世界各国の状況
311644 スミルノフ学派が、世界最強のロシア軍に提供した実験段階タイムマシン技術・テレポーテーション技術・N極磁気単極子ビーム線
 
日出・真田十勇士 ( 40 京都 会社員 ) 16/01/24 AM00 【印刷用へ
以下サイトでは、
地球人スミルノフ物理学派がロシア軍に提供している実験段階UFOとUFOロケット弾と宇宙兵器N極磁気単極子ビーム線の利用があったことを訴えている。
ロシアは、タイムマシン、反重力、テレポーテーションの研究に於いて世界に先駆けている。

佐野千遥教授HP
リンクより転載。

2013年速度マッハ54の巨大隕石をロシア軍のUFOロケット弾3発が貫通!隕石着地前に爆破!Dr佐野千遥

ロシア科学アカデミー・スミルノフ学派:ドクター佐野千遥

第1章:2013年2月15日ロシアのチェリャビンスク州上空でマッハ54=秒速17.8キロメートルで落下する巨大隕石を、ロシア軍のUFOロケット弾3発が貫通、隕石着地前に爆破

動画:リンク
つまりこれはロシア軍戦闘機が米国の保有するUFOを撃墜する映像です!

では次に2013年2月15日、ロシア・チェリャビンスク州にマッハ54で落下する巨大隕石をロシア軍のUFOロケット弾3発が3方向から貫通、隕石着地前に爆破した映像を御覧下さい。

(中略)
★第2次大戦終結直前、ナチスが敗けた時、ナチスのUFO研究班の研究論文や実験報告書を全て持ち去ったのが旧ソ連軍であり、それ以来ロシアはUFO研究を盛んに行ってきており、スミルノフ学派が物理学会に於ける反重力、テレポーテーション、タイムマシン研究に於いて世界に先駆けているのはその為である事を竹本氏は知らない。

又、このビデオのメインテーマがエドワード・スノーデンがUFOの秘密情報を持っているのでオバマとプーチンの間で引き渡し交渉が行われ、プーチンが拒否したかの話にしてあるが、元CIA諜報員エドワード・スノーデンとはアメリァのNSAによる盗聴情報を暴露しただけの人物でしかなく、UFOについての技術情報なんぞ持っている筈も無いし、理解できるレベルにもない事を良く知るべきである。そもそも、ロシア軍によるマッハ54の巨大隕石の爆破には元CIA諜報員エドワード・スノーデンは縁も所縁(ゆかり)も無いのだから、このビデオの第1面にエドワード・スノーデンの顔が出て来る事自体がお門違いなのである。

“UFO研究家”を自任する竹本良氏は今後、宇宙人のUFOだけでなく、地球人スミルノフ学派のUFOを知らなければ、UFO研究家を自任し続ける事が出来なくなる事を肝に銘じなければならないのである。

大気圏突入時質量70万トン、爆発時1万トン、直系約20メートル、速度マッハ54=秒速18キロ[註]の隕石を、
高度30kmの瞬間にUFOロケット弾3発が貫通、その瞬間最も輝き、高度17kmでN極磁気単極子ビーム線照射で爆破!!

[註]:アメリカ空軍の戦闘機は最高性能でも、最高速度マッハ2程度であり、最高性能のロケットでもマッハ20程度である。よって突如落ちて来る、而も速度がマッハ54の隕石に現場出動しようとしても、全く間に合わない。

この速度の隕石の撃墜を実現するにはタイムマシンで予知し、現場に事前にテレポーテーションの速度(瞬間移動)でUFOを送って待機し、実際に隕石を落ちて来る瞬間に撃墜・爆破するのに備える科学技術が必要であった[副註]。

[副註]:タイムマシン、反重力、テレポーテーションとはカッコ付「正統派」現代物理学が言うように“トンデモ物理”ではなく、現実のロシアの物理学会で現実に提起され討論されているテーマである。逆に「正統派」現代物理学の方がトンデモ物理学である事が、スミルノフ物理学派によりロシアの物理学会に於いて論証され尽くされている事を良く知るべきである。皆さん「えっ?!」と驚くかもしれないが、今や時代はそういう時代である。

巨大隕石落下、空中で爆破の結果、怪我人は1700名程は出たが、死者ゼロ名という奇跡的結果となった。

爆破されないまま、地表に激突していたならば、比較にならない程大規模の、遥かに大きな重大な被害が出たはずであった。

★スミルノフ学派がロシア軍軍事研究所に提供した実験段階タイムマシン技術とテレポーテーション技術とN極磁気単極子ビーム線の威力である!

★この巨大隕石を撃墜爆破したのは宇宙人のUFOではなく、地球人スミルノフ物理学派がロシア軍に提供している実験段階UFOとUFOロケット弾と宇宙兵器N極磁気単極子ビーム線である。

このようにスミルノフ学派に支えられた世界最強のロシア軍を擁するロシアのプーチンが、イスラムのシーア派とスンニ派との対立を利用しようと虎視眈々と狙っていたイルミナティに騙されてシーア派に加担してシリア内イスラム・スンニ派・イスラム国に対して戦略核爆弾を投下したプーチンに対しスミルノフ学派が猛省を促していると以前私はブログに書いた。

(略)
 
  List
  この記事は 309713 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311644
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
312076 2013年2月にチェリャビンスク上空で燃焼した小惑星によく似た小型の小惑星が3月初頭、地球に接近する。NASAが発表 松重臣 16/02/07 AM10
311900 第3次世界大戦の照準に、イスラム・スンニ派の潰滅に合わせている勢力。 日出・真田十勇士 16/02/01 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp