人工物質の脅威:大気・水・食品
312954 携帯・スマホによる老化の促進(精子激減、脳細胞の破壊・癌化、白髪化)の危険
 
日出・真田十勇士 ( 40 京都 会社員 ) 16/03/07 PM00 【印刷用へ
■環境ホルモンの脅威!少子化の元凶は化学汚染だ 精子激減・・・!
●大学生97%が不妊症″…!?

「健康な体育系学生でも、精子が『不妊レベル』を超えたのは34人中たった1人……!」。(308751)

という驚愕の報告があったが、環境ホルモンに加えて、携帯電話にもその要因があるという。

以下、佐野千遥ブログ リンクより以下転載。

第1章:携帯をズボン・ポケットに入れると精子が激減し、速く老け、白髪がどんどん増える理由!

“携帯をズボン・ポケットに入れておくと、精子が激減する”
リンク 

実験報告書論文(英文)
リンク 

[註]:一言最初に断わっておくが、太陽光等の光は人工電磁波とエーテル構造が全く違うものであるため、光を電磁波と呼ぶのには語弊が有る。カッコ付「正統派」現代物理学が無知が原因で、周波数だけで光も人工電磁波もごた混ぜにして電磁波と名付けて呼ぶのは誤りである。光は左巻helix(コイル)の外側に右巻きhelix(コイル)が同軸に敷設された構造を持っており、時間の進みは負の時間方向を持っているために、反エントロピー的作用を及ぼす。これに対し、人工電磁波は円環状磁場と円環状電場が相互に相手を起動する構造をしており、発生源から外へ向かって拡散する一方で有る為、エントロピー増大の作用を引き起こす。

このように物理学者達が太陽光を電磁波と誤って呼ぶために、”電磁波害”の心配から、現代人は太陽に当たらないために、多大な健康被害に会っている。更に医者達が、太陽光に当たると皮膚がんになると、デマ宣伝を遣っているので、現代人は益々太陽に当たる事を避け、健康喪失の被害を蒙っている。

        <[註]は以上>

電子レンジでは高周波人工電磁波が電場・磁場が相互に起動する回転振動を照射された物に引き起こし、照射された物の分子の自転速度が増す結果、温度が上がり焼ける。その際、照射されたものが動植物由来の食べ物である場合、回転振動による攪拌がDNAを破壊するので、電子レンジで調理した食べ物は【癌を引き起こし得る】。

携帯電話・スマホで、基本的に電子レンジと同じ様に高周波人工電磁波を浴びると、電場・磁場が相互に起動する回転振動で、【精子が回転振動で激しく攪拌されて破壊されて死滅】する。

携帯電話・スマホの電磁波は電子レンジと同じ高周波人工電磁波を原理としているのだから、電話会話をしている最中には脳細胞が回転振動で激しく攪拌されてDNAが破壊されて【脳癌に成る危険】が生じる、又は脳細胞自体が破壊されて知能が低下する危険も生じるのは当然である!(+_+)^!!

精子が死滅し激減するという事は、単に性的能力が減退する事に止まらず、大きなダメージを生体に与える理由を以下に説明する。

体細胞と違い、性細胞はDNAの端に有る、長さで年齢を示すテロメアという部分を修復するテロメラーゼと言う酵素を持っているので、何度細胞分裂してもテロメアの長さが減らず、創った子供は生まれた時、ゼロ歳からスタートする。

この修復酵素テロメラーゼを体細胞は持っていないので、体細胞はテロメアが細胞分裂毎に減って短くなって行き、年を取る。

ところで、テロメラーゼを持った精子は、一定時間使われないと取り崩されて、それが含んでいたテロメラーゼは、体細胞のテロメア修復に或る程度利用される。これが若さ維持に役立つ。

この為、精子が大量に生産されている生体は、テロメラーゼが体細胞にも働いて、その体細胞のテロメアの長さの減少速度が抑えられ、老化の速度が抑えられる。

これに対し、精子が激減した生体は、余剰テロメラーゼが体細胞に全く供給されないので、老化が急速に進み、例えば白髪が急速に増える。

野球のイチロウ選手の白髪頭、佐藤浩市氏の白髪頭等

★よって携帯・スマホによる老化を阻止する為には、携帯・スマホは首にぶら下げて紐を短くし、後ろへ回して肩に掛けるようにするか、身に付けずに手荷物の中にいれおくのが一番である。

私自身振り返ってみて、携帯を持つように成るまでは、白髪(しらが)なんぞ一本も生えていなかったが、2006年頃に携帯を持つように成って以来、白髪が生え始めた事を覚えている。

携帯の電磁波の害を認識して、最近、私自身、携帯・スマホは首にぶら下げて紐を短くし、後ろへ回して肩に掛けるようにするか、身に付けずに手荷物の中にいれおくようにして以来、立ち処に血色が良くなり、皮膚につやが出て来た。

第3章:電磁波遮断装置の設計。スミルノフ物理学から考案

現在世の中に出回っている電磁波遮断装置というものは、シールド・メッシュ金網だとか樹脂網ネットだとか理論的根拠が薄弱な、はっきり言って如何わしい物ばかりである。これはカッコ付「正統派」現代物理学の発想法が貧困である結果である事は言を待たない。

そこでスミルノフ物理学を基に論じよう。

磁場を遮蔽するより、電磁波を遮蔽する事は遥かに楽なのである。
(中略)
そこで先ず、諸々の物質の比誘電率を掲げよう。

真空       1.0
アクリル樹脂   2.7~4.5
アセテート   3.2~7.0
ウレタン 6.5~7.1
メタノール   33
水       80
雪 3.3
等々

つまり我々の身の回りに有る最も卑近な「水」自体が、
電磁波を遮蔽する上で最も効果的な手段である事が分かる。
(略)
 
  List
  この記事は 308751 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_312954
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
315638 今からでも遅くない!誰も教えくれない危険なスマホ電磁波対策とは? 猛獣王S 16/05/25 PM07
313841 佐野千遥博士の癌対策-1: 高体温⇒免疫強化 佐藤賢志 16/04/05 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp