健康と食と医
316685 日本脳炎の新型ワクチンなど受けるな〜新型ワクチンの安全性は立証されていない!〜
 
猛獣王S ( 46 東京 営業 ) 16/06/24 PM10 【印刷用へ
『日本脳炎の新型ワクチンなど受けるな 』(HARMONIES ハーモニーズ(Ameblo版))リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
皆さんおはようございます。朝から長文失礼します。先ほどNHKの朝のニュースで、私の住んでいるエリアである千葉市緑区が取り上げられていました。

なんと「日本脳炎」の新型ワクチンの接種年齢を、6カ月の子どもに引き下げて、実際に接種を始めたようです。千葉市のお母さん方、こんなもの絶対に可愛いわが子に接種させてはいけませんよ!

詳しくは下記に述べますが、ほとんど人間の感染者などいない(豚は多い)日本脳炎。インフルエンザワクチンや、子宮頸がんワクチンがそうであるように、「ワクチンを打つから病気になる」んです。

その証拠のひとつは、千葉市によるこの一文です。

「日本脳炎の予防接種は、接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の積極的な勧奨を行なっておりませんでした。その後、新たなワクチンが開発されたため、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています」

リンク

旧ワクチンで重い病気=重症のADEM(急性散在性脳脊髄炎)=になったということは、ワクチン接種こそがその原因であろうと普通考えますよね? なぜなら接種前は元気だったわけですから。

今回、製造方法を新しくしたものを接種しますというのは、単なるカムフラージュに過ぎません。そしてさらなる仰天情報が、製造元である阪大微生物病研究会の上田理事によって文書にされています。

リンク

「4−2.細胞培養日本脳炎ワクチン(販売名:ジェービックV®)

細胞培養日本脳炎ワクチンを製造するウイルス株は、マウス脳由来のワクチンと同じ日本脳炎ウイルス北京株で、従来と変わりはない。ウイルスを培養する細胞はVero細胞にした。Vero細胞は、安村美博博士(現独協医科大学名誉教授)が千葉大学医学部に在籍しておられたときに、アフリカミドリサルの腎臓細胞から樹立された細胞株である。」

「アフリカミドリザル」といえば、あの悪名高きエイズウイルスの発生源とされている動物ではありませんか。エイズウイルス自体、人工の殺人ウイルスであることは周知の事実です。

アフリカミドリザルの細胞を用いて、エイズウイルスの大量製造に成功したので、日本脳炎ワクチンにもこれまでのマウス細胞をやめて、サルの細胞を活用してみよう、容易に考えつきそうなことです。

たとえば症状が出るのを遅らせて、小学生になってから病気になるようにすることだって、遺伝子改変により十分可能なはずです。そうすれば、日本脳炎ワクチンが犯人だと特定されることはない。

上田理事は、さらにこう書いています。

「ADEMの問題、供給量の問題から、本ワクチンは定期の予防接種に使用できるが、積極的に予防接種を勧奨できる段階ではないということ、また、第2期の予防接種については治験を行っていないため定期の予防接種としては扱えないということである。」

第2期の予防接種とは、「9歳以上13歳未満の者に行う。9歳に達した時から10歳に達するまでの期間を標準的な接種年齢とする」もので、小学生になってから接種されるものです。これについては、治験は行われていないのです。

つまり、この新型ワクチンの安全性は立証されていません。

ケムトレイルにアルミニウムの微細粉末を全国に撒布し、アルツハイマーをどんどん拡大しているように、すべてNWOアジェンダによる「人口削減計画」の一環なのです。千葉県にお住まいの皆さんはもちろん、この情報をどうぞ全国に拡散してください。

千葉で最初にやったら、必ず他県にも広げようと画策していることでしょう。厚労省も国立感染症センターも、その裏にはぶら松がいますからね。こうした新型ワクチンの動きには、最大限警戒してください。よろしくお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 316575 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_316685
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp