健康と食と医
315881 数百万人が打ったワクチンにエイズやガン化ウィルス(SV40など)を混入させていた事をメルク社ワクチン科学博士モーリスハイルマンが認める
 
猛獣王S ( 45 東京 営業 ) 16/05/31 PM11 【印刷用へ
『ワクチンの中に、白血病やガンのウィルスを入れないで下さい! 』(wantonのブログ)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
数百万人が打ったワクチンにガン化ウィルス(SV40など)を混入させていた事をメルク社が認める
リンク

〜製薬業界ワクチン、有害の恐怖〜

ワクチン業界の邪悪な正体を見ることができるインタビュー。

ワクチンは、何十種類ものウイルスで汚染され、ワクチンをうったことで、別のもっとひどい病気を引き起こすようにつくられている。
製薬会社は、病気を広げるために、ワクチンを開発している。

メルク社のワクチン科学者のトップ、モーリス・ハイルマン博士のインタビューで下記のように話している。

・ポリオワクチンは、40種類のウイルスに広く汚染されていた。

・黄熱病のワクチンに白血病のウィルスが入っている。

・ワクチンによって長期の作用、つまりガンになる。

▼メルク社ワクチン科学博士モーリスハイルマンは、ワクチンの中にあるSV40、エイズ­やがんウイルスの存在を認めた

リンク 

ワクチン効果の調査でもっとも認識された科学者、アンドリュー・ウェイクフィールド博士の話

・セインバックス社は、13のワクチン全て、遺伝子組み換えDNAで100%汚染されている。

・DNA分析では、アルミニウムのアジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)は、日本では、米・メルク社の「ガーダシル」と英・グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」が使用されている。

▼ガーダシルの子宮頸癌ワクチンは遺伝子組換DNAで汚染されていることが発見された

リンク

病気に対して抗体をつけ 病気から身を守るはずのワクチンが、 実は 遺伝子レベルで傷をつけ 癌を発症させるように働いている。

製薬会社が、全世界に提供しているものが・・・
人の健康を守るどころか、実は、人々の健康を蝕んでいる。
という有り得ない告発です。

日本は、人体実験列島と化している!

ワクチンの出自は、人口削減を最大の目的としている巨大組織。
何の問題意識を持たずに、摂取し続けている日本国民は哀れという他は無い。
今後も無数の犠牲者を生み出すことが、既に確定している。

霞ヶ関の厚生利権から、ワクチンを半強制的に国民に押し付けている役人共も・・・間違いなく、共同正犯である。
また、推進現場の自治体役人の無知は酷いものである。
それに・・・
ワクチン接種直後、毎年、数十人単位の犠牲者が出てもそれが、表にでて報道されることは皆無だ。

それどころか、中長期的には、そのワクチンを接種し続けることによりガンや白血病、その他の難病を発症し続ける事態が生まれます。
製薬会社と厚生省と医師会は、儲かって大喜びするでしょう。

私が、以前から、大いに疑問を持っているのが・・・
鹿児島における、成人T細胞ウィルス。
これも、アフリカで意図的にワクチンにエイズウィルスが混入されたように・・・
鹿児島が、一大実験場にされてしまった可能性を疑っています。
もし、病院発だとしたら悲劇です。

だってそうでしょう。
以下のグラフは、そのように考えないと全く説明がつきません。
ただ、あまり深く究明すると・・・
『命が幾らあっても足りないぞ!』〜とのご忠告もいただいておりますので、あくまでも問題提起だけに止めておきます。

都道府県別白血病死亡率
リンク

子宮頸がんワクチンの99.9%が接種をした女性に全く効果がない事を厚労省が認めた
リンク

豚インフルエンザワクチン が基盤とするらしいそのパンデミックワクチンは、 4.86 mgのTween 80としても知られる ポリソルベート80 を含んでいる。
これは実質的に、50μgのポリソルベート80を含むメルク社の子宮頸癌ワクチンであるガーダシル中に見出される量と比べた時、ポリソルベート80の量で 100倍の増加 である。

リンク

ポリソルベート80は、建前上は、我々のワクチン中に安定化剤として入っている。 なぜある一つのワクチンがこの安定化剤を他の一つに比べて100倍の量を必要とするのかは私の理解を超えている。
しかしそれはこのワクチンの意図を問うためには十分な理由となる。

スロバキアで行われた一つの研究は、新生児の雌ラットがポリソルベート80を注入された時、ラットは 成長してから不妊になる ことを見い出している。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 315642 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_315881
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
325787 エイズはインチキだった 匿名希望 17/04/16 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp