法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
312662 裁判官の不可解な人事異動
 
takigawa hayami ( 大阪市 ) 16/02/26 PM02 【印刷用へ
司法の世界でこんなに疑惑に満ちた人事が行われているとは知らなかった。事実なら(おそらく事実だが)法治国家とは聞いて呆れる、悪の「放置国家」だ。リンクから引用します。

******
◇田中哲郎裁判官、基地局裁判の地を転々

携帯電話の基地局の撤去を求める裁判は、1990年代に九州から始まった。水俣病に取り組んできた弁護士らがみずからの経験から、電磁波という新世代公害の危険性をいち早く認識したからである。が、残念ながら裁判では、原告が敗訴を繰り返してきた。

その背景には、無線通信網の整備という国策が影響しているようだ。企業の巨大利権もからんでいる。日本の場合、司法が内閣から独立しているとはおおよそ考えにくく、生田暉雄弁護士の言葉を借りれば、「国政を推進する最高裁」事務総局の存在が大きい。諸悪の根源である。

裁判所は、国策を推進するためのお墨付きを与える機関であると考えるのが正しい。

2004年6月、携帯基地局の撤去を求める裁判で2件の判決があった。沼山津裁判と御領裁判で、いずれも敗訴。舞台は熊本地裁だった。

これら2件の裁判の判決を下したのは、田中哲郎裁判長だった。

それから2年後の2006年2月に、今度は福岡地裁を舞台とした三潴裁判の判決があった。この裁判が結審する直前に、田中哲郎氏が福岡地裁に転勤してきた。そして三潴裁判の裁判長に就任。原告住民を敗訴させる判決を下したのである。

そのころ携帯基地局の撤去を求める裁判は、宮崎県延岡市でも行なわれていた。2012年10月、宮崎地裁延岡支部は、住民敗訴の判決を下した。当然、住民側は控訴して、舞台は福岡高裁宮崎支部に移った。

ところが控訴審が始まってまもない2013年、田中氏が福岡地裁から福岡高裁宮崎支部に転勤してきたのだ。そして裁判長交代のかたちで、携帯基地局の撤去を求める控訴審の裁判長に就任したのである。そして予想通りに住民の控訴を退ける判決を下したのである。

実は、この田中裁判官に関しては、読売裁判でも不自然な人事異動の事実が残っている。
*********引用終わり

この田中と言う裁判官は、携帯基地局訴訟潰しのプロなのだろう。携帯基地局の問題〜携帯基地局からは、マイクロ波と呼ばれる高周波電磁波が放射されている。WHOの外郭団体である世界癌研究機構は、2011年にマイクロ派に発癌性の可能性があることを認定している〜にもかかわらず、国策を優先した恣意的判決と言われても当然であり、決して許されない。
 
  List
  この記事は 288985 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_312662
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp