アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
312796 CIAにスカウトされた日本人が暴露! CIAの破格の給与、試験、条件、仕事の全貌! スノーデン事件も
 
惻隠之心 ( 60 大阪 会社員 ) 16/03/01 PM10 【印刷用へ
特殊機関の全貌が明らかに!ハピズムさんより引用です

CIAにスカウトされた日本人が暴露! CIAの破格の給与、試験、条件、仕事の全貌! スノーデン事件も
2013.07.19 金
 リンク
最近、米国の諜報活動を暴露した元CIA職員スノーデン氏の亡命で何かとニュースに上がってきているCIAという機関。CIAと聞くと、すぐに映画のスパイを想像するが、実際にどんな機関なのかという疑問は誰でも抱くことだろう。

■CIAの仕事とは?

 CIAとは、アメリカ合衆国中央情報局の略であり、対外諜報活動を行うアメリカ合衆国の情報機関のこと。基本的にアメリカの特になるような情報を収集する。具体的には、外交や国防、経済に関するあらゆる情報を集めて情報を操作する機関である。

■CIAになるには?

 CIAの職員になるには、公表されている一般的な条件が存在する。

[条件]
 運転免許証を持ち、視力、聴力、健康状態が良好で、世界中にあるCIA海外支局での勤務が可能な23〜35歳までの米国市民と規定されている。ほかにも、一定上のIQが必要なため、ハーバード、コロンビア、プリンストンなどの名門大学でスカウトが行われているそうだ。

[試験]
 もちろん米国市民の採用には、筆記試験や小論文試験も行われる。その後、軍隊と同じように新入りのための訓練キャンプを経て、正式な諜報員となる。

 CIA職員は主な職務が情報収集なので武器の使い方は重要視されないが、もちろん状況によっては危険に晒される。そのため行動は常に監視され、一挙一動すべてが職務下に置かれるのだ。

■CIAの給与は?

 そのような職務の厳しさと責任の重大さを考えると、どれほどの給与が支払われるのかを疑問に思うが、スカウトを受けたという日本人Aさんの証言を元にすると「給与は年2400万円、月でいえば200万円くらい。それ以外に案件ごとの値段+経費が別途支払われ、案件ごとに10〜100億+経費」がもらえるという。

 Aさんへのスカウトは東南アジアの某国滞在時に行われたが、断ったその後には接触ないそうだ。

「CIAにスカウトされる人は、組織に属しておらず、家系がきちんとしている人に限られます。たとえば代々自衛官だとか、国家公務員だとか、忠誠を誓えるような立場の人を選んでいるようです」(Aさん)

■CIAの一般公募は“スパイ”発掘が目的!?

 以前、ネットでも公募されていたが、一般公募がされたのは他国との二重スパイに呼びかける意図があったとの説もあり、オープンになっている情報だけを信じるのは早計のようだ。

 現在報道されているスノーデン氏も、世界中のジャーナリストからその行動が疑問視され、作家のナオミ・ウォルフ氏は、「スノーデン氏は香港に出国する前に、米国内に身を隠していたというが、米当局が察知できないのは不自然。そして問題もなく香港に出国でき、さらにロシアに出国できたことが不自然すぎる。既に別国の保護下にあるのではないか」と述べている。

 日本では報道されていないがスノーデンが二重スパイの疑いも濃厚のようだ。このニュース、まだまだこの先も目が離せそうもない。
 (小手平走歌)
引用終わり
 
  List
  この記事は 311800 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_312796
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp