世界各国の状況
312008 ロシア(プーチン)人の思考背景 C
 
加藤俊治 ( 62 大阪 ) 16/02/04 PM10 【印刷用へ
最近のプーチン(ロシア)の動きを見てみましょう。

○エネルギー:原発、石油、新エネルギー(武力+資本力)
・大深度掘削
12260km 無機物石油であれば断然有利(日本;6300、米:9600)
・ロシヤの保有資源:エネルギー
世界の天然ガス:31%、石油:5.2%、石炭:18.2%、ウラン:9.2%(・・・2003年)
・ロシアへの天然ガス依存度(2012)
EU28カ国で24% ギリシャ56%、ドイツ37%、イタリア29%、スイス23%、フランス16%等、広域におよぶ天然ガスパイプライン網の整備
・中国と40兆円におよぶ天然ガス売却契約(西欧価格の40%引きの単価で)

・石油価格の低下:ロシアとアラブが仕組んだ?
両国とも初期投資は回収済み。アメリカのシェールガス大打撃。石油本位制のドルに打撃
・OPECは石油価格が20ドル台になっても減産しないと明言?
(イラン、イラク、サウジ、クェート、ベネズエラ:世界の45%を占める)
ロシアとの申し合わせの結果だと言われている。

○食料
・穀物自給率80%+ダーチャ
・遺伝子組み換え食物不可。全うな食物の世界最大の輸出国になる宣言

○軍(武力)
・電磁波兵器で米を圧倒:クラスハ4 電子機器を作動させなくする。
・電信専用装置「アフトバズ」:米軍の無人偵察機を無傷で捕獲
・汚い兵器・核魚雷:到達距離10000km魚雷、放射能汚染を目的
・放射能を中和させる技術:特殊溶液中でレーザーに露光させると、簡単にすばやく
・兵器輸出 世界市場の25%(2013)

○金:銀行(資本力)
・AIIB  
・物々交換  
・ミールカード  
・ロシアの借金:GDPの8%
・現物取引、元・ルーブル取引、自国通貨での取引→拡大中

○各国、マスコミ、国民、学者、教育、政治家、官僚:(共認)
・ロシア国内完全掌握:国民の圧倒的支持
・長崎、広島原爆投下の歴史認識  
・反グローバリズムと国内産業保護
・マレーシア撃墜事件:ロシアの圧倒的な勝利
・個人主義より全体主義
・スプートニク、ロシアナウでの情報公開
・金貸しのテロ勢力支援批判
・KGBの情報網
・ロシア上層部をプーチンが信頼できるKGB・ペテルブルグ市の同僚・部下、および、プーチンが信頼できる優秀な人材で固めている→強い課題共認
・中国、サウジアラビヤ、イラン等、反米各国との連携および西欧諸国の取り込みも。

*ロシアは、

【制覇力=武力・資本・共認・エネルギー・食料の全て】

を確保している。

これらを実現してきたプーチンの「志」とは。

続く
 
  List
  この記事は 311945 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_312008
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
312302 ロシア(プーチン)人の思考背景 D 加藤俊治 16/02/14 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp