もはや学校は終っている
316210 生徒によるいじめ対策の事例
 
望月宏洋 ( 24 会社員 ) 16/06/10 PM09 【印刷用へ
 学校でのいじめが年々増加し、児童・生徒はもちろん、教職員も疲弊し活力が衰弱している現状があります。「観念にどっぷり漬かった大人」が色々考えて、対策をしようとしていますが、「潜在思念で物事を捉えられるこども」自ら解決に向かう方が可能性がありそうです。

 以下、リンク より引用

>残念ですが、ゴールデンウィークが明けてから、東京の品川区、大田区、秋田市と中学生の自殺が相次ぎました。現段階では、いじめとの関係はわかりませんが、学校が関係しているというのは間違いないことでしょう。学校に行くことで、いわれのないストレスにさらされるようなことがあってはなりません。

子供たちを守るのは大人の責任です。「現代のいじめは、大人が関わらないと解決しない。昔と違って、今の子たちは自分たちでいじめを解決できない」と、保護者や大人が介入することの必要性を、私たちは全国で訴えています。残念な気もしますが、これが現実です。

先日、うれしい話を聞きました。その話をしてくれたのは25歳の青年です。その青年の中学では、教師の力も親の力も借りずに、生徒たち自身によって「いじめを許さない学校」を実現していたというのです。

青年が大阪生まれと聞いたので「大阪もいじめはひどいでしょう」と問うてみたことがきっかけでした。

「そうなんです。周りの中学のほとんどは、学級崩壊やいじめで授業が成り立ってなかったですね。それで僕たちには、『自衛しなくちゃいけない』という自覚が生まれました」

「教師はみんな見て見ぬ振りだし、子供のことを真剣に考えてくれる先生も学校にはいなかったですね。周りの学校みたいなところには行きたくないし。で、生徒で話し合って、あんな中学にしちゃいけないということで一致しまして。お互いに、いじめにならないうちに止めに入ろうということにしたんです。『あんなふうになったら勉強なんかできないぞ』って、声を掛けあっていじめの芽をつぶしていったんです。良い中学時代でしたね」

この言葉には達成感がありました。そして誇りと自信がかすかに伝わってまいりました。きっと、この彼自身がリーダーとして頑張ったのでしょう。中学の時の成功体験が現在の仕事や生活の基盤を作ったように見えます。

>ここに、理想の生徒像のヒントがあるように思います。一人一人が、自制心を持ち、ルールを守り、お互いを尊敬し、かつ尊重できる子供たち。そして何より、悪いものは悪いと言い切れる子供たち。

素晴らしい子供たちの姿が浮かんでまいります。でも、これはまれな事例です。子供たちに「そんな子になりなさい」と言って放っぽりだしては、大人としては無責任です。私たち自身が、子供たちの手本となる生き方、考え方を示さなくてはなりません。こんな子供たちを私たちは育てたいと思っています。

私たちだけではありません。先生たちの多くも同じように考えています。私たちを応援してくださっている先生たちと話してみると「子供たちの役に立ちたい」、「社会で活躍する子を育てたい」という強い志、願いを持っています。特に若い先生はストレートに、その情熱をぶつけて来られます。子供たちと接するなかで、理想と現実が一致しないことにしばしば出会うこともあると思います。しかし、理想を忘れてしまったら未来は無意味になるように思います。

私たちは、今、苦しんでいる子とともにいじめに立ち向かっています。6月はいじめが発生しやすい時期です。ほんの少しでも不安に思ったら、ご遠慮なくご連絡ください。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_316210
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp