市場は環境を守れない、社会を統合できない
31251 超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/05/18 AM02 【印刷用へ
「身分」も「お金」も、評価指標として夫々の社会で固く共認されており、その共認圧力が夫々の社会での最大の圧力源=活力源にもなっている。しかし、この両者には大きな違いがある。
その違いは、根本的には、身分を作り出す国家が闘争圧力に対応した「集団(統合)適応」の存在であるのに対して、お金を作り出す市場は闘争圧力からの抜け道としての「共生(取引)適応」の存在である点に由来している。
身分(という評価指標)は、肉体的に備わった統合原理である力の序列共認を下敷きにしており、それが上から下まで貫通する身分という観念に置換された事によって、社会全体を統合する機能を持ち得ている。
それに対してお金は、私的な交換の場での評価指標にすぎず、交換の行われる局部・局部では統合機能を持ち得ても、社会全体を統合する機能は持ち合わせていない。

「闘争(能力)適応」や「集団(統合)適応」なら、その最先端の闘争機能や統合機能は、闘争圧力に対応する最先端機能であるが故に、全体を収束⇒統合することが出来る。しかし、もともと市場は、「共生(取引)適応」の存在である。共生(取引)適応は、あくまでも闘争圧力からの抜け道に過ぎず、共生適応の最先端機能たる取引⇒お金では、(闘争圧力が消えて無くなった訳ではないので)闘争圧力に対応することが出来ない。つまり、共生(取引)適応はあくまで抜け道機能しか生み出さないのであって、それは闘争圧力に対する真の最先端機能ではない。従って、全体を収束⇒統合することはできない。
これが、市場が社会を統合する機能を持ち得ない、究極の理由である。

事実、市場は社会生活を営む上で不可欠の社会基盤(道路や港湾や上・下水道etc)さえ、決して自らの手で構築しようとはしなかった。それどころか、自ら(=市場の拡大)が作り出した貧困(⇒福祉)や戦争さえ、その遂行と尻拭いの全てを国家に押し付てきた。そして自力で拡大することが出来なくなった今では、自分自身の拡大さえも国家(国債)に押し付け、国家(地方を含む)は700兆もの借金で首が廻らなくなって終った。
ここまで来れば、市場が国家の寄生物でしかないことは、誰の目にも明らかだろう。

要するに、市場はどこまでも私権闘争の抜け道でしかなく、従ってそれ自体では決して自立して存在できず、国家に寄生するしかない。だから、市場は、云わば国家というモチに生えたカビである。カビがどんどん繁殖すれば、やがてカビ同士がくっつく。世間では、それをグローバル化などと美化して、そこに何か新しい可能性があるかのように喧伝しているが、それも真っ赤な嘘であって、市場が国家の養分を吸い尽くせば、市場も国家も共倒れになるだけである。国債の暴落をはじめ、その可能性は充分にあると見るべきだろう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_31251
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
306018 地球規模で起きているのは、国家という存在の弱体化と消滅 柏木悠斗 15/07/15 PM11
304798 「コーポラティズム」〜ひたすら宿主の体を貪り食い、自らだけが肥え太ろうとする寄生虫 蔦宇兵衛 15/06/09 PM09
世界の闇の支配勢力から日本の支配史を読み解く 【金貸し⇒中央銀行が国家に金を貸し、操り、世界を翻弄する。〜イギリス名誉革命以後の近代史 】 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/11/25 PM07
次代の社会統合の場を考える5〜市場は社会を統合する機能を持たない〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/06/24 PM10
240497 【図解】市場は社会を統合する機能を持たない 小林雅志 10/11/08 PM11
239851 「消費者的ふるまい」が国を滅ぼす。 阿部佳容子 10/10/24 PM10
シリーズ「市場は環境を守れない、社会を統合できない」10〜市場はどこまでも私権闘争の抜け道〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/08/15 PM10
235850 現在の社会は統合されているのか? 川井孝浩 10/08/08 PM07
シリーズ:「国家と市場」第5回【市場は社会を統合する機能を持たない】 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/07/09 AM01
232537 【図解】超国家・超市場論11 小西良明 10/06/01 AM01
232410 構造を捉える事が必要 柳瀬尚弘 10/05/29 PM06
『家庭って何?』〜市場は社会を統合する機能を持たない〜 「感謝の心を育むには」 10/02/27 PM10
227205 「私的」な交換取引である市場 長谷暢二 10/02/26 AM09
226965 「公共事業=悪」なの? 匿名希望 10/02/22 AM01
特権階級のダマシを暴く 〜1.市場経済編〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/02/14 AM02
220026 【図解】超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない 谷口知世 09/11/19 AM08
219971 ごまかしは、通用しない!続けられない!! ぴのこ 09/11/18 PM07
219967 もはや市場も国家さえも統合機能を持ち得ない スガイク 09/11/18 PM06
219960 共認原理で国家を統合していくのが、新たな課題 あおい 09/11/18 PM03
215582 集団適応と共生適応は根本的に全く違う マリー 09/09/22 PM01
215569 市場が社会を統合する機能を持ち得ないのは、 あわわわ 09/09/22 AM03
214059 「お金」という評価指標は、新たな評価指標の可能性を見せてくれている 鈴木龍也 09/09/01 AM08
213999 カビだらけのモチは、互いに引っ付いても生き残れない。 津田大照 09/08/31 AM10
213658 社会基盤を市場に委ねた結果〜世界で起こっている水道民営化問題の実態〜 山田孝治 09/08/26 PM06
210286 市場が社会を統合する機能を持ち得ないのは個人発だから Rivet16 09/07/06 PM10
210245 【図解】 超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない 野田雄二 09/07/06 AM07
210066 市場とは、もともと個々の無秩序な私権闘争の場である 佐藤晴彦 09/07/03 PM11
209627 「制度の枠組み」を突き抜けていかなければ生き残れない! 斎藤一浩 09/06/27 AM02
208693 「身分」と「お金」 雪竹恭一 09/06/13 AM02
208605 市場の構造 中山寛太 09/06/11 PM10
208275 まとまりを求める国家と、それをバラバラにさせることで儲ける市場 佐々木尊一 09/06/06 PM04
204946 「抜け道⇒幻想共認」では社会は統合できない ECHO 09/04/22 PM09
204930 経済破綻がもたらすもの 浅野信夫 09/04/22 PM06
204924 市場と国家の共倒れの危機に際して 井上光利 09/04/22 PM03
204917 【図解】 超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない 八代至誠 09/04/22 PM00
203122 市場と労働組合は同根 田中直人 09/03/29 PM04
202513 「市場は環境を守れない、社会を統合できない」の事例 磯貝朋広 09/03/20 AM01
199923 国家が先か?身分が先か? ぴのこ 09/02/17 AM07
199826 共生(取引)適応自体は、可能性収束した結果だった スガイク 09/02/16 AM00
199767 【図解】超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない カナ 09/02/15 AM04
199685 懲りない国=アメリカ、カビはどこまで行ってもカビなのだが・・・ 匿名希望 09/02/14 AM05
199595 集団適応⇒社会を統合 カナ 09/02/12 PM11
194219 【図解】超国家・超市場論11 「三十六計逃げるに如かず」は戦術論だった。 (´・∀・`) 08/12/06 PM10
192685 市場は国家の寄生物。。。。 匿名希望 08/11/19 PM04
192676 【図解】超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない ゲン 08/11/19 PM02
192602 国債に歯止めを 池上陽市 08/11/18 PM07
190950 国家と市場 エウロパ 08/10/29 PM04
190931 【図解】超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない happy 08/10/29 AM11
190924 やっぱり市場は自力で生き残れない あさだっち 08/10/29 AM03
190917 共倒れ 匿名希望 08/10/29 AM01
190387 抜け道でしかない市場に可能性はない! jiashi 08/10/22 PM08
190374 市場が国家をつぶす? ゆ〜た 08/10/22 PM05
190180 公的資金投入に対するアメリカ人の反応 匿名希望 08/10/20 PM05
188383 最近のNEWSを見ての不安 藤田公一 08/10/01 PM07
188375 イメージするのに苦労するのは? ヒゲ眼鏡 08/10/01 PM06
188153 超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない:::幻想や騙しでは社会は統合できない 走馬灯 08/09/30 AM08
185484 市場と国家の関係 福ちゃん 08/09/12 AM01
185328 カビはカビでしかない アイスクリーム 08/09/10 PM10
184369 現代の評価指標を固めていくためには・・・ 佐藤祥司 08/08/31 PM11
181253 国家は市場の尻拭いをする 桑村佳直 08/07/15 AM10
日本金融史1 〜近代化の始まりは明治維新ではない!〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/06/29 AM10
179947 市場の限界は、生存基盤を自らの手に取り戻す転換点 匿名希望 08/06/25 PM06
179773 経済覇権国家の誕生 志水満 08/06/23 PM09
179572 統合原理不在の国家(集団)とは混乱→滅亡を意味する。 彗星 08/06/21 AM07
179532 「身分」と「お金」の変遷 越見源 08/06/20 PM08
178466 17世紀のオランダが覇権国になった理由は金に換算した「銀行貨幣」 志水満 08/06/05 PM00
178463 国家の負債の増大こそ《金貸し》の意図 志水満 08/06/05 PM00
178451 いまや国家の代表者は金融資本家の手先に成り下がっている? 志水満 08/06/05 AM08
178446 なぜ、市場は社会を統合できないのか? 彗星 08/06/05 AM04
178406 市場の功罪 こうた 08/06/04 PM11
178392 市場は社会を統合する機能をもたないのに経済=市場に拘るのは? STP 08/06/04 PM09
178370 「金貸し主導」が、全面閉塞の原因 長谷川文 08/06/04 PM06
178368 市場の私的な闘争 斎藤裕一 08/06/04 PM06
178320 現代は「カネ余り」による市場の自己破壊過程 阪本剛 08/06/04 AM01
178304 個人の利益で社会は統合出来ない。 ノン 08/06/03 PM10
178181 市場がすべてではなく。 ヘッドフォン 08/06/02 PM06
178180 すべての社会生活を市場がまかなうのってムリ?? とらっきー 08/06/02 PM06
178172 市場の孕む問題性に目を向ける! Lucky 08/06/02 PM05
176731 Re:市場は社会を統合する機能を持たない 宮谷和枝 08/05/17 PM10
176603 【幹図解】市場は社会を統合する機能を持たない 山田真寛 08/05/16 PM06
「規制緩和」という劇薬を、副作用をまったく知らせずに、投与したのは誰だ! 「晴耕雨読」 08/04/26 PM07
174466 国家(≒国民)に寄生する市場 渡辺卓郎 08/04/19 PM01
174436 【図解】超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない 坂本日出夫 08/04/19 AM01
174419 北欧の豊さの先に見えるものは何か? 今井勝行 08/04/18 PM09
173574 市場に統合機能も未来もない。 鍛冶屋 08/04/05 PM07
172155 金貸しは国家に寄生するしかない 湖上の煙 08/03/09 PM06
170272 市場は、我々の生活を覆いつくしているが限界を呈し始めた 岸良造 08/02/03 AM10
170187 【図解】市場は社会を統合する機能を持たない。 田村正道 08/02/02 AM08
170147 国家と市場はモチとカビ・・・いずれ腐り果てる 星埜洋 08/02/01 PM09
166990 GDPの起源 朱雀 07/12/13 PM04
166982 共認社会への転換こそが世界の寄生虫を退治する特効薬 匿名希望 07/12/13 AM07
166945 現在における『経済成長』とは何なのか? 山名宏明 07/12/12 PM06
166941 市場縮小の可能性 西村真治 07/12/12 PM05
166930 今の「国家」は誰の為にある? 斎藤一浩 07/12/12 PM00
166459 経済で国は破綻しない? 大西敏博 07/12/04 PM07
165478 国家に寄生する市場と宗教!? 若林勇夫 07/11/18 PM01
164146 私的な共認の総和は、あくまでも私的な共認。まっとうな評価ではない。 福田尚正 07/10/26 AM03
163694 現在の国家と市場は持ちつ持たれつでいずれ共倒れする 磯貝朋広 07/10/18 PM07
163632 【幹図解】超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない 田中瑠衣 07/10/17 PM06
157587 市場に養分を吸い尽くされた国家アメリカ 大西敏博 07/07/25 PM07
153706 ずる賢い一部の人だけが使うから抜け道になる。 がっちゃん 07/06/06 PM11
148667 2006年度のTOBは過去最高に、海外勢の買収やMBOが活発化>市場を超えた共認統合は待ったなし! 丸一浩 07/04/05 AM00
145670 市場は適応しているのは、私権統合に対する「反の圧力」 小林雅志 07/02/23 PM11
145358 市場原理の根本は「だまし」 藤田公一 07/02/19 PM10
144276 国家と市場は同義語の如く捉えていた R 07/02/07 AM11
143977 本当に市場は社会統合と無縁 岡本誠 07/02/02 PM07
143311 「市場」はそもそも生命原理に反している こうた 07/01/25 PM11
140800 市場は“私的な交換の場” 西村秀彦 06/12/22 PM01
140797 国家・市場の延命も限界が来ている パンダマン 06/12/22 PM00
140788 新しい公共事業=社会統合事業が求められている バスケットマン 06/12/22 AM11
140786 『市場原理』は個人の欲望を美化したゴマカシの言葉 ギニュー特戦隊 06/12/22 AM10
140622 国家・国民に寄生する市場 渡辺卓郎 06/12/20 PM00
140581 人類の本源性が環境問題への関心を高めている 本田真吾 06/12/19 PM09
140249 グローバル化って何? 丸一浩 06/12/15 PM11
140041 何のために関税をかけるの? 山上勝義 06/12/13 PM08
139694 力は無いけど良い思いはしたい。矛盾から始まった市場という抜道 アリンコ 06/12/09 PM02
139098 ”貧困の消滅”は、共認の基盤が無ければ成しえない 麻丘東出 06/12/02 PM00
137929 生物原理に反する市場が崩壊するのは当然 春風 06/11/19 PM04
137410 市場は国家(日本)を統合出来なかった 峯川満章 06/11/14 PM03
137401 私益追求を暗黙に皆で認めている場が市場 木橋哲夫 06/11/14 AM11
137116 「市場は私権闘争の抜け道である」と言う事とは 新井弘 06/11/11 AM02
137098 【図解】超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない 是永恒久 06/11/10 PM11
135706 市場の限界 ルル 06/10/27 PM09
135703 原油高 儲けたのは? 石橋創 06/10/27 PM09
135233 【図解】超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない。 すずかんと愉快な仲間達 06/10/23 AM10
131878 圧力に正面から適応した存在が残る 村上祥典 06/09/24 PM07
131864 超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない<図解> 布田貴士 06/09/24 PM05
131852 金融機関(市場)が国家に寄生している 前山薫 06/09/24 PM01
131840 市場における共生(取引)適応という抜け道機能は地球限界をも越える 小澤紀夫 06/09/24 AM10
131057 市場は抜け道 ぎゃお 06/09/16 PM06
130692 市場は抜け道→市場を活性化しても社会問題の解決には向かわない。 伊賀本寿徳 06/09/12 PM11
130659 超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない【図解】 前上英二 06/09/12 PM07
130637 共生適応というと聞こえはいいが 田中直人 06/09/12 AM09
127704 無圧力空間に放置された市場 スパイシーモス 06/08/08 PM01
127457 市場は社会を統合できないから環境を守れない 内山竜太郎 06/08/04 PM09
126887 “市場”を“個人”に置き換えて読んでみる R 06/07/28 AM11
126273 市場の拡大の目的って? 匿名希望 06/07/19 PM07
125208 「食の危険」を加速する市場原理 大森義也 06/07/07 PM11
125033 「身分」と「お金」 越見源 06/07/06 PM02
124336 国家あっての市場は、外圧適応態なのか? 浅見昌良 06/06/30 AM07
116618 市場を軸に社会が統合しきれない・・・ガタガタ・・・ 西麻美 06/05/27 PM10
109835 「環境vs市場」という構造 匿名希望 06/04/25 PM01
109340 必死に抜け道を探して・・・ 匿名希望 06/04/20 PM01
108902 国家と市場の違い 高橋可奈 06/04/12 PM10
106054 「抜け道」である市場 野村徹 06/02/20 PM07
マスコミの共認支配が人々を苦しみのドンドコに導く 「開放空間「THE ROTEN」」 06/02/05 PM11
105128 ライブドア騒動について 磯貝朋広 06/02/04 PM06
105053 改めて、「統合されている」って何? 鹿村幸代 06/02/02 PM11
104993 福祉的観念 マー 06/02/02 PM01
104940 社会を統合するのは市場ではなく、認識である。 magarimame 06/02/01 PM00
104907 市場の終焉 馬場真一 06/01/31 PM09
国って何??? 「なんで屋@奈良」 06/01/30 PM10
102310 国家がカビまみれになる前に たっぴ 05/12/09 PM11
100490 「答え」を装う市場サービスvs新しい認識による「答え」 √177√ 05/11/07 PM01
原油高騰の裏に 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/03 AM09
99981 市場から国家の崩壊へ ふうらいぼう 05/10/29 PM02
99472 「神の見えざる手」に依存する時代錯誤の政策 大森義也 05/10/21 AM00
98558 「集団(統合)適応」という統合機能に致命的な障害 峯川満章 05/10/05 PM10
98347 規制緩和、民間解放はごまかしである 田宮昌明 05/10/02 AM02
98323 官→民って、何? 大嶋洋一 05/10/01 PM11
97619 みんなの深層に生起した改革期待。 西田美和 05/09/20 PM08
95723 「集団(統合)適応」と「共生(取引)適応」 野村徹 05/08/08 PM08
95249 アスベスト問題に見る「市場論理」 高橋克己 05/07/28 PM09
92974 日本自体が共生国家 小林雅志 05/06/19 PM02
92933 私権が衰弱すると市場は共認の場でしか活路はない 今井勝行 05/06/18 PM10
92822 国家と市場のバランス論を超えた地平へ。 福田尚正 05/06/16 PM10
92543 国家も市場も、新しい社会統合機構によって包括されてゆく ジャック・ダニエル 05/06/12 AM11
92078 統合基盤を失った国家と統合基盤を持たない市場 匿名希望 05/06/04 PM10
91956 「リスクマネジメント」「コンプライアンス」の大合唱を前にして 竹村誠一 05/06/02 PM11
91240 集団(統合)適応と共生(取引)適応 雪竹恭一 05/05/22 PM08
91076 市場は環境を守れない。 大森義也 05/05/19 PM11
90757 社会を対象化し、向かう先を示す 加来野浩史 05/05/15 AM00
90021 闘争圧力と集団 中野泰宏 05/05/04 PM01
89545 「自由な市場」はみんな共認には敵わない 内山竜太郎 05/04/25 PM09
88582 悪いのは市場か国家か、それとも旧観念か 篠田悟 05/04/09 PM02
86725 市場の行く末 山上勝義 05/03/03 PM11
85833 お金に統合機能がないのは自明では ブルマン 05/02/17 PM01
83934 旧観念支配からの脱却 門奈津子 05/01/12 PM10
82728 国家から共認統合への流れで市場の果たす役割 野田雄二 04/12/17 PM10
81479 市場には市場の閉塞を破ることは出来ない 積満也 04/11/25 AM09
31508 目前に存在する国家の危機 小西康雄 02/05/21 PM09
31347 序列共認の中身の改革・・・ 近藤文人 02/05/19 AM00
31327 「使い道」を変えることがお金を変える? 田中素 02/05/18 PM11
31270 PFIという名の国家共倒れ 石橋直樹 02/05/18 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp