原発
312797 国家安全保障局の技術者が内部告発:『311大震災は偽旗テロである』アメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った
 
惻隠之心 ( 60 大阪 会社員 ) 16/03/01 PM10 【印刷用へ
再掲:『311大震災は偽旗テロである』−アメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った〜元米国家安全保障局(NSA)技術者ジム・ストーン氏の内部告発より以下引用です

2015/03/11
リンク
リンク
<書き起こし>
 私はすべての機密情報を手に入れました。まず最初に日本でM9・0の地震は起きていませんでした。それはとても良く事実によって証明されていて、仙台では建物が壊れていませんし、あの津波のビデオを見てもらえば、被災地の各都市の建物は完全に地震で無傷だったのです。

ですから今、私たちが福島について知っていることは、そこの海に核兵器が設置されていたということなのです。
新しい形のテロなのです。

福島の場合にはストゥクスネットは4ヶ月間植えられていました。そして学んだのです。オペレーターが完全に燃料棒の温度を制御していることや温度はどんな方法でどのような割合落ちるかなどをです。

それから燃料棒を入れると、この方法で温度が上がり、圧力が上がり、タービンの速度が上がったり下がったりするとか、現在それが起きている振りをするのです。

ですから、ストゥクスネットはそこで、その施設でオペレーターがするすべてを学ぶのです。4ヶ月にわたってです。

それを植え付けた会社はマグナBSP社と呼ばれています。私が言いたいのは・・私は彼らにメールを送っていて、彼らが施設に埋め込んだ核兵器の写真も持っています。

 彼らがしたことは、イスラエルで座って津波を引き起こし、津波が原発を襲うのを待っていたのです。地震に襲われると、すぐに原子炉は自動的に緊急停止を始めます。なぜならこれらの原子力施設は、本質的に安全に設定されているからです。

ですから、地震的な災害が起きても、電気的な事故が起きたとしても、原子炉は自動的にスタンバイモードになるのです。そしてそれは福島で起きました。津波が発生して約40分後に起きたことは、彼らは発電機を停止させたのです。
中略
わかるでしょう?どのようになっているかという、ちょっとした福島(問題解明の)図表ですね・・彼らが核兵器を置いた場所に私は矢印をつけています。写真の下の方にスクロールすれば、福島の実際のニュースの写真とニュースを見ることができます。

この写真のある一番下のほうです。そして偽装立体鏡カメラがありました。銃型核兵器の図が2つあります。これがその中にあったと私は考え始めています。明らかに一致しているのです。

そうですね。私もこの情報は知っています。確かあなたにコンタクトを取るずっと前でした。私からあなたへの質問なのですが、この情報を手にして何が起きたと思っているのですか?別の言葉で言うと、あなたの文章はとてもよくできています。他の人々もそうだと思うのですが、わかるでしょう?私はいくつかの別のところでそれに遭遇したと思います。ですから、どう思いますか?基本的には、それ(3・11)は、イスラエルの偽旗作戦なのでしょう?

そうです。これは、偽旗作戦です。

私たちは、実際に入っていったイスラエルの波及効果という観点から扱っています。イスラエルが単独で行動したと思いますか?わかるでしょう?こう言うのは悲しいことですが、他の国も関わっていて、私たち(アメリカ)がほぼ関わっているようなのです。

私はたくさんの報告書を持っています。それは、米国海軍が核爆発の起きた日に、日本海溝にいたというものです。福島のページをスクロールして下げると、本当の震源地を載せてあります。メディアが報告した震源地も載せています。この地震の本当の震源地は60マイル内陸にあり、メディアが報告した震源地は日本海溝にある半島に近い沖24マイルの所です。これは全部作られたものなのです。

中略
ちょっと止まっていただけますでしょうか?電子炉3号機が爆発してしまいました。何によってですか?核によってですか?

そうです。4号機には2つの核が仕込まれていました。4号機では、核爆発があった時に、圧力下にはありませんでした。なぜならこれはサンプルだったからです。ですが3号機で核が爆発した時には、少なくても、3000PSI、おそらく5000PSIの圧力が出ていたのです。イランでは1150PSIでした。存在していない制御は、イスラエルのストゥクスネットに感染しているのです。このウイルスは全てが破壊されようが、爆破されようが、その前後も全ての読み取りを通常に保つのです。ですから、この1ヶ月の間、この原子炉はそこにあって、写真からは明らかに破壊されていますが、コントロールルームでは、この存在すらしない原子炉から温度の読み取りや圧力の読み取りなどの全てが、通常の読み取りを得ているのです。これは、ウイルス(の感染)を通した現象なのです。これがウイルスがずっとそこにあったという決定的な証拠なのです。

OK ですが、何故3つの計画で攻撃されたのでしょうか?わかるでしょう?地震・核・津波です。9・11の時のように各施設を爆破したければ、理由がなければなりません。タワーを崩壊させたければ、飛行機が突っ込まなければなりません。可能性あるシナリオを提供するために、原子力工場を爆破させたければ津波がなければならないのです。津波はまるでカバーのようなものだったんですよね?

そうです。津波はカバーでした。津波は9・11の時の飛行機なのです。国家安全保障局(NSA)には、非常に道徳的で優秀な人々が大勢います。彼らは区別された個別の機関下にあるために、自分たちが何か邪悪なことをしていても、それがわからないのです。なぜなら、彼らは自分たちの仕事が何に使われているかを知りませんし、命令がどこから来ているかも知りません。彼らは非常に善良で正直で頭のよい人たちです。ですが私は彼らをそこに入れておこうと思います。私はこの時代全体の環境という名の偽旗テロがなくなることを望んでいるのです。
引用終わり
・・・・・・・・・・
リンク
 
  List
  この記事は 311800 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_312797
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp