アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
316871 アメリカはエボラウィルスの特許を持っている
 
佐藤晴彦 ( 58 長野 会社員 ) 16/06/30 PM07 【印刷用へ
アメリカはエボラウィルスの特許を持っている。このことはエボラウィルスは自分たちの手で作ったということを表している。
zeraniumの情報掲示板リンクより引用します。
********************************
フルフォード   最近明るみに出てきているけども、グルジアとかいろんなところで、米国の生物兵器研究所がウィルスの製造を始めているんです。そしてちょうど先週(2016年1月20日)、ウクライナで謎のインフルエンザによって200人が病気になり、20人が死亡しました。
.
    ロシアによると、それはグルジアから発生したと言っています。だから今も、生物兵器はつくられているし、エボラももちろんそうです。ちなみにエボラウィルスの特許を持っているのはアメリカ政府です。(P.138のパテント参照) 普通にグーグルで「エボラ 特許権」と検索すると出て来ます。
.
船瀬   「バイオ・パテントはわしらが持っている」ということは、「わしらがつくった」ということだね。
.
フルフォード  つまり、内部の人がこういうものを出して暴露しているんです。
.
宮城   命令に従っているふりをして、実は秘かに暴露している。
.
船瀬   間違ったふりをしたりしてね。これも内部告発の一種だ。
.
フルフォード  実は私のところに日本政府の関係者から、「ジカウィルス」についての質問があったんだけど、私は「インチキです」と伝えた。私は実際に調べた。現場の医者に連絡をとって、「本当に病気があったのかどうか」事実確認をした。今はネットもあるから、騙されにくい。だから日本政府も今、ジカ熱の騒ぎには乗っていません。
.
船瀬   かつて6割というとんでもない致死性の猛毒、鳥インフルエンザ・ウィルスを入れたワクチンが世の中に出て、それをWHOが全世界に配布して人々に打つ直前までいったことがあるね。そのワクチン接種を止めたのはある医師です。彼が試しに、自分が飼っているフェレット(イタチ)にワクチンを打ってみたら、全部死んでしまった。それで驚いてWHOに問い合わせ、製薬会社に問い合わせたら・・・。
.
フルフォード   「オー、間違えた。アイムソーリー」
          それだけで、誰も責任をとらない。誰も逮捕されない。
.
宮城   責任の所在がはっきりしないようにしておいて、誰も責任をとらない。
     だから報道も、誰の責任かわからないように流す。
.
船瀬   この猛毒の鳥インフルエンザ・ウィルスのワクチンがもし接種されていたら、えらいことになっていたよ。広島原爆の死者が小さいことにしか思えないくらい、何百万人もの死者が発生しただろうと言われている。
.
   同じようなことを、クリントンも認めています。
   アメリカが、アフリカの天然痘ワクチンのためにお金を出したんだけど、その中に実はHIVのウィルスが入っていた。で、この時も、「うっかり混じっていた。アイムソーリー」だ。そうやってウィルスによる人口削減をやろうとしているわけです。
.
フルフォード   ビル・ゲイツも公けの場で、「ワクチンを使って人口削減をやります」と言っている。
.
船瀬   ビル&メリンダ・ゲイツ財団でね。
.
フルフォード  私は昔、ビル・ゲイツのことをいい人だと思っていたんです。
        そしたらオラクルというCIAの会社の、今クラウド・コンピューティングをやっている会社の社長が、私のところに人を送って情報をくれた。何でも、ビル・ゲイツの自宅には死者を祭る部屋があって、そこには人間の骨がいっぱいあるという。その社長はビルと同じようなIT関連の金持ちで、ビル・ゲイツの自宅にも行ったことがある人間なので、これは非常に信憑性のある情報です。
.
船瀬   彼もやはりサタニストだ。
.
フルフォード  それで彼のことをよく調べたら、ビル・ゲイツは「大学を中退して起業して大儲けした」と言われているけども、そうではないことがわかった。彼は実はIBMのワトソン一族なんです。ワトソン一族とは優生学の人たちで、ナチ・ドイツの強制収容所の管理のシステムを請け負っていたのがIBMでした。そしてビル・ゲイツの父親はワトソン一族のかばん持ちで、彼らの右腕だった。
.そしてビル・ゲイツの奥さんのメリンダは、旧姓がワトソン。
   つまり、ビル・ゲイツはワトソン一族の娘と結婚して、その手土産としてIBMのパソコンソフトを手に入れたということです。
 
  List
  この記事は 316575 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_316871
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
316872 アメリカはエボラウィルスの特許を持っている(2) 佐藤晴彦 16/06/30 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp