一次・二次大戦
311618 野党政治家も大手マスコミも学者も有識者も決して言わない日本と世界のタブー:天皇の犯罪A
 
花山薫 ( 兵庫 会社員 ) 16/01/23 AM00 【印刷用へ
リンクからの引用

9.第一次世界大戦は、ユダヤロスチャ イルド国際資本マフィアが同盟締結による【集団的自衛権行使】で仕掛けた最初の世界戦争である!
 
1914年7月セルビアのコソボでのセルビア民族主義青年によるオーストリア・ハンガリー帝国皇太子夫妻の暗殺は、オーストリア・ハンガリー帝国 とセルビア両国が【個別的自衛権行使】の範囲でとどまっていたならば二か国間の局地戦争で終わっていただろう。しかしユダヤロスチャイルド国際資 本マフィアは、英国とフランスをセルビアと同盟を結ばせ、さらにロシアとも同盟を結ばせて【集団的自衛権行使】ができる体制を準備し、皇太子暗殺 がたちまちのうちに世界大戦にまで戦線が拡大したのだ。その意味で【集団的自衛権行使】は個別的局地戦争を一気に世界大戦まで拡大させる謀略なの だ。
 
10.1929年10月のニューヨーク株価大暴落と大恐慌は、米中央銀行FRB(連邦準備制度理事会)による金融緩和と金融引き締めによって意図的に起こされ第二次世界大戦に誘導された!
 この金融恐慌で大もうけしたユダヤロスチャイルド国際資本マフィアの米国支店、ロックフェラーやモルガンやバルークやケネデイはその資金を自分た ちが支配するスイス・バーゼルのBIS(国際決済銀行)経由でヒットラーに資金援助し第二次世界大戦勃発の準備をさせたのだ!
 
11)昭和天皇は1931年9月18日に開始された日本軍の中国東北地方侵略の戦争(満州事変)から1945年9月2日連合国に対する降伏調印す るまで、日本帝国陸海軍の最高司令官としてアジア・太平洋侵略戦争を遂行し指導した。昭和天皇はこの侵略戦争によりアジア・太平洋諸国民5000 万人を虐殺した最大最高の【戦争犯罪人】であり【ファシスト】である!
 
12)なぜアジア・太平洋諸国民5000万人を虐殺した最大最高の【戦争犯罪人】昭和天皇が【戦争犯罪】を全面的に免責・免罪され戦後の【象徴天 皇制】の天皇に復帰できたのか?
 それは、昭和天皇がユダヤロスチャイルド国際資本マフィアと米国支配層によって二つの役割を与えられ選ばれた役者だったからである。
 
第一の役割は、アジア・太平洋侵略戦争を開始して第二次世界大戦を勃発させる役目。
 第二の役割は、敗戦後の日本を植民地として支配・搾取するための【駒】として免責・免罪した昭和天皇を【国民統合の象徴】【平和天皇】として機能 させる役目。
 
13)ユダヤロスチャイルド国際資本マフィアが昭和天皇と同じく侵略戦争開始と第二次世界大戦勃発の役割を与えたドイツのナチス・ヒットラーは、 なぜ昭和天皇ように降伏して【戦争犯罪】を免責・免罪してもらえずに自殺したのか?
 それは、ナチス・ヒットラーのソ連侵略戦争を多大な犠牲を払って阻止しベルリン陥落まで反撃に成功しナチス軍を壊滅させたのが、ユダヤロスチャイ ルド国際資本マフィアが支配する米英連合軍ではなく、スターリン率いるソ連軍だったからだ。
 
もしも、対日戦略の最高意思決定機関である【極東委員会】の中で米国に対抗してソ連が主要な役割を果たしていたら、昭和天皇の戦争犯罪は徹底的に 追求され、逮捕・起訴され極東軍事裁判で死刑判決が出され処刑されていただろう。
 
14)昭和天皇の最大の敵は、戦争中はクーデターの危険性を持つ日本陸軍であり戦後は共産主義国ソ連と中国であった!
 敗戦後昭和天皇は、自ら希望でマッカーサーGHQ司令官に11回も面談している。
敗戦直後の日本国内は、社会党政権の誕生、共産党の躍進、社会主 義労働運動の先鋭化などがあり、また海外ではソ連の核武装や中国共産党政権樹立があり、昭和天皇はもしも日本で共産党政権が誕生したり、あるいは ソ連や中国が攻めて来たら、自分は戦争犯罪人として処刑され天皇制は廃止されるとの強い危機感があったのだ。
 昭和天皇はマッカーサーGHQ司令官との11回の面談で自分の命と天皇制の存続を米国に永久に保証してもらいたかったのだ。
 
  List
  この記事は 311617 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311618
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
312323 日本史を解読する鍵@初代天皇・金良琳(キンリョーリン) 花山薫 16/02/15 AM01
311922 中国と台湾、今の日本はどちらに近いのか。: 山崎 雅弘氏 向芳孝 16/02/01 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp