本能⇒共認機能⇒観念機能
314917 【言語の進化】12.侵略戦争による優先動詞の多用と語順の大変化
 
縄文男児 ( 70代 大阪 経営 ) 16/05/07 AM00 【印刷用へ
推測動詞や意思動詞は、洞窟時代から在ったが、同類闘争の緊張圧力が高まるにつれて、否定動詞や断定動詞が登場し、さらに侵略戦争→権力支配の時代になると可能動詞や所属動詞、あるいは使役動詞や服役(受身)動詞が登場する。
  
アルタイ語族では、それらは全て動容詞の語尾変化によって使い分けられた。
「らしい」「ようだ」、「したい」「しよう」、「しない」「せぬ」、「です」「ます」、「させる」「させられる」
また、アルタイ語族(=ツングース族やチュルク族)は、セム族や印欧語族ほどの激しい皆殺しの侵略戦争に直面することなく、部族共同体が残存し続けたので、原初の語順がそのまま残存した。

他方、侵略戦争が常態化したイラン高原やコーカサスや地中海では、伝えるべき言葉の緊急性が一気に高まると共に、言葉の正確さが極めて重要になった。その結果、とりわけ侵略の張本人であるセム族では動容詞が文頭に来ることになったが、侵略された側のハム族や印欧語族においても、対象詞の次に動容詞が来ることになった。つまり、語順が大きく変化した訳である。
その後、書き言葉が定着すると、各語族の語順は変化し難くなり、現在までその語順を踏襲することになった。

セム語やハム語や印欧語では、動容詞が前にくるようになったが、これら侵略語の語順の大変化を先導したのは、特定の文意の優先動詞の多用である。
侵略社会は、能力や可能性を問う可能動詞や、所属や所有を問う所属動詞や、義務や必要を強調する義務動詞、あるいは使役・服役(受身)を示す使役動詞、更には否定や断定をはじめとする説得のための説得動詞が極めて重要になり、これら一群の優先動詞が動容詞の前に来るようになり、その結果、動容詞共々、文頭に(or主体句の次に)置かれるようになった。
(なお、これら優先動詞を言語学では「助」動詞と呼んでいるが、それも英語を訳の分からない物にしている大きな原因である。「助」と言えば、どうでも良い付け足しのように感じてしまうが、これら優先動詞は付け足しなどではなく、優先動詞こそが文意の中心であることを示し、だからこそ動容詞の前にくる最も重要な動詞である。)

セム語や印欧語族の言語は、動容詞が前にくるようになっただけではない。皆殺しの侵略戦争の結果、本源的な共同体は徹底的に破壊され、それまで集団を律していた不文律の規範も破壊されて終った。そこで、彼らは人工的な法文や契約によって社会を律してゆくことになった。
その結果出来上がったのが契約社会であるが、契約社会では常に主体とその対象を明示しなければ、個々の関係を律することも社会を律することもできない。そして、そのような言葉が書き言葉として定着してしまうと、主体や対象を省略しても意味が通じる場合でも、必ず主体と対象を明示することが普通になる。

それに対して、侵略を経験していない縄文人→日本人の場合は、語順が本源的なS・O・Vのままであるだけではなく、本源的な不文律の規範が濃厚に残存しているので基本的に共感社会であり、主体や対象を言葉にしなくても通じる場合が多い。この点も、日本人がそれらの言語を習得する上で、よく心得ておくべき重要なポイントである。
(但し、現代は侵略が常態化していた4000年前〜3000年前に比べると侵略圧力が大きく低下しているので、米語などでは、主体や対象を省略しても通じる場面が増えつつある。従って、将来、印欧語などの話し言葉は日本語に近くなってゆくのかも知れない。それはともかく、西欧文明の終焉が象徴しているように、侵略語が人類史的に見て時代遅れの言語になりつつあることは間違いないと言えるだろう。)
 
  List
  この記事は 314916 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_314917
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
314958 【言語の進化】13.セム語、ハム語、印欧語における、前関詞、冠関詞の発達と、それによる関詞の消滅。 縄文男児 16/05/08 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp