原発
314984 国家エリート達の頭はおかしい。更に放射能汚染列島にしていく。
 
松本幸二 ( 60代 京都 事務 ) 16/05/08 PM08 【印刷用へ
国のエリート達は、原発事故収集が出来なく成ると場当たり的に安全基準を変更する。今回は、原子炉等規制法による再利用基準を根拠も無く80倍の基準に引き上げる。暦年積み上げて来た安全基準を容易く変更するエリート達の頭は如何成っているのか。

彼らは以前にも同じ事をした。通常人の年間被曝量を従来の1 mSv/年から20 mSv/年に20倍の値に引き上げた事の繰り返しである。

こうしてエリート達は、国民の命を救う事もせず汚染列島にして行く。
この事実を以下に紹介する。

『8,000ベクレルの除染土、全国バラ撒き 』
 田中龍作ジャーナル
 リンク

(引用開始)
・・・・・・・・・・・・・・・・
環境省はこのほど、8,000ベクレル/kg以下の除染土を全国の公共事業で再利用する方針を固めた。
原子炉等規制法による再利用基準は100ベクレル/kgだから、今回、各地に拡散されようとしている除染土は基準の80倍にもなる。

4年前を思い出す。所管は同じく環境省だ ―
福島の原発事故で放射能汚染されたガレキを、政府が全国各地の焼却場で燃やす“事業”だった。原発事故の翌年(2012年)のことだ。
反対運動は燎原の火のごとく全国に広がった。子どもの健康を気遣う母親たちは集積場前で座り込んだ。機動隊が出動して人々を排除し、ガレキは搬入され、燃やされた。

今回はガレキではなく福島の除染土が全国に持ち込まれようとしている。それも8,000ベクレル/s以下という驚くべき値だ。
住民たちが今日、「除染土バラ撒き」の撤回を求めて、国会内で環境省と交渉を持った。(主催:FoE)

環境省は「除染・中間貯蔵企画調整チーム」の参事官補佐2人が対応した。
住民たちが重く見ているのは―
・原子炉等規制法が定める再生利用基準の100ベクレル/sと今回の8,000ベクレル/sは矛盾しないか?
・ワーキンググループの議事録とメンバーの名簿が非公開になっているのはなぜか?・・・などだ。

「(除染)土壌は貴重な資源」と答える環境省の参事官補佐。正気なのだろうか? =2日、参院会館 撮影:筆者=
環境省の山田浩司参事官補佐は次のように回答した―
「(8000ベクレル/sでも)覆土して管理するので問題ない」
「未成熟な情報などがあり不当に誤解を招いたりするので非公開にしている」 

環境省が回答すると猛烈な反論が起きた。
「覆土しても汚染物質が地下水に流れ込めば環境破壊が起きる」
「(情報の非公開は)北朝鮮だ。改めて開示を求める」
いまなお住民1万5千人が避難生活を続ける富岡町出身の主婦の言葉が、真相を突いた ―
「避難者にアンケートを取ったら(富岡町に)戻りたいと答えた人は20%しかいなかった・・・」

避難者を何が何でも帰還させるという政府の命題があり、そのために無理な除染をする。除染で出た土は法律(※)で福島県外に持って行かなくてはならない。
福島で汚染された土を全国にバラ撒くのはガレキの時と同じだ。これでは環境省ではなくて汚染省である。
・・・・・・・・・・・・・
(引用終了)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_314984
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
317386 【福島原発事故】太平洋の放射能汚染、5年で濃度が大きく低下!オーストラリアの研究調査で判明!深海に蓄積した可能性も 立川久 16/07/15 PM11
316329 日本が「世界の核のゴミ捨て場」になる?〜仏ヴェオリア、日本で低レベル放射性廃棄物処理開始へ!〜 猛獣王S 16/06/14 PM03
315139 著書「超微小知性体ソマチッドの衝撃」よりA〜ソマチッドは「DNAの前駆物質であり意思や知性を有している!」〜 猛獣王S 16/05/12 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp