの集団運営の可能性 ゲン 05/10/22 AM11
99181 市場社会(=無圧力社会)の終焉は、認識闘争のスタートライン 三浦弘之 05/10/16 AM00
97851 社会統合機構は適応態である 山崎許子 05/09/25 AM00
97663 選挙投票率の高さ=不全からの脱出欠乏が頂点に達している現象 松本幸二 05/09/21 PM07
96588 単なる泡沫候補を「刺客」とはやし立てるマスコミ 走馬灯 05/08/30 AM01
95187 「みんな期待」がある限り、活力源は永遠不滅である。 門奈津子 05/07/27 PM03
92498 枝葉をつける 岡村基之 05/06/11 PM07
91809 普通の人々の評価圧力を認識闘争の場に組み込むことこそ認識営業の要点 山澤貴志 05/05/31 PM10
91154 新しい時代を切り開いていくのは「まつり場」 匿名希望 05/05/21 PM01
88065 まつり場をつくっていく時期 斎藤浩明 05/03/28 PM10
87678 マスコミ駄目、国家駄目 小林雅志 05/03/20 PM10
85019 新しい社会統合機構における単位集団 鈴木隆史 05/02/02 AM01
83847 「なんでだろう?」から始まる社会統合機構 沼田竜一 05/01/10 PM08
82824 認識だけでは国家は統合できない。 吉川明博 04/12/19 AM10
82772 新しい社会統合の場をイメージする 星埜洋 04/12/18 PM06
82761 『認識形成の場』につながるるいブログ 山田純子 04/12/18 AM10
82161 3つの機能がある「場」の創設 坂本伸一 04/12/06 PM06
82119 現状の政治を、「政(マツリゴト)」に戻すために。 タコ墨。 04/12/05 PM02
82111 みんなで答えを作っていく 高木玲 04/12/05 AM09
32543 人類の鑑 衛藤信義 02/06/02 AM00
32365 答えはわかった、では・・? 木下洋平 02/05/31 AM00
32296 曙光 大木康子 02/05/30 PM02
32293 評価指標の精度 麦秋 02/05/30 PM01
32261 評価圧力場を活性化するには 吉国幹雄 02/05/30 AM11
32205 質問.「皆の評価に基づく投稿ポイントについて」 胡麻とOFF 02/05/29 PM09
32094 社会統合にお金を使い、社会統合でメシを食う。 衛藤信義 02/05/28 PM09
32073 無用な価値観の対立のない世の中になる! 毛針田万作 02/05/28 PM01
32065 「資格」の意味 森政子 02/05/28 PM01
32038 評価指標 「交換」のお金から「協働」の資格へ 細田卓司 02/05/28 AM01
32014 「衣・食足りて新しい活力源を知る」 八木繁昭 02/05/27 PM10
32007 「資格」が協働社会の役割を顕在化する 土井誠也 02/05/27 PM10
31987 るいネットは発展途上中! 森本亜希子 02/05/27 PM08
31949 場どうしの闘いを皆で勝ちぬこう! 矢野聡子 02/05/26 AM01
31941 流動性が生命 前上英二 02/05/26 AM00
31930 「資格」認識仲間以来のヒット 西村真治 02/05/25 PM11
31926 スッキリしました。 斉藤直 02/05/25 PM11
31900 認識評価闘争のコツは認識仲間との会話が源 橋本正雄 02/05/25 PM10
31884 「場」の淘汰 綾木順子 02/05/25 PM08
31881 時代は万人を貫く評価指標を渇望している 熊谷順治 02/05/25 PM07
31879 同類闘争 西知子 02/05/25 PM07
31877 『まつり場』の再生は 女の存在不安を昇華する 川田宏子 02/05/25 PM05
31859 「るいネット」から感じる可能性 辻一洋 02/05/25 AM01
31848 完成イメージが鮮明になる 小暮 勇午 02/05/25 AM00
31846 澱みない社会統合機構に感じる期待感 柳瀬尚弘 02/05/25 AM00
31843 評価あっての資格 山崎許子 02/05/24 PM11
31840 期待を鮮明に 坂本日出夫 02/05/24 PM11
31838 まつり場は新しい認識群を作り出す必要条件 田野健 02/05/24 PM11
31825 集団を超えた『まつり場』 太刀川省治 02/05/24 PM10
31822 小社会のヒエラルキー 川井孝浩 02/05/24 PM10
31820 時代が求める評価指標 村上靖佳 02/05/24 PM10
31818 統合サイトにおける資格とは 吉川明博 02/05/24 PM10
31814 「超国家・超市場の認識サイト間でも同類闘争」とは目から鱗です! 平野令 02/05/24 PM10
31811 資格の質 鈴木康夫 02/05/24 PM09
31806 流通物資の確保 匿名希望 02/05/24 PM07
31802 認識仲間の顕在化が『まつりの場』である 琵琶湖 02/05/24 PM02
31769 私たちが、これから「社会」の中身を考え、作っていく 阪本剛 02/05/24 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp